« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月25日 (土)

承久の乱

幕府方

1 東海道軍 10万騎

 北条泰時

 北条時房

 北条時氏

 三浦義村

 足利義氏

 千葉胤綱

 

2 東山道軍 5万騎

 武田信光

 小笠原長清

 小山朝長

 結城(小山)朝光

 

3 北陸道軍 4万騎

 北条朝時

 結城朝広

 佐々木信光

 

京方

1 東海道軍 7千騎

 藤原秀康 北面の武士

 藤原秀澄

 三浦胤義

 渡辺翔 西面の武士

 佐々木広綱

 

2 東山道軍 5千騎

 蜂屋入道

 大内惟信

 糟屋久季

 

3 北陸道軍 7千騎

 糟屋有久

 大江能範

 宮崎定範

 仁科盛朝

|

2021年12月24日 (金)

礼真琴さん、文化庁芸術祭賞受賞

まこっちゃん、おめでとうございます。

そりゃそうだわ、ひっとんとキレキレダンスをひと踊りしたあと、間髪を入れず、息切れすることなく音程を外すことなく、朗々と歌い上げるスタミナ。刀を全力で振り上げて殺陣をやりながら、朗々と主題歌を歌い上げる肺活量。カフェブレイクでも拝見したが、ピアノ演奏も超絶手技だし声域が半端ない。

星組カラーのブルーの手提げバッグを持って、これからも星組を応援します。

|

2021年12月22日 (水)

忘年会② 2021

関目君が奈良に来訪、ヅカバナで盛り上がりました。宝塚歌劇の観劇を一言で表せば、バードウォッチング。色彩豊かな羽根を付けて美しい声でさえずる小鳥ちゃんたち。

|

2021年12月17日 (金)

宙組退団者発表

2番手のあの方のお名前がなかったので、とりあえず安堵いたしました。ネバセイでの恋人役は、ひろこちゃん(水音志保)。

|

2021年12月15日 (水)

忘年会2021

幼稚園、小学校の同級生、王寺君と忘年会。宝塚歌劇花組の聖乃あすか君のファンであることをコクってくれましたので、来年一緒に花組公演を観に行くことになりました。私は、水美舞斗さまと音くり寿ちゃんのファン、売布神社君は都姫ここちゃんのファンです。

私のささやかな願いは、マイティとおとくりでマイフェアレディをやってほしいこと。ぜったいいいから。おとくりのダンスでうるうるきそう。

ヒギンズ教授 水美舞斗

イライザ 音くり寿

大将お勧めの宮城県産「超濃厚ヨーグルト酒」で締めました。アルコール度数5度なのでビール程度、女の子向けですよ。

旬のムカゴごはんが、うまいのなんのって。

Img_2673 Img_2675 Img_2676 Img_2677 Img_2678 Img_2682 Img_2684 Img_2685 Img_2686 Img_2688 Img_2689

|

2021年12月11日 (土)

ザ・タカラヅカⅧ 星組特集

まず1ページめくったところで、まこっちゃん(礼真琴)にハートを射抜かれました。おとなになってきた舞空瞳ちゃんがつづく。愛ちゃん、せおっちときて、あかちゃん、くらっちにやられた。下級生のすみずみまでスポットライトを丁寧に当ててくれます。朝水りょう君はやっぱり男前だね。同期ごとに私服を着たメンバー紹介。98期センターにくらっち。最下級生までしっかり覚えられそう。娘役スピリットでは、渾身の髪飾りのアップ写真集。これは最高。

星組本の一番の目玉コーナーは、

星組☆アンケート 何でもNo.1 Ranking

根性No.1は、あの人で大いに笑ってしまった。意外な一面が見られて最高だわ。ほんとうに充実した一冊。

|

2021年12月10日 (金)

宝塚歌劇雑感11

来年前半の観劇予定についてつらつら考えている。月組ロマンスは5回観るが、隙あらばお替りする。錚々たるメンバーの充実ぶりに加え、月組誕生100周年記念公演なのでハズレなわけがなかろう。

ショーのない宙組ネバセイ、雪組夢介、星組めぐりあいパート3は、ネタ的に私に合うか超不安なので、ちょっと抑え気味にして、ダンスの花組復活祭典に梅芸2か所とも喜んで参加したい。今回の花組観劇で、ほんとうに花組を見直した、やるな と。大阪劇団四季も観る予定。

|

2021年12月 9日 (木)

