« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月30日 (木)

宝塚歌劇星組「柳生忍法帖」「モアー・ダンディズム!」(1回目)をみて

今日は昼前から車で第二阪奈~近畿~中国宝塚ICと乗り継いで宝塚大劇場に嫁と行ってきました。明日から中国自動車道(吹田~池田)が工事で通行止めになります。SARAHでキッシュランチと名物ショートケーキを食べました。

Img_1675 Img_1679

座席は1階やや上手側やや後方。キャトルでくらっちのブロマイド購入、1枚税抜き2,000円。

Img_1713

「柳生忍法帖」

今回で退団する漣レイラさんが、「この外道め。」と罵られながらスポットライトを浴びて死ぬシーン、きゃなえファンの嫁は立腹して大変悲しがっていました。退団へのはなむけの言葉がこれかと。まあ少年を盾にしてるし、脚本のセリフやしとなだめておきました。

正義

 柳生十兵衛 礼真琴

 沢庵和尚 天寿光希

 天海 愛月ひかる

 千姫 白妙なつ 副組長

 天秀尼 有沙瞳

 女七人衆 1 お圭 音波みのり

      2 お品 紫月音寧

      3 お沙知 夢妃杏瑠

      4 さくら 紫りら

      5 お鳥 音咲いつき

      6 お笛 澪乃桜季

      7 お千絵 小桜ほのか 

 芦名銅伯 愛月ひかる 

 ゆら 舞空瞳

 会津七人衆 1 具足丈之進 漣レイラ

       2 司馬一眼房 ひろ香祐

       3 漆戸虹七郎 瀬央ゆりあ

       4 鷲ノ巣廉助 綺城ひか理

       5 平賀孫兵衛 天華えま

       6 香炉銀四郎 極美慎

       7 大道寺鉄斎 碧海さりお

 会津七人衆のうち、早々に女七人衆に殺されるのが二人。

「モアー・ダンディズム!」

定番のキャリオカ、ハードボイルドは筆舌に尽くしがたい。

まこっちゃん、歌もうまいし、ダンスもキレルし、息切れしない体力。本家・真矢みきを超えている。

はるこ&くらっちフォーメイションと、くらっち&ほのかフォーメイションの2パターンあり、眼福でした。

ひっとんが出てくると、激しいダンスを期待してしまいますが、今回は抑え気味、主役は愛月ひかるさんですものね。初々しさが、ピアノちゃんを彷彿させてくれました。

愛ちゃんの白軍服、銀橋渡りで絶唱、オペラでしっかり見納め。

ハードボイルド、漣レイラ・紫月音寧ペアのダンスをオペラオペラ。

せおっち、銀橋で絶唱、めっちゃ歌がうまい!

エトワールのくらっち、羽根を背負っての絶唱。歌がものすごくうまい。

あと6回観劇しますね。

Img_1693 Img_1700 Img_1704 Img_1708

|

2021年9月29日 (水)

クリニック飲み会12

今日は関目君が来訪、雪組のシティーハンターとファイヤーフィーバーについて感想を述べ合いました。和希そらさんの加入によってますます充実していく雪組が頼もしい限りです。次回公演の「夢介千両みやげ」について関目君があらすじを教えてくれましたが、なんか駄作の感も拭い去れず、やはり実際観るしかないなという結論。本を読んで予習してから観劇するとのこと、凄いわ。

あとは酔っぱらった勢いでトップ人事予想。

花組:まったくわからない。

月組:暁千星さん一択。相手は彩みちるちゃん、天紫珠李ちゃん、結愛かれんちゃん、きよら羽龍ちゃんの四つ巴で大激戦。

雪組:彩風咲奈さんに朝月希和ちゃんが添い遂げるのか、後妻がはいるのか。後妻があるとすれば、野々花ひまりちゃんか、まさかの有沙瞳ちゃんが飛び込んでくるのか。次のトップは、朝美絢さんか和希そらさんだろうけれど、相手は野々花ひまりちゃんと夢白あやちゃんの一騎打ちかな。それとも誰か落下傘か。

星組:トップ長期政権なのでなにもわからない。稀惺かずとさんに要注目。

宙組:順当なら芹香斗亜さんと潤花ちゃんが後妻トップで、次が桜木みなとさんと天彩峰里ちゃんだけど、わからない。

彩風咲奈ファンクラブメンバーの関目君は白河りりちゃんのファンなので、りりちゃんがどの組でもトップ就任したら追っかけるとのこと、私もお伴するつもり。

|

2021年9月27日 (月)

世界史の関心事2

中世ヨーロッパのお勉強の締めとしては、ハンザ同盟とカルマル同盟。ついでに北欧ヴァイキングゲルマンと東欧スラブと世界征服者モンゴルをチラ見して終わりかな。

|

中世スペイン史・海の道(イスラム編)

スンニー派、シーア派をはじめ、ご家庭の詳しい事情はわかりませんので、ノーコメント。日本人は地図で覚えていけばいいのでは。

世界史学習の基本は、ギリシャローマ&ビザンツフランク三国(フランス・ドイツ・イタリア)イギリスアメリカ、そして中国(漢族&周辺異民族)でしょう。忙しい高校生はこれくらいで十分、しっかりマスターしましょう。早稲田大学が共通テストに参加しだして世界史が無駄に格段に難化しましたが、あとは要らんて、社会人になってからでもあとは海外旅行や博物館や書物で最新知識が十分学べます。歴史なんかより語学という鉄は熱いうちに打て。あとは周辺国に目を向けていけばいいのですが、宝塚歌劇同様、沼にハマると奥が深いです。

Img_1647 Img_1648 Img_1649 Img_1650 Img_1651 Img_1652 Img_1653 Img_1655 Img_1655 Img_1656

|

2021年9月26日 (日)

潤花ちゃん2

宝塚カフェブレイクをみました。可愛いだけでなく少し大人らしさも備わって、とても綺麗です。ペキエノのエルから観ています。オーロラ姫のデュエットダンスをまた観たいですね。梅芸が落選して観に行けませんが、全国ツアーのバロン元気にがんばってほしいです。

|

海の道 パート2(東南アジア編)

海の道で「みかじめ料」を吸い取って太った王国ばかりなので、東南アジアの歴史はとても苦手です。たしかに海賊を取り締まる強国がなければおちおち宝船を通行させるわけにはいきません。明瀬美紀先生の講義がわかりやすいです。基本英単語のように中国史と絡めて暗記しましょう。

(1) 【世界史】中国周辺史として唐以降の東南アジアの歴史をわかりやすく説明してみた。 - YouTube

  ミャンマー  タイ   ベトナム   カンボジア  スマトラ   ジャワ   

唐             チャンパー  扶南

唐 ピュー  ドヴァーラヴァティ     真臘  シュリーヴィジャヤ シャイレンドラ

宋 パガン         李/チャンパー               クディリ

元      スコタイ   陳/チャンパー         シンガサーリ→マジャパヒト

明 トゥングー アユタヤ  黎          マラッカ→アチェ バンテン/マタラム

清 コンバウン ラタナコーシン 鄭/阮→西山→阮

|

2021年9月25日 (土)

海の道

アジアとヨーロッパを結ぶ商人をまず覚えましょう。

絹の道 ソグド商人

海の道 スィーラーフ商人

 

