« NHK大河「鎌倉殿の13人」をみて | トップページ | 宝塚歌劇雑感12 »

2022年1月10日 (月)

宝塚歌劇月組公演「今夜、ロマンス劇場で」「Full Swing !」(3回目)をみて

神戸の宿を出て、井高野君と二人、阪急電車で宝塚歌劇大劇場に行ってきました。11時阪急友の会優待公演、座席は井高野君のくじ運よく、1階上手側7列目通路側のチョー良席でした。

Img_2927 

目の前すぐの花道で、美人ナース役の天紫珠李ちゃんと白河りりちゃんが演技してくれました。

オペラグラスで、健司(月城かなと)の臨終シーンをドアップで堪能しました。美雪(海乃美月)、「王子様の手がこんなに温かいのですね。」と頬ずりして姿を消すシーンは、何度みてもいいですね。

ここは、あり(暁千星)が銀橋目の前で立ったり、歌ったり、踊ったりしてくれ、ありの目線もいただくことができました。ありを独り占めできる特等席でした。ありに熱い視線を送る彩みちるちゃんが記憶に残りました。パレードでは、97期の退団してしまう姫咲美礼ちゃんの目線もいただきました。

今日は宝塚ホテルが成人式で貸切状態になっていたので、宝塚南口の喫茶シュプールでランチを食べました。おじいちゃん店主の自家製カレーがおいしかったです。彩風咲奈さんのサイン色紙があり、咲、行きつけの店のようです。あーさ(朝美絢)のサイン色紙も飾ってありました。味は家庭料理風で、600円とリーズナブルなお値段でした。

Img_2928 

|

« NHK大河「鎌倉殿の13人」をみて | トップページ | 宝塚歌劇雑感12 »