宝塚歌劇花組「元禄バロックロック」「The Fascination !」(4回目)をみて

売布神社君、井高野君と3人で、宝塚大劇場に行ってきました。座席は1階真ん中上手側の良席でした。

Img_2592 Img_2595

第二阪奈トンネルが夜間工事通行止めで、行きはよいよい帰りはこわい。21:15おっさんたちの宝塚ホテルディナー散会。

Img_2597

21:27宝塚駅発阪急で西宮北口駅へ。そこから車に乗り換えて、

名神 → 近畿 → 第二京阪 → 京奈和 めっちゃ迂回を余儀なくされました。学園前のなかむら小児科に駐車して、23:45大和西大寺駅到着。

いつもなら、阪神高速 → 第二阪奈 の一本。奈良県民にとって第二阪奈トンネルは命、21時から工事って開始時間が早すぎやわ。

第一部は、マイティ、都姫ここちゃん、星空美咲ちゃん、美羽愛ちゃんをオペラオペラ。

第二部は、水美舞斗さま、音くり寿ちゃん、凛乃しづかちゃん、星空美咲ちゃん、美羽愛ちゃん、二葉ゆゆちゃん、湖春ひめ花ちゃんをひたすらオペラオペラ。

こうして今年のMy楽を完了しました。

|

2021年12月 8日 (水)

「十三人の合議制」雑感

義時Who?という感じで、源平合戦・歴戦の面々のあいだに割り込んだ義時。時政によって、義時は江間氏に出されていたので、江間氏代表ですという顔で割り込めたのはうまい名目でした。「いきなり北条氏から2人出すのかよ。」では、当時最大勢力だった比企氏の参閣を仰げなかっただろうし、北条・比企の合戦が早まったやも知れぬ。

十三人合議制がいきなりメンバー2人の急死と、梶原景時の変で瓦解するのだが、時政がなんとか比企に対抗するだけの時間を稼げたのは大きい。

承久の乱では、追討の宣旨を受けた張本人の義時がご老体で、弟・時房や子・泰時が頑張ってくれた。この一戦、勝敗がどう転ぶかはわからなかったようで、義時は鎌倉で随分と気をもんでいたらしい。義時は乱3年後、政子は乱4年後に死ぬのだが、すべてを見届けた尼将軍の力やほんとうに恐るべきものを感じた。初代執権といっても、義時は政子の傀儡とみていいだろう。

後鳥羽上皇も流刑先で和歌を詠むなど健在だったし、そろそろ赦したったらどうやの世間の声に、時房と泰時のタッグチームは一切耳を傾けず。土御門上皇は実質赦され、その親王が皇統を継ぐことになる。

|

2021年12月 7日 (火)

そのころ朝廷では

歌人 父と子

 藤原俊成 1114~1204

 藤原定家 1162~1241

 

Img_2879

 

*後白河法皇 1192年逝去

1193年(建久4)

後鳥羽天皇 関白 九条兼実

 太政大臣 藤原兼房

 左大臣 三条実房

 右大臣 藤原兼雅

 内大臣 中山忠親

 

1200年(正治2)

後鳥羽上皇

土御門天皇 摂政 近衛基通

 太政大臣 藤原頼実

 左大臣 九条良経

 右大臣 近衛家実

 内大臣 源通親

 

1207年(承元1)

後鳥羽上皇

土御門天皇 関白 近衛家実

 太政大臣 なし

 左大臣 藤原隆忠

 右大臣 藤原忠経

 内大臣 藤原道経

 

1213年(建保1)

後鳥羽上皇

土御門上皇

順徳天皇 関白 近衛家実

 太政大臣 なし

 左大臣 九条良輔

 右大臣 徳大寺公継

 内大臣 九条道家

 

1218年(建保6)

後鳥羽上皇

土御門上皇

順徳天皇 関白 近衛家実

 太政大臣 三条公房

 左大臣 九条道家

 右大臣 源実朝

 内大臣 近衛家通

 

1221年(承久3)承久の乱直前

後鳥羽上皇

土御門上皇

順徳上皇

仲恭天皇 摂政 九条道家

 太政大臣 九条道家

 左大臣 九条道家

 右大臣 近衛家通

 内大臣 源通光

 

1221年(承久3)承久の乱直後

後高倉上皇(後鳥羽の兄・守貞親王)

