« 信貴山 朝護孫子寺にて紅葉狩り | トップページ | 平安時代 »

2023年11月25日 (土)

永観堂にて紅葉狩り

午前診を終え、近鉄特急で嫁と永観堂に行ってきました。午後2時に到着。なんと予想に反して空いており、紅葉狩りも自由に観ることができました。清水寺の舞台がめっちゃひどいのに比べ、多宝塔も橋の上からの撮影もタイミング良ければ撮り放題。混雑すると止まるなと注意されますが、タイミングずらせば問題なし。

さほど並ばずに1000円入場券を買って、がらすきの極楽橋から放生池を撮り放題。キレイだわー!!!寿橋から多宝塔含めた放生池の撮影も自由。茶店でぜんざい食べるのを我慢して、運動靴を脱いで釈迦堂・御影堂にあがって、空いてる内部をじっくり鑑賞。

秀吉真筆の朱印状

徳川家康の朱印状

長谷川等伯の波濤図

をじっくり鑑賞。

「永観遅し」みかえり阿弥陀

に、今年も「こんちわ。」して、多宝塔へのぼる。「京都市内を一望、絶景かな!!」もう一度、極楽橋と寿橋から撮影。今度はちーっと混雑していたので、立ち止まったら係の人から注意されまくり。茶店で念願のぜんざいを食べました。餅はうまいし、汁のほどよき甘さが疲れた身に染みた。2時間紅葉狩りを終え、奈良県人御用達の八条口で生ビール中ジョッキと伏見伝承を2合呑んで、ほろ酔い気分で大満足して、がらすき6両編成の近鉄特急で帰路につきました。

Img_2539 Img_2544 Img_2564 Img_2608 Img_2593 Img_2596 Img_2605 Img_2590 Img_2623 Img_2628Img_2661Img_2678_20231125204601Img_2694 Img_2699Img_2705

|

« 信貴山 朝護孫子寺にて紅葉狩り | トップページ | 平安時代 »