« 岡本隆司先生「明代とは何か」 | トップページ | 宝塚歌劇雑感43 »

2024年6月 2日 (日)

NHK大河「光る君へ」をみて22

996年

越前守 藤原為時

越前介 源光雅

越前大掾 大野国勝

通詞 三国若麻呂

宋皇帝 太宗(趙匡義)

宋商人 朱仁聡

宋医師 周明

 

兄の太祖から帝位簒奪した太宗が翌年死去。やがて契丹(遼)の侵略を受けることになる。挟撃軍事同盟が朱仁聡の密命か。

以前、渤海使のふりをして、渤海を滅ぼした東丹国(遼)が日本への朝貢を続けようとしたことがあったが、日本はこの使節を追い払った経歴がある。

 

996年~999年 長徳の入寇(南蛮の入寇)

南九州中心に蛮族が来襲。犯人は奄美人とも高麗人とも言われている。

1019年 刀伊の入寇

長徳の入寇のならいもあったので、当初、高麗人の来襲と考えられた。人狩り目的で女真族が来襲したことが、高麗国の説明によって、のちにわかった。(高麗も女真族の来襲を受けて被害を被っていた)

|

« 岡本隆司先生「明代とは何か」 | トップページ | 宝塚歌劇雑感43 »