« 銀次で関目君と飲み会4 | トップページ | デジレー Désirée »

2024年2月15日 (木)

宝塚歌劇花組「アルカンシェル」(1回目)をみて

近畿自動車道、中国自動車道を走って、宝塚大劇場に行ってきました。井高野君と現地集合。座席は1階最後尾やや上手側の良席でした。

Img_3988 Img_4013

ナチスに対するレジスタンス運動がテーマ、小池脚本の宝塚歌劇定番です。

 

アルカンシェル 花組 パリ歌劇団による「ジャズ歌わせろ」レジスタンス

サウンドオブミュージック オーストリア軍人一家によるレジスタンス

リラの壁の囚人たち 星組 イギリススパイ負傷兵によるパリでのレジスタンス

ホテルスヴィッツラハウス 宙組 バレエダンサーによるスイスでのレジスタンス

ネバーセイグッバイ 宙組 スペイン市民によるナチスフランコ軍に対するレジスタンス

 

柚香光&星風まどか、永久輝せあ&星空美咲のツーペア、敵役の輝月ゆうま、アコーディオン少年の湖春ひめ花、語り部の聖乃あすかの少人数でストーリーがどんどん展開していきました。ウィンナーワルツ、ジャズダンスでは凛乃しづかちゃん、三空凛花ちゃんがセンターで目立っていましたし、初音夢ちゃん、真澄ゆかりちゃん、二葉ゆゆちゃん、愛蘭みこちゃん、美遥あゆちゃん、七彩はづきちゃん、ダイヤ&ライトもオペラグラスで追っかけました。花組は美人だらけでオペラが忙しくてしんどい。

本公演も、ニジンスキーというバレリーナの話が出てきており、ホテルスヴィッツラハウスの漢・真風と潤花ちゃんを想起しながら観ていました。

無原罪の聖母マリアにしか見えない愛蘭みこちゃんを見納め。可愛い。退団はもったいない。

アコーディオンを弾く少年、めっちゃ可愛い湖春ひめ花ちゃんがセリフばんばん、出まくりの大ブレイク。もう研5だよね、新人公演主演を皮切りにトップ娘役へGoGo。

推しの可愛い美羽愛ちゃんが、なんとトゥシューズ(ポアント)を履いてクラシックバレエを大いに披露してくれました。いきなりトゥシューズでは踊れないよ。普段からバレエレッスンを欠かさずやってはるんでしょうね。

ロケットは、カミソリダンサー・美空真瑠くんが目立ってた。

銀橋で永久輝せあが熱唱、柚香光&星風まどかデュエットダンス、星空美咲がエトワールで締めるという豪華リレーですばらしい公演でした。

Img_3999 Img_4002 Img_4005 Img_4008

|

« 銀次で関目君と飲み会4 | トップページ | デジレー Désirée »