漢民族が気軽に行ける最南の地が洞庭湖あたりまで。それより南方の山深き地には山越と呼ばれる非漢民族が住み、野象が棲んでいた秘境の地であった。山越の特徴は低身長と畜蠱(巫女が用いる毒虫の飼育)。漢民族は南北朝時代から元時代にかけて少しずつ海港を征服していき、客家と呼ばれ山越から嫌われた。その南にはベトナム人のチワン族が住んでいる。

建康(南京) → 杭州 → 泉州 → 広州

海の道で、客家(はっか)とスィーラーフ商人が出会った。

 

751年 タラス河畔の戦い

 中央アジアで唐とアッバース朝が戦い、アッバース朝が勝ち唐が敗北した。

 これによって、内陸アジアを通る絹の道が途絶し、ソグド商人はラクダを捨て船に乗り換えて海の道に転職した。

755年 安史の乱

 ソグド人(安禄山と史思明)が唐の玄宗皇帝を殺して唐を乗っ取ろうとして失敗。

 中国全土に住む異形の顔を持つ者は皆、ソグド人だと疑いをかけられ徹底的に殺戮された。

 

*海の道の覇者

 スィーラーフ商人→クルド人→キーシュ王国(スィーラーフ系移民)→ティムール帝国→イエメン(ラスール朝・タヒール朝)→明(鄭和)→ポルトガル→オランダ→イギリス

Img_1636

スンニー派アッバース朝の新都バクダードの外港として、スィーラーフはますます発展を遂げたが、シーア派やイスマーイール派による反アッバース運動がペルシャ湾岸におこり衰退、950年ころ、シーア派ブワイフ朝の支配下で繁栄を取り戻したが、986年の地震をきっかけに再び衰退した。スィーラーフ商人は街の再建をあきらめ、イエメンのアデン港など各地に移住していった。

バクダード⇔ペルシャ湾岸⇔インド洋沿岸 の航路から

エジプト⇔紅海沿岸⇔イエメン⇔インド洋 の航路に変更された。

エジプトは、ファーティマ朝→アイユーブ朝→マムルーク朝 と交代。

イエメンは、ラスール朝→ターヒル朝 と交代。

イタリア商人が十字軍に乗じて紅海進出しようとしたのを、アイユーブ朝が必死で死守した。

Img_1642

その後、セルジュークトルコに負け離散したクルド人の一派シャバンカーラ族がインドやオマーン諸都市を攻撃して、貿易を独占。

12~13世紀、スィーラーフ商人カイサル家が貿易独占権を奪還、キーシュ王国の国王に即位。14世紀からサワーミリー家が王位を継承。ホルムズ王国と覇権争い。1323年、キーシュ島がホルムズ王国に併合された。ティムール帝国が一時、ホルムズ王国を併合。

1405~1433年、明の永楽帝の命で、鄭和のジャンク船団が南海遠征。カリカット、ホルムズ、アデンで明への朝貢を迫る示威行為

1498年、ポルトガルのヴァスコ・ダ・ガマがインドのカリカットに到着。

ドイツ商人とイタリア商人がポルトガル国王に出資して、なんとかポルトガルは国家公認の海賊行為を続けられた。

1509年、ディーウ沖海戦。アフリカを周回してアラビア半島を中継せずに直接インドに接近する航路をたどったポルトガルがインド洋覇権を握った。

 ポルトガル艦隊 vs グジャラート王国(インド)・マムルーク朝(エジプト)連合軍

1519年、ポルトガルがタマオ島占拠。

1521年、明がポルトガルに退去命令。ポルトガルは倭寇の王直との私的貿易に変更する。

1523年、寧波の乱。細川氏・堺商人 vs 大内氏・博多商人

1543年、明国船に乗船していたポルトガル人が種子島に漂着、鉄砲伝来。

1549年、スペイン・イエズス会のフランシスコ・ザビエルが日本征服を目的に明のジャンク船に乗り鹿児島上陸。まず手始めにカトリック布教。インド・ゴアで洗礼を受けていた日本人キリスト教徒アンジローが通訳。

1551年、大内氏滅亡で日明勘合貿易が廃止、海禁となる。倭寇かポルトガル人だけが日明貿易の仲介となった。

1557年、ポルトガル、地租支払いを条件にマカオを獲得。

1568年、オランダがプロテスタント弾圧問題でスペイン王フェリペ2世に反乱。

1581年、スペイン王フェリペ2世がポルトガル王を兼任。

1600年、イギリス東インド会社(EIC) マドラスの聖ジョージ要塞、カルカッタ要塞

1602年、オランダ東インド会社(VOC) 台湾のゼーランディア城

 植民活動には交通費や人件費や現地軍事費など多大な経費がかかり、利益をあげていくのは一苦労だった。本国からも予算のお荷物扱いされかねない状態。

*輸入品

 東南アジアの胡椒・香辛料

 中国の茶・生糸・陶磁器

 インドの綿織物

 ペルシャの生糸

 アラビアのコーヒー

 日本の銀・漆器・陶磁器

1604年、徳川家康が朱印船貿易。(~1635年)

1609年、平戸にオランダ商館設置。商館長ジャック・スペックス。

1615年、ウィリアム・アダムズ(三浦按針)の仲介で、平戸のイギリス商館設置。商館長リチャード・コックス。

1619年、オランダ、ジャワ・ジャカルタを征服。

1622年、サファヴィー朝アッバース1世が、イギリス東インド会社の援助で、ポルトガルからホルムズを奪還。サファヴィー王国内のアルメニア人商人がイギリス東インド会社と連携。

1623年、アンボイナ事件を契機として、イギリス東インド会社が収益不良に怒り、平戸のイギリス商館を閉鎖、日本貿易から撤退。

1628年、福建出身の倭寇・鄭芝龍がアモイ占領。

1637年、島原の乱で、オランダ軍艦が原城を砲撃。

1639年、中国人の長崎居住を禁止。海商となるか帰化するか、選択を強いられた。

1641年、オランダ商館を平戸から出島に遷す。

1651年、イギリスのクロムウェルが航海条令を発布。オランダ中継貿易を禁止した。

1652~1654年、英蘭戦争

1656年、清が海禁令を出し、鄭成功と絶交した。

1657年、クロムウェルの特許状(イギリス東インド会社)

1661年、チャールズ2世の特許状(イギリス東インド会社)

東インド会社に、司法権、貨幣鋳造権、軍事権、違法貿易船検挙権が与えられた。

1661年、清が遷界令を出し、倭寇を内陸に強制移住させた。

1662年、鄭成功が台湾占領。

1664年、フランス東インド会社(CIO)

1674年、フランス、ポンディシェリを獲得。

1744~1761年、カーナティック戦争

 CIO総督デュプレクスがEICを破り拠点マドラスを占領するも、1753年、本社から勝利・征服より平和を評価していると手紙が届き、1754年、デュプレクスが総督を解雇され、フランス本国ルイ15世からの資金が枯渇してきた。

1757年、プラッシーの戦い

 ベンガル太守・スィラージュ・アッダウラがEIC拠点のカルカッタ要塞を占領。EIC軍人クライブが、カルカッタ要塞を奪還し、CIOとベンガル太守軍を破った。1759年、VOCがベンガルを攻撃したが、EICがVOCを撃退した。

