« 奈良県立橿原考古学研究所「ホケノ山古墳」をみて | トップページ | なかむら小児科20周年記念日 »

2024年6月30日 (日)

NHK大河「光る君へ」をみて26

999年

凶事がつづくため、長保に改元。

一条天皇、行成の進言に従い、東宮・敦明親王への譲位を思いとどまる。「このままだと円融の家系が途絶え、冷泉にいっちゃうよ。」

道長、彰子を生贄として一条天皇に入内させることを決意。倫子、母・穆子の説得に応じて、彰子入内を承諾。定子に皇子が生まれたら呪詛してほしいとまで道長に言う。「あんたんち、呪詛がお得意芸でしょ。」

定子の懐妊に、道長に苦汁を嘗めさせられてきた伊周、定子サロンを訪れ、一世一代の大逆転を期待して微笑む。清少納言、得意げ。「定子さまこそ、次の国母にふさわしいお方よ。」

紫式部、宣孝の浮気で早くも離婚の危機。「可愛くないやっちゃ、それだから左大臣にふられたんや。」石山寺詣で、愛しい左大臣に会い一夜の逢瀬♡「子を産んでみとうございます。」

|

« 奈良県立橿原考古学研究所「ホケノ山古墳」をみて | トップページ | なかむら小児科20周年記念日 »