後堀河天皇 摂政 近衛家実

 太政大臣 近衛家実

 左大臣 近衛家通

 右大臣 西園寺公継

 内大臣 西園寺公経

|

北条時房に注目

北条義時ばかり脚光を浴びているが、弟イケメンの時房の動向に注目すべきだろう。嫁は、昔からNHK大河で北条時房をやってほしいと言っていた。比企氏へのスパイ活動のみならず、鎌倉幕府御家人の面々や京の朝廷にも顔が利いていた。義時は1224年に死ぬが、時房は1240年まで生きる。泰時との絡みも大切だ。時政にとって、政範がかわいい。パシリ扱いの兄弟が東奔西走の活躍をみせてくれる。父子の溝は深まっていき、やがて父を裏切る。

後白河法皇の呪縛から解放された鎌倉幕府だったが、軍事経済の観点から八条院の暗躍も注目だ。この女院はぜったい無視できない。あと、栄西ら臨済宗僧侶、法然ら浄土宗僧侶の暗躍にも光を当てなければならない。平氏憎し鎌倉へ引っ越しの奈良仏教も絡んでくる。禅も念仏も俗世間とのコネクションが強く、情報提供者として注目を怠れない。

|

2021年12月 6日 (月)

北条義時

1180年 石橋山合戦。梶原景時は寝返り、平氏方の主君・大庭景親に殺されかけた頼朝を救った。

1182年 亀の前事件。義時は時政・政子ではなく頼朝に味方する。

私の宮崎先祖である伊東一門の物語。伊東祐親(すけちか)は、弱小だった北条氏を制圧し、頼朝暗殺未遂している。工藤祐経(すけつね)の所領を剥奪。頼朝を利用したのが北条氏であり、石橋山合戦に敗けた頼朝を救ったのが三浦氏。

知承・寿永の乱で、工藤祐経は源氏方、伊東祐親は平氏方につく。工藤祐経が伊東祐親本人を殺せず、嫡男・河津祐通(すけみち)を殺してしまい返り討ちになって殺される。伊東祐親の孫、曾我兄弟が1193年、工藤祐経を討ち果たす。引き続き、頼朝の館に乱入しており、曾我兄弟仇討ち事件の実体は、北条時政が黒幕となった頼朝暗殺未遂事件である。

工藤祐経の子孫が日向伊東氏、伊東祐親の子孫が尾張伊東氏になる。源頼朝の弟・源範頼が曾我兄弟仇討ち事件に関与したとして伊豆へ配流。

 

1199年 源頼朝が落馬で事故死。

1200年 源頼家を支えるため、十三人の合議制。

実務官僚4人衆

 大江広元、三善康信、中原親能(ちかよし)、二階堂行政

頼朝正妻・全成正妻・千幡(実朝)乳母系列

 北条時政 娘の阿波局が阿野全成に嫁ぎ、千幡(実朝)の乳母となる。

 北条義時(平氏)

頼朝乳母・頼家乳母・頼家正妻系列

 比企能員(よしかず) 比企尼が頼朝乳母、その娘たちは頼家乳母となり、若狭局として頼家正妻となり、嫡男・一幡をもうける。

 安達盛長

石橋山の合戦に敗けた頼朝を支持した最大の恩功武士

 梶原景時(平氏) 歌に長じ武勇・弁舌に優れるも讒言多く嫌われた。源平合戦では義経配下を嫌い、範頼配下に入る

 三浦義澄

 和田義盛

源平合戦の功労武士

 八田(はった)知家

 足立遠元

 

源義朝の男子

1 義平(悪源太) 母 三浦氏女

2 朝長 母 波多野氏女

3 頼朝 母・由良御前 ←神がかりの勢いで出世

4 義門 母・由良御前 ←早逝

5 希義 母・由良御前 ←1180年、平家により土佐にて殺害

6 範頼 母・遊女 ←1193年、頼朝により伊豆にて殺害

7 阿野全成(あのぜんじょう) 母・常盤御前

8 義円 母・常盤御前 ←1181年、墨俣川の戦いで平家に敗死

9 義経 母・常盤御前 ←1189年、藤原泰衡により平泉にて殺害

 

源頼朝の男子

1 千鶴丸

2 頼家

3 貞暁

4 実朝

 

北条時政の男子

1 宗時 源平合戦にて戦死

2 義時 一時、江間氏へ養子に出る

3 時房 一時、北条時政の嫡子となる。北条氏が比企氏に放ったスパイ。義時・泰時と二代に渡って支えていくイケメン。

4 政範 後妻・牧の方の実子。北条時政の嫡子となるが、1204年、実朝の正妻として坊門信子を迎えに行った京にて病死。義時が時政の所領を奪うための動機付けとなった。

