« 花組組子の予習 | トップページ | リンツ(Lindt) »

2022年3月 3日 (木)

基礎医学教科書

大学・大学院時代からLippincott(リッピンコット)社の大ファンです。とくに生理学のfigureが秀逸でした。

respiratory  → West

cardiovascular  → Richard

renal  → Danziger

gastrointestinal  → Henderson

immunology  → Doan

最近、生理学総括本 illustrated reviewsが出版されているようです。これも良さそう。問題集もあるので解いてみたい。

他社の定番ですと、

分子生物学は、CellかEssential cell

解剖学は「越智の解剖学アトラス」

発生学はLangmanラングマン

生化学は丸善・図説生化学(絶版)、いまならイラストレイテッド生化学になるのだろうか。

生化学を構造式からがっちりやるなら定番の、ハーパー、ストライヤー、レーニンジャー。とくにストライヤーは有機化学という感じ。

組織学は、唯一日本人が著した「藤田の標準組織学」が定番だったが、いまは廃れてしまったのかな。

細菌ウィルス学も定番は標準シリーズだったが。

寄生虫学はあんちょこアトラス本でお茶を濁す感じ。当直で蟯虫をはじめてみて驚かないようにしないと。

おまけ、小児科領域の秀逸なテキストは、大ファンのSpringer(スプリンガー)社。

Inborn Metaboric Diseases

小児科と内科の大きな違いは、代謝酵素活性低下のターゲット疾患。early onsetとlate onsetの初発症状の違いを詳しく述べてある。

|

« 花組組子の予習 | トップページ | リンツ(Lindt) »