1760年、ヴァンダヴァシュの戦い

 EIC軍がCIO軍を破り、CIO拠点のポンディシェリ陥落。1769年、CIOが活動停止した。

|

2021年9月24日 (金)

仮想通貨戦争

世界で発行されている紙幣の数は圧倒的に米ドルであって、他を寄せ付けない。ユーロに乗り換えようとした石油輸出国は湾岸戦争によって潰された。

クラウドからブロックチェーンへ。

デジタルドル、デジタル人民元、デジタルユーロ、デジタル円。仮想通貨発行権は各国自由であり、中国はセキュリティが確保された市場(プラットフォーム)づくりに躍起になっている。いくらやっても中国は信用がないし、日本はリーダーになる気概がない。

|

宝塚歌劇メモ 下級生

107期 研1

 雪組 白綺華(しらきはな)

 星組 藍羽ひより(あいはひより)

 星組 美玲ひな(みれいひな)

 

106期 研2

 花組 湖春ひめ花(こはるひめか)

 花組 遼美来(りょうみくる)

 月組 一乃凛(いちのりん)

 雪組 華純沙那(かすみさな)

 宙組 渚ゆり(なぎさゆり)

 

105期 研3

 月組 静音ほたる(しずねほたる)

 雪組 音彩唯(ねいろゆい)

 星組 詩ちづる(うたちづる)

 宙組 山吹ひばり(やまぶきひばり)

 

104期 研4

 月組 きよら羽龍(きよらはりゅう)

 雪組 麻花すわん(あさはなすわん)

 雪組 千早真央(ちはやまお)

 星組 麻丘乃愛(まおかのあ)

 宙組 楓姫るる(ふうきるる)

 

103期 研5

 花組 詩希すみれ(しきすみれ)

 月組 白河りり(しらかわりり)

 月組 羽音みか(はおんみか)

 月組 あまの輝耶(あまのかぐや)

 雪組 莉奈くるみ(りなくるみ)

 雪組 愛羽あやね(まなはあやね)

 雪組 花束ゆめ(はなたばゆめ)

 雪組 天咲礼愛(あまさきれあ)

 星組 瑠璃花夏(るりはなか)

 星組 星咲希(ほしさきのぞみ)

 宙組 栞菜ひまり(かんなひまり)

 宙組 亜音有星(あのんゆうせい)

|

スペイン史について感想

皇帝と民を鎖につないで引きずり回しアステカ文明やインカ文明を滅ぼすという凶暴な犯罪をスペインがなぜ起こしたのかに半世紀興味があった。スペインには実は大きく二つの国、カタルーニャとカスティーリャがあって、カタルーニャのルーツはフランク人、カスティーリャのルーツはバスク人。その凶暴性はカスティーリャがカタルーニャを制圧したところから生じたものであることが分かった。

あれだけ世界最先端の科学技術を有したローマ帝国が、キリスト教を信じれば信じるほど、原理主義に陥れば陥るほど、未開人に逆戻りしていった。たしかにヴァンダル族のようなゲルマンは凶暴であったが、西ゴート族は、話せばわかる温和な人たちであった。東ゴート族やランゴバルド族もしかり、イタリア半島の住民は幸せだった。東ローマ帝国が失地回復を叫んで騒動が絶えないイタリア半島とはちがって、西ゴート族が静かに治めたイベリア半島が世界最先端の科学技術を有していた。そこへウマイヤ朝がイベリア半島をわずか5年やそこらで制圧。フランク王国の領土を分けてと言っても、あっち行けと言われ、山の上で原住民バスク人だけが抵抗運動していた状態。スコットランド・アイルランド以外のケルト人が滅んだのに生き残ったバスク人はほんとうに凄いと思う。旧ローマ領エジプトのアレクサンドリアを制圧し科学技術を受け継いだウマイヤ・後ウマイヤ朝も本国からイベリア半島に持ち込んで暖かく育ててくれた。そしてアッバース朝はバクダードで大々的に科学技術を発展させ、世界最先端の文明国に躍り出た。現在のアメリカのように、スペイン、そしてバクダードが世界のリーダーであった。民との摩擦を避けるためキリスト教原理主義に陥ってしまった西ゴート族はユダヤ人を排斥したが(悪のうしろには必ずローマ教皇がいる)、後ウマイヤ朝はユダヤ人を保護し、なにより経済力もすごかった。英国のオックスフォードもケンブリッジも、スペインのトレドとセビーリャとコルドバからすべて学んだものであった。ところが、ムワッヒド朝のようにイスラム教徒も原理主義に陥ってしまい、科学技術の進歩を停めてしまった。

俺こそ聖シャルルマーニュ(カール大帝)を崇め奉る正統なフランク人だと自負する民族が四つあった。フランス人、オーストリア人、イングランド人、そしてカタルーニャ人。そのシャルルマーニュもアッバース朝の文明の高さには頭が上がらず、敬ってやまなかったのである。

|

2021年9月22日 (水)

奈良山鶴銘酒「長屋王」

長屋王歌一首

味酒 三輪乃社之 山照 秋乃黄葉乃 散莫惜毛

うまさけ 三輪のやしろの 山照らす 秋のもみじの 散らまく惜しも

Img_1604_20210923133701

 Img_1607

うまくて、あっという間に飲み干しました。これは奈良時代の製法そのまま大変な手間暇をかけてつくりあげた銘酒にして、長屋王が飲んでいた酒と同じものです。古代の酒は色がついてます。フランスのパスツールのずっと以前から火入れを発明して腐らないようにしたのは興福寺の僧侶でした。うまい。あては秋のさんま塩焼き二尾。

三韓使節があいさつに来た先は、天皇家を操る藤原ではなく長屋王の邸宅でした。毎晩のように催された酒宴。天皇家をしのぐ国際的に名が通った長屋王でした。高市天皇の皇子なので当然でした。

中秋の名月を眺め、目と鼻の先の長屋王邸から贈られてきた振る舞い酒を飲みつつ、平城京の大宮人の暮らしを偲んでいます。

天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

|

興福寺国宝館・東金堂に寄り道して

Img_1582

午前診を終え、奈良女子大生が集うお天気パーラーでおいしい雲の上プリンを二つ食べました。

Img_1593 Img_1595 Img_1597

白鳳仏頭と千手観音と阿修羅と薬師如来にご挨拶。いつみても八部衆の喜怒哀楽の表情がおもしろい。

もうすぐ、五重塔が工事に入って幕を張られてしばらく見えなくなるそうです。来月は、内部特別公開されますので行きます。そして今年こそ、正倉院展に行くぞ。

|

2021年9月21日 (火)

宝塚歌劇雑感7

宝塚歌劇花組から上級生がまたどんどん退団されます。花組、大丈夫? どんなチームにしたいのか、さっぱりわかりませんね。

花組以外のほかの組は、中堅ジェンヌの層が分厚くて、組子みんなの個性と活気とライバル意識があふれていて、見ごたえ十分の舞台が続いています。それに下級生の成長が著しくて、上級生から下級生へ、男役道、娘役道の技術がしっかり伝えられていってるのがよくわかります。

|

2021年9月20日 (月)