 

源頼家の男子

1 一幡

2 公暁 実朝を鶴岡八幡宮大階段で殺害

3 栄実(千寿丸) 泉親衡(ちかひら)の乱に連座して、政子の助言で出家して栄実と名乗るも、幕府軍に攻められ自害

4 禅暁 公暁による実朝暗殺に連座

 

北条義時の男子

1 泰時

2 朝時(名越朝時)

3 重時(極楽寺重時)

4 有時

5 政村

6 実泰(金沢実泰)

 

北条時房の男子

1 時盛(佐介時盛)

2 時村

3 資時

4 朝直(大仏朝直)

5 時直

6 時定

7 持定

8 房快

9 忠源

 

1200年 梶原景時の変。侍所別当の奪い合いで対立していた和田義盛が黒幕となり梶原景時失脚後殺害。北条氏・実朝方が優勢になる梶原景時は、平氏方武士と親密で源氏方武士の反感を常日頃から買っていた。梶原景時は源通親とも親交が深かったので、九条兼実の反感も買っていた

1201年 城氏の乱。景時に救命された恩義がある平氏方の城長茂(じょうながもち)が、後鳥羽上皇に倒幕宣旨を求め小山朝政を襲撃。

1202年 朝廷の全権を握っていた源通親が死去。後鳥羽上皇が朝廷の全権を掌握した時政の強い意向で、千幡(実朝)の正妻に、足利義兼の娘を別れさせて、後鳥羽上皇に接近すべく、坊門信清の娘に決定した

1203年 阿野全成の変。全成は政子の妹・阿波局を娶っており、頼家を排して千幡(実朝)を将軍に据えようと計画していた。謀反の疑いで常陸に配流、下野で八田知家により殺害された。比企氏・頼家方が優勢になる北条氏が劣勢になる

1203年 頼家が安達景盛の妾を横奪。北条政子の調停で謀反を免れるが、安達氏が比企氏と袂を分かつ。

1203年 比企能員の変。頼家危篤の報で、幕府内で調停。一幡に日本国惣守護と関東惣地頭、千幡に関西惣地頭を与える。北条時政暗殺計画を知った北条政子が時政に通報、時政が大江広元を味方とし、天野遠景・仁田忠常に比企能員を暗殺させた。義時が一幡を殺害。頼家の意識が戻ると和田義盛・仁田忠常に時政暗殺を命じた。自ら刀を取って時政を殺そうとするのを政子が制止。和田義盛は時政に味方し、政子は頼家を伊豆に配流。仁田忠常は時政に味方するのを渋っていたのが咎められて加藤景廉により誅殺された。翌1204年、頼家が入浴中に絞殺。北条氏が逆転勝利。武蔵・上野・信濃は比企氏が木曽義仲の所領を奪い取って守護を務めていたが、

1204年 三日平氏の乱。牧の方の娘婿、頼朝の猶子だった平賀朝雅が、伊勢・伊賀に潜む平氏残党を討つ。

元来、武蔵は、寝返り頼朝に味方した河越重頼の所領だったが、娘を義経に嫁がせたため頼朝に敵視され誅殺された。その後、後妻に時政の娘を持つ畠山重忠が武蔵を治めるも、梶原景時・比企能員と対立。この両者が滅せられると、北条時政と対立することになる。

1204年 畠山重忠の乱。三日平氏の乱をおさめたばかりの平賀朝雅と、坊門信子を迎えに京に来た畠山重保が口論。時政が重忠が謀反したと嘘をつき、三浦義村に重保を討ち取らせ、義時と時房に重忠を討ち取らせた。重忠に謀反の意がないと悟った義時が重忠の首を持って時政を問い詰めた。時政死罪の身代わりとして、稲毛重成を首謀者として処刑。

1205年 牧氏の乱。時政・牧の方が一発逆転を狙い、時政の館に住む第三代将軍・実朝を殺し平賀朝雅を第四代将軍に擁立しようとした。政子が察知し、実朝を義時の館に遷し守らせた。実朝暗殺未遂に終わった時政・牧の方夫婦は伊豆へ隠遁。平賀朝雅は京にて射殺。

