« 平安時代 | トップページ | 伏見稲荷大社にて紅葉狩り »

2023年11月29日 (水)

銀次で関目君と飲み会3

彩風咲奈の残り少ない公演を惜しみつつ、関目君と飲み会を開きました。年末の雪組チケットはいまだに余っているそうです。宝塚歌劇について話し合った結果は、

1 劇団幹部はいじめを認め遺族に謝罪し、天彩峰里と、プロミセス・プロミセスの2021年以降の宙組組長・副組長・トップ・トップ娘役および良心の呵責を感じる者は総勢で遺族に謝罪する。

2 新人公演を廃止して、とにかく労働時間を半減させる。

3 全国ツアーは、新たなファン獲得が必要な4番手以下のスターで回り、疲労して休演を望む者の休養を十分確保する。

4 在籍が嫌になったスターから退団を願い出させて人数調整するのではなく、入団時および随時、試験を施行して、性格および成績が悪い者は在団を許可しない。妬み恨みを緩和する。他人を妬む暇があったら自ら精進しろということ。

5 本科生を舞台に上げて実地研修させて、寮での予科生との接触時間を削減する。

|

« 平安時代 | トップページ | 伏見稲荷大社にて紅葉狩り »