中世スペイン史

カタルーニャ・アラゴン連合王国 フェルナンド2世(夫)

カスティーリャ王国 イサベル1世(妻)

1469年、この二人の世紀の結婚によって、1479年、スペイン王国が誕生。めでたし、めでたし。

というわけにはいかなかった。

カタルーニャ・アラゴン連合王国 王権協約説 大商人・職人>封建貴族

 「国王の勝手にはさせないよ。」

 「いうことを聞かない貴族より、市民をたいせつにするわ。」

カスティーリャ王国 王権神授説 大商人・職人<封建貴族

 「国王は神から与えられた絶対権力なんだから、お前ら逆らうなよ。」

 「国王に仕える貴族も偉いんだぞ。市民は俺たちにも逆らうなよ。」

フェルナンド2世は、カタルーニャ・アラゴンの議会や商人・職人たちを嫌って、カスティーリャに肩入れしたのであった。

1486年、カタルーニャに宗教裁判所を設置。思想警察・秘密警察として絶大な権限を有した。

1486年、グアダルーペの裁定。ラメンサ(税)を廃止して、農奴を解放、自由農民とした。

1492年、グラナダ王国陥落。スペインからユダヤ人追放させ経済力が急速に没落した。コロンブスがアメリカ新大陸発見。

イサベル1世の遺言

 「新大陸の征服と経営には、カスティーリャ・レオン王国出身者しか携わることができない。」

 1778年まで、カタルーニャ・アラゴン王国出身者は蚊帳の外に締め出され、利益を享受できなかった。

1494年、トルデシリャス条約

スペインとポルトガルの征服地の境界線を定めた。

 

Img_1629

西ゴート王国が支配。アリウス派・西ゴート族20万人にはエウリック法典、アタナシウス派・ヒスパノローマ人500万人にはアラリック法典を適用した。

507年、ヴイエの戦い。西ゴート王国アラリック2世がフランク王国クローヴィスに敗北。ガリアを失う。以後、選挙王制の影響で短期間に国王が暗殺されていく。

568~586年、レオヴィギルド王がユスティニアヌス帝の東ローマ軍を撃退。アタナシウス派に改宗した長男ヘルメネギルドの反乱を鎮圧。加担したスエヴィ王国を併合。

589年、レカレド王がアリウス派からアタナシウス派に改宗。

612~621年、シセブート王、セビーリャ大司教イシドルスとともに文芸復興し、「西ゴート・ルネサンス」と呼ばれる。

654年、レケスウィント王が、西ゴート法典を発布。

694年、ユダヤ人の全財産没収・奴隷化。

ウマイヤ朝

Img_1630

ウマイヤ朝とアッバース朝

Img_1635

後ウマイヤ朝

Img_1618

711年、ウマイヤ朝がイベリア半島を支配。属州化した地はアル・アンダルスと呼ばれ、キリスト教徒はイスラム教に改宗していった。

718年、西ゴート王国貴族ペラーヨがバスク人居住区にアストゥリアス王国を建国。農耕が困難で、牧畜と略奪を生業とした。

732年、トゥール・ポアティエの戦い。ウマイヤ朝がフランク王国宰相カール・マルテルに敗退。

756年、アブド・アッラフマーン1世が後ウマイヤ朝を建国。

785年、フランク王シャルルマーニュ、ジロナ征服。

801年、フランク王シャルルマーニュ、バルセロナ征服。

Img_1619

878~897年、バルセロナ伯がフランク王国から自立世襲化し、ギフレー1世に即位。フランク王国への従属関係はつづく。

910年、アストゥリアス王国ガルシア1世がオビエドからレオンに遷都してレオン王国を建国。

912~961年、アブド・アッラスマーン3世

961~976年、アル・ハカム2世

この二代でアル・アンダルスが繁栄を遂げ、自然科学の水準も向上。

976~1009年、ヒシャーム2世。侍従アル・マンスールがアンダルス人から徴収した税で新たにベルベル人傭兵を募り、レオン王国を略奪。1031年、後ウマイヤ朝が滅び、カリフがイベリア半島からいなくなり、アル・アンダルスは小王国に分立した。

988年、ブレイ2世のとき、バルセロナ伯領が西フランク王国カペー朝から独立。

Img_1620      

1029年、バスク人のナバーラ王国サンチョ3世がカスティーリャ王国併合。

1035年、サンチョ3世の長男ガルシア3世がナバーラ王国を継承。

1035年、サンチョ3世の次男フェルナンド1世がカスティーリャ王国を継承。

1035年、サンチョ3世の嫡子ラミーロ1世がアラゴン王国を建国。

1037年、サンチョ3世の次男フェルナンド1世がレオン王国併合。カスティーリャ・レオン王国となる。

1063年、教皇アレクサンドル2世がバルバストロ十字軍を提唱。アラゴン王国サンチョ・ラミレスがナバーラ王国を一時的に併合。

1085年、カスティーリャ・レオン王国アルフォンソ6世がトレド征服。教皇グレゴリウス7世から「皇帝」の称号を許可された。

1086年、サグラハスの戦い。ムラービト朝ユースフ・ブン・ターシュフィーンがアルフォンソ6世を破る。

Img_1623

1091~1110年、ムラービト軍がイスラム小王国を撃破してアル・アンダルスを支配下に置く。

1108年、ウクレスの戦い。アリー・ブン・ユースフがアルフォンソ6世を破り、サラゴーサ征服。

1118年、アラゴン王国アルフォンソ1世がサラゴーサを奪還。

1137年、カタルーニャ王国ラモン・ベレンゲール4世がアラゴン王国を併合し、カタルーニャ・アラゴン連合王国となる。

1143年、カスティーリャ・レオン王国「皇帝」アルフォンソ7世のブルゴーニュ家から出たアフォンソ1世が、臣従を条件にポルトガル王国を建国。

1151年、カタルーニャ王国ラモン・ベレンゲール4世は、「皇帝」アルフォンソ7世への臣従を条件にバレンシア・ムルシアを征服。イングランド王兼アキテーヌ公ヘンリー2世と同盟締結。

1179年、カソルラ条約で、カスティーリャ王国にムルシアを譲渡し、バレンシアの経営権を承認させた。アラゴン・イングランド同盟にカスティーリャを組み込み南仏の覇権を維持しようと画策した。

Img_1622 

1188年、レオン王国アルフォンソ9世が身分制議会(コルテス)を招集。これは、世界初の議会であった。

1195年、アラルコスの戦い。カスティーリャ王国アルフォンソ8世がムワッヒド朝ヤアクーブ・マンスールに敗退。

1212年、ラス・ナバス・デ・トローサの戦い。アルフォンソ8世がムワッヒド朝ムハンマド・ナースィルを破る。

Img_1624Img_1626Img_8361

1209年、教皇インノケンティウス3世がアルビジョワ十字軍を提唱。フランス・カペー朝フィリップ2世の代理、シモン・ド・モンフォールが、カタリ派を匿うカタルーニャ・アラゴン連合王国を征討略奪し、ペラ1世が奪った南仏領オクシタニアを回復した。カタルーニャ・アラゴン連合王国は滅亡の危機にさらされた。

1218年、カタルーニャ・アラゴン王国ジャウマ1世がカタルーニャ議会を設置。

1229年、幼くしてテンプル騎士団で洗脳教育を受けたジャウマ1世がイスラム海賊からマリョルカ島を征服。

1232~1238年、ジャウマ1世がやっとの思いで良港バレンシアを征服。

1236~1248年、カスティーリャ・レオン王国フェルナンド3世による大レコンキスタ。1246年にナスル朝グラナダ王国ムハンマド1世を臣従させた。

1252~1284年、カスティーリャ・レオン王国アルフォンソ10世は貨幣・度量衡の統一、物価・賃金統制など国内政策に力を入れ、トレドの翻訳グループを設立し、十二世紀ルネサンスに多大な影響を及ぼした。トレドとセビーリャにて、アラビア語文献をユダヤ人やモサラベ協力者が肉声でカスティーリャ語に訳し翻訳者がラテン語、のちカスティーリャ語に書き写した。

科学知識の大移動によってヨーロッパ各地に大学がつくられていきました。

Gaudeamus igitur, Juvenes dum sumus!