側近だった平賀朝雅が討たれたことに危機を覚えた後鳥羽上皇が、西面の武士を組織する

北条政子だけが、緊急事態に将軍権力を代行できていたのが、この年を境に、義時が御家人筆頭の権力を手中に収めた

1209年 従三位公卿に昇進した実朝が自ら政治を行うようになった。これを将軍親裁と呼ぶ。義時と実朝のあいだに軋轢が生じるようになった

1213年 泉親衡の乱。源栄実を将軍に擁立して義時を討つ謀反計画が発覚。和田義盛の子、義直・義重、さらに甥、胤長が連座。罰を不服とした和田義盛が謀反、実朝を捕えに攻めるも、義時が回避。三浦義村の寝返りで義時が優勢となり和田義盛一族が戦死。

1218年 政子と時房が京入り。後鳥羽の乳母・藤原兼子と会談した。子供ができない実朝問題を論じあい、実朝を後見人に仕立てて後鳥羽上皇の親王を第4代将軍に据えることを計画

1219年 公暁が実朝を暗殺。付添いの源仲章(なかあきら)も殺害。阿野時元が次期将軍職を要求して駿河で挙兵するも鎮圧される。政子の命で、時房が兵を率いて京入り、後鳥羽上皇の摂津地頭(義時)の解任要求を拒絶した。院近臣の源頼茂が将軍職を要求して謀反、後鳥羽上皇が鎮圧するも大内裏が消失。その再建のために全国荘園・国衙領に課税。

1221年 承久の乱。後鳥羽上皇が義時追討の院宣。送り先は、武田信光、小笠原長清、小山朝政、宇都宮頼綱、長沼宗政、足利義氏、北条時房、三浦義村。親幕派の西園寺公経・実氏を監禁。比企氏一門、木曽義仲に縁のあった近江源氏や美濃源氏が上皇の味方に付いた。

北条政子の大演説、そのあと朝敵となることを恐れず、迎撃案を退け積極攻撃を決定する! すげえ!!

 

上皇方

 藤原秀康(北面の武士)

 大江親広(京都守護)

 三浦胤義

 大内惟信

 佐々木広綱(西面の武士)

 山田重忠

 後藤基清(西面の武士)

 加藤光員(西面の武士・検非違使)

 渡辺翔(西面の武士・渡辺綱の子孫!!)

 五条有範(検非違使・五条判官)

 

幕府方

 北条時房

 北条泰時

 北条朝時

 伊賀光季(京都守護)

 三浦義村

 大江広元

 安達景盛

 後藤基綱

 

流刑先

 後鳥羽上皇 隠岐

 土御門上皇 土佐 のちに阿波

 順徳上皇 佐渡

 

上皇方の公家や西国御家人の所領を没収し、恩賞として東国御家人に与えた。新補地頭が取り立てを厳しくしたため、荘園領主や荘民と軋轢が増すばかりであった。1223年(貞応2)、新補率法制定。新補地頭の取り分を免田一町と段別五升の加徴米とした

後堀河天皇即位。宮中には平氏ゆかりの女御が多く、平家びいきの平家物語が作られた。四条天皇に譲位するも、父子が早逝。北条泰時が後嵯峨天皇に白羽の矢を立てた。

|

2021年12月 3日 (金)

宝塚歌劇ショー2021年総括

ショーのレベルがより格段に素晴らしくなってきた印象。お世辞抜きで5組それぞれに言える。歌は耳で聞き、ダンスは目で見る。

まず、番外編になるが、2021年MVPは、

星組 ロミオとジュリエット 礼真琴&舞空瞳デュエットダンス

星組は、トップ二人でもつ という感じだ。

 

目で見るマイベストシーンを列挙すると、

月組 Dream Chaser! ミロンガ ダンディズム!

宙組 Délicieux ! キャンディ・ケーン キキらら集大成

雪組 Fire Fever! New Fire なんだこれは?!

