« 玉木俊明著「物流は世界史をどう変えたのか」を読んで | トップページ | 潤花ちゃん退団 »

2022年9月25日 (日)

山の辺の道を歩いて

大和西大寺8:40発の天理行き急行に乗って嫁と天理へ。七支刀の石上(いそのかみ)神宮をスタートして、大神(おおみわ)神社がゴールの山の辺の道を歩きました。長岳寺など寄り道をしましたので、ざっと28000歩。

石上神宮 百済七支刀と神の使いの鶏たち

Img_6344 Img_6340

芭蕉も沢庵和尚も訪ねていた内山永久寺。今は廃寺ですが、鳥羽天皇が創建し、後醍醐天皇も訪れ、江戸時代まで、ものすごく栄えていたようです。

Img_6350Img_6356Img_6353_20220926164501 Img_6355

二上山(ふたかみやま)を遠く見て

大津皇子と山辺皇女の殉死。

Img_6359

馬見(まみ)丘陵を遠く見て 

神武天皇と登美の戦いは激烈でした。

Img_6367

長岳寺 本堂で休憩、足の疲れを癒しました。朱印帳に記帳。

Img_6383

阿弥陀三尊坐像 1151年 玉眼を使用した仏像としては日本最古!

日本最古の鐘楼門 平安時代

Img_6381 Img_6386

崇神天皇陵 四道将軍を派遣

Img_6391 Img_6393

景行天皇陵 日本武尊を派遣

Img_6404

ヒガンバナが山の辺の道に咲き乱れていました。

Img_6411

耳成山と畝傍山を遠く見て

Img_6414

日本武尊を偲びつつ

Img_6417

桧原(ひばら)神社 朱印帳に記帳。

古代イスラエル末裔と言われる秦氏の三つ鳥居。

祭神は、元伊勢、天照大神。

Img_6422

大神(おおみわ)神社 朱印帳に記帳。

祭神は大物主。この神様は古いよ!縄文時代でしょう。

Img_6426

JR万葉まほろば線 三輪駅を15:10発、JR奈良下車し、日焼けした身体を冷やしました。

Img_6427

|

« 玉木俊明著「物流は世界史をどう変えたのか」を読んで | トップページ | 潤花ちゃん退団 »