Gaudeamus Igitur - André Rieu - YouTube

Img_1628 

1265年、ジャウマ1世が百人議会を設置。

1269年、マリーン朝アブー・ユースフ・ヤアクーブがムワッヒド朝を滅ぼす。

1333年、マリーン朝アブー・アルハサンがアルヘシラスとジブラルタルを占領。

1340年、サラードの戦い。カスティーリャ・レオン王国アルフォンソ11世が、アブー・アルハサンを破る。

Img_1625 

1344年、アルフォンソ11世がアルヘシラスを奪還。キリスト教徒がジブラルタル海峡を制することができてはじめて、ジェノヴァ商人が、イベリア半島西岸まで進出できるようになった。ジェノヴァ商人はナスル朝グラナダ王国とも交易をした。

1356~1369年、カタルーニャ・レオン王国ペラ3世とカスティーリャ・レオン王国ペドロ1世が長期戦争。

1366年、トラスタマラ朝の内乱で、カスティーリャ・レオン王国ペドロ1世がエドワード黒太子に軍事援助を求め、英仏百年戦争を深刻化させた。次のエンリケ2世はフランスと同盟し、カスティーリャ王位継承権をもつランカスター公ジョンの存在でイングランドと敵対。ドーバー海峡を封鎖されフランドル貿易に大きな障害をきたした。

*ジブラルタルと良港アルヘシラスは、地中海制覇にとって最重要地点なので、どの国が獲ったのか覚えることは大変重要なことです。

1369年、ナスル朝ムハンマド5世がカスティーリャ・レオン王国からアルヘシラスを奪還。

1372年、ラ・ロシェルの海戦。カスティーリャ海軍・フランス海軍連合軍がイングランド海軍を破り、ドーバー海峡制海権を掌握した。

1374年、ナスル朝ムハンマド5世がマリーン朝からジブラルタルを奪還。

15世紀後半以降、ジェノヴァ共和国の通達やグラナダ沿岸の治安悪化のため、ジェノヴァ商人がグラナダ王国から撤退した。

 

*ペスト流行

1348年、1362-63年、1371年、1374年、1381年、1396年、1410年、1429年、1439年、1448年、1457年、1465年、1486年、1493-94年、1497年

 

1410年、バルセロナ伯爵家断絶によってカタルーニャ・アラゴン連合王国国王が空位となる。地中海を制覇した栄光を持つカタルーニャ・アラゴン連合王国の貴族・富裕市民・大商人・職人にとっては既得権益を守り続けるために、アラゴン、カタルーニャ、バルセロナの国王候補を退け、あえてカスティーリャのトランスタマラ家から好都合な国王ファラン1世を迎えた。カタルーニャ・アラゴンの地では、国王といえど、「カタルーニャ議会」と「百人議会」の決定に従わなければならない。国王が法の下に支配されることが規定されていたのは、ジョン王以降のイングランドと、ジャウマ1世以降のカタルーニャ・アラゴン王国だけであった。1412年、アビニョン教皇ベネディクトゥス13世によってファラン1世が正式に承認された。しかし1414~1418年、神聖ローマ皇帝ジギスムント主催のコンスタンツ宗教会議で教会大分裂を終結させるべくアビニョン教皇ベネディクトゥス13世が廃位され、ファラン1世にも見捨てられてバルセロナ孤島に幽閉・悶死されることになった。

 *フランス・アンジュ伯とのシチリア戦争

1282年、シチリア晩鐘事件に乗じてペラ2世がシチリア島を奪取。

1285年、ローマ教皇マルティヌス4世の命で、フランス王フィリップ3世がカタルーニャ討伐十字軍を派遣するも疫病により和平。

 *ビザンツ帝国とのバルカン復讐戦争

屈強な軍団であったアルモガバルスが、ビザンツ皇帝アンドロニコス2世によって虐殺。

1311~1388年、アテネ公国・ネオパトリア公国を占領建国。

 *ジェノヴァ共和国とのサルジニア・コルシカ百年戦争

ジャウマ2世の時代から1324年サルジニア島占領、さらにコルシカ島争奪を試みており、次のアルフォンス4世は地中海制覇を夢見て、海外遠征に明け暮れた。1449~1453年、ビガとブスカの内紛が増大した。

ビガ(輸入業者) 自由貿易・通貨高値安定を主張

 富裕市民・大商人・中小貴族・僧侶 

ブスカ(輸出業者) 保護貿易・通貨安値安定を主張

 小商人・職人

1432年、ポンサ島海戦で敗北。

1442年、ナポリ王国を奪取。

1453年、ビザンツ帝国をオスマン帝国から救出しようと画策するも国内問題で海外遠征できず、ビザンツ帝国が滅亡。

次のジュアン2世は都市ではブスカを支持、農村ではラメンサ農民(農奴)を支持した。

1458年、ナバラ王国を併合。

1462~1472年、ナバラ国王継承問題(嫡子カルラスの処遇問題)で、国王と議会が内戦。国内は急速に荒廃した。

 

このあとすぐに登場する太陽の沈まない国スペイン、ハプスブルク家のカルロス1世&フェリペ2世の時代のお話は、世界史教科書にも太字で載っていますし、概観する場合は、この本がわかりやすいですので読んでみてください。

 

ヨーロッパ世界大戦ともいうべき、ガチの国際戦争が、

1701~1713年、スペイン継承戦争

1702~1714年、アン女王戦争

Img_1627

1516年にカルロス1世が即位して以来、スペインはハプスブルク家が支配してきたが、ついに断絶を迎えた。

 フランス・カスティーリャ・バスク・ナバラ 

 vs オーストリア・大英帝国・オランダ・ポルトガル・カタルーニャ/アラゴン

1713年、ユトレヒト条約

1. ブルボン朝フェリペ5世のスペイン王位を認めるが、フランスとスペインの合併は禁止。

2. スペインは、ジブラルタルとミノルカ島をイギリスに割譲。

3. スペインは、シチリア島をサヴォイア公国に割譲。

4. フランスは、アカディアとニューファンドランドとハドソン湾地方をイギリスに割譲。

1714年、ラシュタット条約

1. フランスは、南ネーデルランドとナポリとミラノとサルジニア島をオーストリアに割譲。

1733年、第一回家族協約

1. スペインはナポリとシチリアを領有する。

1743年、第二回家族協約

1. スペインはパルマ公国を領有する。

|

2021年9月19日 (日)