星組 モアー・ダンディズム! ビューティフル・ラブ ロマン

花組 The Fascination ! ピアノ・ファンタジィ カッコいい

今年に入って、ショーのレベルが上がってきたのでビックリしている。デキる若い下級生たちのパワーに元気がもらえる。

今年は、花組をあと一回、いつものおっさん3人組で観て終わり。花組公演がお世辞抜きであまりに凄かったので、昨日は一回お替りした。花組らしさが戻って嬉しい。なつめ・ピノ・ヤンのトライアングルが、カレー・マイティ・ひとこで再現。

|

2021年12月 2日 (木)

宝塚歌劇花組「元禄バロックロック」「The Fascination !」(2回目)&(3回目)をみて

朝から車で嫁と宝塚大劇場に行ってきました。マチネは1階最後列上手側、ソワレは1階前方ど真ん中の良席でした。

Img_2561 Img_2567 Img_2577 Img_2580

第一部の見どころ

なんといっても、赤いバックダンサー8人衆。

凛乃しづかちゃんが、白黒ルーレットに張り付いて、回したり止めたりしていました。

江戸市民で頻繁に見かけたのは、桜月のあちゃん、二葉ゆゆちゃん。詩希すみれちゃん、三空凛花ちゃんは1~2回。

第二部の見どころ

まずはマイティ(水美舞斗)リードの酒とバラの日々。

ワインレディ7人衆に注目。凛乃しづかちゃんがモンローウォーク。とにかくエロくてダンスうまっ。マイティと星空美咲ちゃんのタンゴがよかったぁ。

華雅りりか かがりりか 94期

凛乃しづか りんのしづか 99期

咲乃深音 さきのみおん 101期

三空凛花 みくりんか 102期

朝葉ことの あさはことの 103期

二葉ゆゆ ふたばゆゆ 103期

星空美咲 ほしぞらみさき 105期

 

群舞で湖春ひめ花ちゃんと遼未来くんの同期コンビで踊ってましたね。

 

ミモザの花の娘たち銀橋渡り。

桜月のあ おうづきのあ 102期

琴美くらら ことみくらら 103期

愛蘭みこ あいらみこ 104期

美里玲菜 みさとれいな 104期

初音夢 はつねゆめ 105期

湖華詩 こはなうた 105期

美遥あゆ みはるあゆ 106期

真澄ゆかり ますみゆかり 106期

 

優波慧さんリードの、すみれの花の娘たち銀橋渡り。みんな可愛い。

糸月雪羽 いとつきゆきは 100期

咲乃深音 さきのみおん 101期

三空凛花 みくりんか 102期

二葉ゆゆ ふたばゆゆ 103期

 

本公演一番のメインイベント、ピアノファンタジィ。

黒鍵の娘役ダルマダンサー5人衆。選抜メンバーのようです。カッコいい。

左(下手)から、

美羽愛 みはねあい 104期 

凛乃しづか りんのしづか 99期

星風まどか ほしかぜまどか 100期

音くり寿 おとくりす 100期

二葉ゆゆ ふたばゆゆ 103期

 

エーデルワイス銀橋渡り。これ、いいわぁ。

下手から星空美咲ちゃん、上手から飛龍つかさ君。

続いて、羽立光来くん。

締めは、和海しょうさん。

 

ザ・ピーナッツ「情熱の花」

マイティとひとこの二重唱、いいわぁ。

そこからの鞠花ゆめ、真鳳つぐみ、雛リリカ、音くり寿の四重唱。

からのー、群舞、これ最高でした。

 

音くり寿ちゃん、ビジュアル、芝居、歌、それにダンスもめっちゃすごい。

|

2021年12月 1日 (水)

元禄バロックロック娘役の予習

第一部は元禄バロックロック娘役の赤いバックダンサーたちを中心に明日観に行く。しばらく見ないうちに気づけば花組も美人が多いね。役名は覚えず、もう芸名で認識を深めたい。

春妃うらら 97期

凛乃しづか 99期 花組イチのキレキレダンサーだと初めて知った

糸月雪羽 100期

咲乃深音 101期 エトワール

朝葉ことの 103期

都姫ここ 104期 売布神社君、意中の子

美里玲菜 104期 あーちゃん!!

愛蘭みこ 104期

 

*ダンサー各組代表

花組 凛乃しづか 99期 & 水美舞斗 95期

月組 羽音みか 103期 & 暁千星 98期

雪組 菜乃葉みと 104期 & 縣千 101期

星組 舞空瞳 102期 & 礼真琴 95期

宙組 潤花 102期 & 優希しおん 100期

 

*マイティの部下クノイチ(セリフがありすぐにわかる)

星空美咲 105期

美羽愛 104期

 

*オペラで頑張って探したい美人ジェンヌ

桜月のあ 102期

二葉ゆゆ 103期

詩希すみれ 103期

 

*マスカレードホテル以来、注目している娘役

真鳳つぐみ 95期

若草萌香 99期

|

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »