« 宝塚歌劇宙組「カジノ・ロワイヤル」(1回目)をみて | トップページ | 魏晋南北朝時代 »

2023年3月19日 (日)

宝塚歌劇花組「うたかたの恋」「Enchantement」(ライブ配信)をみて

自宅でコーヒーを飲みながらのんびり観劇しました。

ルドルフ(柚香光)がマリー(星風まどか)の涙と鼻水を指でそっと拭う迫真の演技でした。泣きすぎて鼻水まで垂れてくるのを、何度も何度も拭う。ごちそうさまでした。

カメラマン、きちんとマリー・ヴァレリー(都姫ここ)の美貌をドアップしてくれました。サンキュー。

ダンス会場、ステファニー(春妃うらら)の皇太子妃としての最期のプライドに拍手を送りました。

老害のフランツ・ヨーゼフ(峰果とあ)、ちょっと長生きしすぎましたかな。嫁も実子も死んじゃった。

神聖ローマ帝国は、神の代理人であるローマ教皇とカトリックの保護者。その模範たるべき次期皇帝がカトリック戒律を破って離婚するなどもってのほかだ。

ショーは全く申し分なし。水美舞斗さん、聖乃あすかさんのアドリブが印象に残りました。

柚香光さんが都姫ここちゃんに「かわいい。」の連発。ほんとうのおじさんも、そう思い続けています。「元禄バロックロック」では、後ろで踊る都姫ここちゃんをオペラグラスで追っかけてましたし。デキるジェンヌには、ちゃんとしたお役とセリフを与えて大切にしましょう、劇団幹部さんたち。これを称して、「宝の持ち腐れ。」

|

« 宝塚歌劇宙組「カジノ・ロワイヤル」(1回目)をみて | トップページ | 魏晋南北朝時代 »