世界史の関心事

イスラム教徒とキリスト教徒の戦争or妥協停戦or和平。

古代ローマ帝国に住んだローマ人は元来、独裁を憎み、選挙による共和政を好んだ。この嗜好はローマ帝国内に侵略してきたゲルマン人にも受け継がれ、今まで当ブログで述べてきたように、周囲の大国(神聖ローマ帝国・フランク王国・ビザンツ帝国・オスマン帝国・カタルーニャアラゴン王国・シシリー王国・ヴァンダル王国・後ウマイヤ朝・アッバース朝・ムワッヒド朝・ムラービト朝・ファーティマ朝・アイユーブ朝・マムルーク朝)に翻弄されながら、他国傭兵を使って良好な海港を争奪し、勝者が海洋貿易による収益によって王国を発展させ、敗者は滅び合併吸収されていった。敵に回すと面倒な足利義昭のようなローマ教皇の顔色を時にうかがいながら、時に脅しながら。

中東の十字軍は詳しく教科書に記載されるが、ほとんど記載されない スペイン・イベリア半島の歴史に興味がある。レコンキスタと一言で片付けられがちな世界史教科書記述だが、詳しく見ていくと血を流す戦争、妥協停戦、和平などいろんな彩に満ちている。イスラム教徒に攻められない唯一のコツはイスラム教に改宗することであった。内陸では血なまぐさいヨーロッパ内戦があった時代、イベリア半島はユートピアであった。この地ではイスラム商人文化が花開き、12世紀にシシリー島で熟成され、14世紀にイタリア半島へと運ばれルネサンスとして大きく開花する。 1215年、教皇インノセント3世主催の第4回ラテラン公会議を境に、イベリア半島に住む、原理主義に洗脳されてしまったキリスト教徒が合理的思考の支配者イスラム教徒に対して一方的な反抗的姿勢に変わる。

|

有沙瞳ちゃん9

宝塚大劇場「柳生忍法帖」「モアーダンディズム」が昨日開幕。

くらっちがエトワールの情報に歓喜いたしております。パネル写真もかわいいので月末からの観劇時に買うことに決めました。今のところ6回観劇予定。

柳生忍法帖は、退団する先輩がたにセリフ出番を譲った感じなのかな。こりゃもうモアダン勝負ですね。

潤花ちゃん、誕生日おめでとう。

|

2021年9月16日 (木)

下部消化管内視鏡検査

近医にて4年ぶりのマイ大腸癌検診。早朝、本日休診のなかむら小児科に出勤し、ゆっくり下剤を飲み、半分くらい飲んだところで着火、2時間で検査スタンバイOKになりました。

小さなポリープが1個できており切除。癌の芽を摘み取り、16時過ぎに無事に帰宅。次回は1~2年後。

|

2021年9月13日 (月)

宝塚歌劇雑感6

ファン歴35年余りを振り返って、私が追っかけたor追っかけている宝塚娘役はこうなるかな。中断ブランク期間が長過ぎ。美の破壊力、あーちゃんで再び深い沼にはまってしまいました。

若葉ひろみ

羽根知里

花總まり

綺咲愛里

有沙瞳

潤花

美園さくら

白河りり

詩ちづる

華純沙那

湖春ひめ花

|

NOW ON STAGE「銀ちゃんの恋」をみて

年末に花組公演を拝見しますが、カサノバ以来、久しぶり感が強い。

マイティが超カッコいい。殺陣が宝塚ナンバー1と先生方からの評価だそうで、宝塚の近衛十四郎と呼ばせてもらいます。

104期 都姫ここ(みやひめ ここ) 岡山市出身

 売布神社君が大ファン、ということは中山美穂に似ていることになる。

105期 星空美咲(ほしぞら みさき) 横浜出身

 ちゃぴに似ているとWiki。新公主演取ってないのに、バウと東上の主演を取っちゃってるんだね。

106期 湖春ひめ花(こはる ひめか) 伊丹出身

 私の見立では、桜一花2世。

|

2021年9月12日 (日)

宝塚歌劇雪組「CITY HUNTER」「Fire Fever!」(7回目)をみて

朝から嫁と宝塚大劇場に行ってきました。座席は初の2階席前方上手側。

今回はセディナチケット貸切公演だったのですが、コロナ緊急事態宣言を理由の払い戻しは不可ということで、マイラスト公演を観に行きました。

Img_1508 Img_1513

カッコいい咲の登場をより近距離で観られたこと、奥のほうの小芝居がよく見えたのと、豪華なラインダンスが全景見られたことが、2階のメリット。綾凰華くんと花束ゆめちゃんの絡みはしっかり観ました。とくに花束ゆめちゃんは103期首席なのだから、もっともっと活躍してほしい。スパニッシュで千早真央ちゃんとペアを組んでいたのは彩海せら君でした。千早真央ちゃんは上級生のデュエットダンスシーンに選抜されるくらいダンスがうまい。

冴子役の彩みちるちゃんにはいつもいつも釘付けです。婦人警官としての働きぶりがカッコいいです。月組でも応援します。

希和ちゃんにサバ折りされた直後のあーさの演技は毎回アドリブで変えてきていて楽しい。腕立て伏せなど。

「獠ちゃん、来たよ~。」「ミッくん、来たよ~。」イケメン二人が一つのテーブルに座ってもたら、ほかのテーブル客には誰も女の子がつかないよね。芸能人と一般客が喧嘩する最大の原因。

トラバーユの政(諏訪さき)、ウェイターもいいけど、ポン引きもお似合いだ。新宿歌舞伎町でポン引きに、友人紹介の優良店の一階上の別の店に案内されて、上京してきた友人と二人で座っただけで6万円有り金全部ぼったくられた経験が大学生のときにある。奥からこわい兄ちゃん数人が出てくるのでご用心。わたしは二度と歌舞伎町には行かないし、競馬競輪ギャンブルや喫煙は一切やらないが。

ねこまんまパブで、劔会の一禾くんが、キャバ嬢の有栖妃華ちゃんの腰に背後から抱きついて嫌われてました。

退団する沙月愛奈ちゃん、星南のぞみちゃんのダンスはこれで見納め、お別れしてきました。

キャトルレーヴで、シティーハンター新人公演のプロマイド写真が販売されていたのですが、御贔屓さん、冴子役の希良々うみちゃんの写真をゲット。若手ジェンヌで私がもっとも贔屓にしている、アルマ役の華純沙那ちゃんの写真は発売されていませんでした。とても残念。しかし、生舞台でしっかり、かすみちゃんを観てきました。

103期雪娘は、デキる子ちゃんだらけですごい。花束ゆめ、夢白あや、莉奈くるみ、愛羽あやね、天咲礼愛、みんな目立っているので更なる飛躍を期待してます。ほかの期の雪娘も基礎力がしっかりしていて充実しすぎ、競争激しすぎ、雪組からいったい何人のトップ娘役を輩出するのだろうか。

「わらわのお尻はどうじゃ。」エトワールの愛すみれちゃんの声量がバカでかい。なにげに現役ジェンヌ美人度ナンバー1の妃華ゆきのちゃんと、めっちゃ美人の白峰ゆりちゃんが雪組全体を締めている。

|

2021年9月10日 (金)

気になっているミックのセリフ

ミック(朝美絢)が香(朝月希和)に愛を告白するセリフに違和感を覚え続けています。

「I love you for a long time.」 ずっと君を愛していたんだ。

for a long timeにはやはり現在完了形を使うべきでは。

「I've (I have) loved you for a long time.」

ミックのセリフを追加すると、

「I'd (I had) loved you for a long time before you declared your love for Ryo.」

君が獠に愛を告白するまで、ずっと君を愛していたんだ。

「I gave up on loving you because you chose Ryo.」

君が獠を選んだから、ぼくは君への愛をあきらめた。

|

2021年9月 6日 (月)

宝塚歌劇星組「モアー・ダンディズム!」

岡田敬二先生のコメントがヅカHPで公表されました。今からとても楽しみです。

娘役群舞には、月組ショー楽曲「ビューティフル・ラブ」を使用されるようです。とっても懐かしいです。久世星佳さん、天海祐希さん、涼風真世さん、麻乃佳世さん、羽根知里さんを彷彿させてくれます。

男役群舞には、「キャリオカ」と「ハードボイルド」は外せないはず。

「礼は、すべてにおいて満点なスターです。」すばらしい賛辞ですね。

愛ちゃんは軍服で「Golden Days」、せおっちは、杜けあきさんの「ラ・パッション!」なのですね。すべて名曲。

|

2021年9月 4日 (土)

宝塚歌劇雪組「CITY HUNTER」「Fire Fever!」(6回目)をみて

午前診を終え、売布神社君と井高野君とで、宝塚大劇場で待ち合わせ。座席はど真ん中、どセンター。

Img_1454 Img_1457

大きなオペラグラスで、カッコいい咲をフォーカスしていると、こっちのほうを見つめてくれました。希和ちゃんは、目力を抑え気味でおしとやかに遠慮がちでしたが、これからガンガン目線を合わしてほしい。彩みちるちゃん、野々花ひまりちゃん、希良々うみちゃんはガンガン客席に向けて視線ビームを放ってくれています。

Fire fever!のソロ、ツインダンスの場面、どセンターで縣千くん、次に眞ノ宮るい君がキレキレノリノリのダンスをフォーカス。お二人とも、わたしのオペラグラスのほうを見てくれました。たぶん舞台から見えていたんじゃないかと思います。

私から見て左は咲ファン、右はあーさファンがたくさん居ました。

|

2021年9月 3日 (金)

宝塚歌劇雪組新人公演「CITY HUNTER」

ダイジェスト版を拝見しました。縣千くんはガタイがいい分、冴羽獠らしいし、美園さくら2世の音彩唯ちゃんも香が十八番でしたね。あがちんのソロダンス、ほんとうに楽しそうに踊ってくれて見惚れています。彩海せらくんの甘いマスクもあーさの弟分らしい。歌よしダンスよしの希良々うみちゃんも冴子らしいダイナマイトバディでよかったし、歌よし日舞よしモダンよしバレエよしの王女の華純沙那ちゃんもこれからの大活躍を予感しました。

|

子宮頸癌ワクチン

女もすなるガーダシルといふものを、男もしてみむとてするなり。

|

2021年9月 2日 (木)

ローマ教皇とフィレンツェ共和国

ボニファティウス8世(1294~1303)

 フランス王フィリップ4世は英仏百年戦争遂行のため、聖職者に課税し、教皇庁への献金停止。1303年、アナーニ事件で教皇を捕囚。1309年、傀儡教皇クレメンス5世(1305~1314)をアヴィニョンに幽囚。1311~1312年ヴィエンヌ公会議にて、テンプル騎士団の私有財産を没収し、団員を火刑に処した。

アヴィニョン派 フランス傀儡教皇

ヨハネス22世(1316~1334)

ベネディクトゥス12世(1334~1342)

クレメンス6世(1342~1352)

 1348年、ペスト大流行。

インノケンティウス6世(1352~1362)

ウルバヌス5世(1362~1370)

グレゴリウス11世(1370~1378)

 1376年、アヴィニョンを去りローマに帰還。

 

教会大分裂(シスマ) 1378~1417年

ローマ派 ウルバヌス6世(1378~1389)

アヴィニョン派 クレメンス7世(1378~1394)

 

1409年、ピサ公会議でローマ派とフランス派の枢機卿が集って、独自の教皇を選出した。

ピサ派 アレクサンデル5世(1409~1410)

 

ドイツ王ジギスムントの提唱で、

1414~1418年 コンスタンツ公会議にて教会大分裂(シスマ)終結、フス火刑。

ローマ派 グレゴリウス12世(1406~1415) 正統

ピサ派 ヨハネス23世(1410~1415) 異端

アヴィニョン派 ベネディクトゥス13世(1394~1417) 異端

以後、ローマ派に教皇が統一された。

マルティヌス5世(1417~1431)

エウジェニウス4世(1431~1447)

 それまで異端とされていたフィレンツェのルネサンス文化をローマへ移入。

ニコラウス5世(1447~1455)

 1453年に滅亡したビザンツ帝国文化をローマへ継承移入した。同年、英仏百年戦争終戦。

カリストゥス3世(1455~1458)

ピウス2世(1458~1464)

パウルス2世(1464~1471)

 ヒューマニスト(人文主義者)と対立し、ローマアカデミアを異端として反動的に廃止した。

シクストゥス4世(1471~1481)

 ローマルネサンスを再興。

インノケンティウス8世(1481~1492)

アレクサンデル6世(1492~1503)

 1493年、新大陸をトルデジリャス条約でスペイン領とポルトガル領に二分した。

ピウス3世(1503)

ユリウス2世(1503~1513)

レオ10世(1513~1521)

 1521年、ルターを教会破門。

 

フィレンツェは、ランゴバルド王国の支配を受け、カール大帝によってフランク王国が支配し、のち神聖ローマ帝国のトスカーナ辺境伯が支配していた。1057年、ルッカからフィレンツェに遷都。マティルダ女伯(1069~1115)は夫婦仲が悪く教皇に傾倒。カノッサの屈辱の調停で名声を得た。

1085年、ピサが帝権(ハインリヒ4世)から自由都市宣言、コンスル設置。

1115年、フィレンツェが帝権(ハインリヒ5世)から自由都市宣言、コンスル設置。12人のコンスルと100~150人の評議会。

1183年、ロンバルディア同盟(北イタリア諸都市)が帝権(フリードリヒ1世)から自由都市宣言。

貴族は、ゲルフ党(教皇派)とギベリン党(皇帝派)の権力争いがあり、ゲルフ党はナポリ王とフランス王と同盟、ギベリン党は神聖ローマ帝国と同盟した。ギルド(アルテ)は中立的自治組織(ポポロ)を組織した。ゲルフ党が実権を掌握し続けた。

1277年、ヴィスコンティ家がミラノ大司教を経てミラノの僭主となる。帝権(ルドルフ1世)から自由都市宣言。

1282年、シチリアの晩鐘事件。シチリア島民が、アラゴン王ペドロ3世の援軍を受け入れ、フランス・アンジュ伯シャルルに対し反乱し勝利。

1302年、両シチリア王国が分裂、カルタベロッタの和平。シチリアはアラゴン領、ナポリはフランス・アンジュ伯領となる。

フランスの支配から解放されたフィレンツェは、ゲルフ党支配を退け、上層市民によるポポロ体制を敷く。1293年、「正義の規定」制定され、ギベリン党とゲルフ党ともに貴族を公職追放した。「正義の騎手」という執政長官を創設。1324年、貴族公職追放が緩和された。

急進派の黒党(ドナーティ家)と穏健派の白党(チェルキ家)の闘争。黒党は、ギベリン党支配のピサへの参戦を主張、白党が反対。

1300年、ボニファティウス8世の勅命で、フィリップ4世の弟ヴァロア泊シャルルがフィレンツェの黒党を支持し、白党を逮捕・処刑・財産没収した。

1301年、白党のダンテが死刑を逃れフィレンツェ追放、ラヴェンナにて「神曲」を著す。

1310年、神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世がフィレンツェ侵略し、ポポロが対抗処置としてナポリ王を僭主(シニョーレ)に頂いた。

1328年、神聖ローマ帝国の脅威が去り、共同出資者によるコンパニーア(商会)を新たに設立した。バルディ商会、ペルッツィ商会、アッチャイウォーリ商会、チェルキ商会、スピーニ商会、デルベネ商会、バロンチェッリ商会が乱立。

カリマーラ商人がフランドルから半完成布を輸入し、オリエントの染料と明礬を使用して、フィレンツェで毛織物業が繁栄。

1340年代、ピサやルッカとの戦争で疲弊し、コンパニーア倒産。

1348年、ペスト大流行。

1375~1378年 八聖人戦争。飢饉のための小麦要求が却下され、教皇グレゴリウス11世と戦争するも敗戦し、多額の賠償金を下層市民が背負わされた。

フィレンツェは、ローマとピピン寄進地ラヴェンナの挟まれた地であった。コンスタンツ公会議でローマ教皇の力が強くなったため、ローマと良好な関係を保つことが国家維持にとり必要となった。メディチ家はローマで銀行を営み、ヨーロッパ全土の教会税を吸い取っていたと言える。フィレンツェ共和国は、天然資源に乏しく、交通の要所に位置するので、加工産業と貿易に国庫依存していた。

最高協議会9人(司法長官1人、大組合代表6人、小組合代表2人)

2か月おきに抽選にて改選された。ギルドメンバー300人から成る民衆評議会2/3以上の賛成を得なければならない。

1378年、多額の賠償金を負担させられたチオンピの反乱

チオンピ(梳毛業者)が平等なギルドを要求したが、大組合により鎮圧。

1382~1434年 アルビッツィ家による寡頭支配時代

アルビッツィ家が実権を掌握した。大組合のメディチ家は小組合の憤懣を同情吸収して権力を増していった。

1395年、神聖ローマ皇帝ヴェンツェルの庇護下、ヴィスコンティ家がミラノ公国を建国。

1427年、司法長官ジョヴァンニ・デ・メディチは大組合に累進課税し、小組合の支持を得た。

1433年、コジモ・デ・メディチが政敵アルビッツィ家の陰謀で死刑宣告されるも、賄賂で10年間国外追放罪に減刑。

1434年、コジモ・デ・メディチが復権、最高評議会より歓迎された。アルビッツィ家を弾圧処刑。

1442年、アラゴン王アルフォンソ5世がナポリ王国をフランス・アンジュ伯から奪取し、シチリア王国と合わせて両シチリア王国を建国。

1450年、ヴィスコンティ家の傭兵隊長フランチェスコ・スフォルファが共和国宣言し、ミラノ公国を簒奪。

1454年、ローディの和。オスマン帝国の脅威に対抗してイタリア五大国(ローマ、ヴェネツィア、ミラノ、フィレンツェ、ナポリ)がイタリア神聖同盟を結成した。

1458年、プロパガンダにより抽選選挙を廃止し、政敵を投獄。「市民集会(バリア)」を開催し、メディチ家独裁体制を確立した。

1466年、ピエロ・デ・メディチが教皇パウルス2世から教皇領内の明礬鉱山の発掘・販売の独占権を獲得。彫刻家ドナテルロを保護。

1470年、プラートの反乱

1471年、ヴォルッテラ暴動事件。明礬鉱山発掘権をめぐり住民を殺害。

1478年、ロレンツォ・デ・メディチ、メディチ銀行ミラノ支店閉鎖。

1478年、ロレンツォ・デ・メディチが商敵パッツィ家の陰謀で暗殺未遂。教皇シクストゥス4世が手引き。

1479年、ナポリ王フェッランテ王仲介とオスマン帝国策動により、ロレンツォ・デ・メディチはシクストゥス4世と和議。芸術家を外交パンダとして使用した。

1479年、ロレンツォ・デ・メディチ、メディチ銀行アヴィニョン支店閉鎖。

1480年、オスマン帝国がオトランタ攻撃。トルコ商人が幅を利かすようになり、イタリア全土が不況になる。

1480年、ロレンツォ・デ・メディチ、メディチ銀行ロンドン支店とブリュージュ支店閉鎖。

1481年、ロレンツォ・デ・メディチ、メディチ銀行ヴェネツィア支店閉鎖。

1483年、ロレンツォ・デ・メディチ、メディチ銀行リヨン支店閉鎖。

1494年、フランス王シャルル8世が第一次イタリア戦争。ピエロ2世・デ・メディチが降伏し国外亡命。

1494~1498年、ロレンツォ・デ・メディチの死に水をとった修道院長サヴォナローラがフランスと和議を結び、独裁。

1499年、フランス王ルイ12世が第二次イタリア戦争でミラノ公国征服。

1512年、教皇軍、アラゴン王国軍がフランス軍を駆逐し、フィレンツェ傀儡政権としてメディチ家を据えた。

1532年、神聖ローマ皇帝カール5世の庇護のもと、アレッサンドロ・デ・メディチがトスカーナ大公に任ぜられ、共和政廃止、僭主政となる。

1537年、アレッサンドロ・デ・メディチがメディチ家に暗殺され、コジモ1世・デ・メディチが僭主に就任。メディチ家の長期政権となる。

|

2021年9月 1日 (水)

宝塚歌劇花組(1995)「ダンディズム!」をみて

Youtubeで再生回数が劇的に伸びている番組を何度もみています。ダンスの花組の集大成というショーですね。ダンサーも超一流ならシンガーも超一流。初風緑さんら3拍子揃った実力満点の下級生にも脚光を浴びせてくれているのがありがたい。美月亜優さん、詩乃優花さんのコンビ、娘役群舞も迫力があってすばらしい。

来る星組公演「モアー・ダンディズム!」が今から楽しみです。宝塚大劇場で6回観劇予定。激しく踊りながら歌も息切れしないトップコンビ、愛月ひかるさん、瀬央ゆりあさん、音波みのりちゃん、有沙瞳ちゃんがしっかりと歌と群舞を締めてくれるはず。キレキレ星組の下級生を発掘するのも楽しみの一つ。

|

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »