« 世界史の教科書 | トップページ | 宝塚歌劇雪組(2011)「灼熱の彼方;コモドゥス編」をみて »

2021年7月 1日 (木)

宝塚歌劇宙組「シャーロック・ホームズ」「Délicieux !」(1回目)をみて

今日は、なかむら小児科開業17周年記念日です。娘から神戸岡本のレモンタルトで祝ってもらいました。

Img_0789

嫁と宝塚大劇場へ行きました。座席は1階下手寄り。107期お披露目は、どセンターに美人の藍羽(あいは)ひよりちゃんがいました。

Img_0773

まずは、第1部「シャーロック・ホームズ」ですが、話の展開が早く、付いていくので忙しかったです。チームごとに組み分けしておけばわかりやすいと思います。シャーロックもモリアーティも兄が政府関係者で情報を得ている点、そして一人の女性を追跡している点が共通です。

*時代背景

ナポレオン後のヨーロッパ。絶対王政、啓蒙君主制、立憲君主制と来て、王政が否定され共和制に移行しようとする時代。20世紀の社会主義運動が地下でエネルギーを蓄えつつありました。ヴィクトリア女王はディズレイリ首相らの暗躍でインドを手に入れ全盛期を迎えていました。プロイセンのビスマルクらが外交で暗躍するスパイ合戦の時代。シャーロックも探偵活動にいそしんでいました。

*探偵事務所(下宿部屋221B)

シャーロック 真風涼帆

兄マイクロフト 凛城きら

友人ワトスン 桜木みなと

ワトスンの恋人メアリー 天彩峰里

下宿の女主人ハドスン夫人 遥羽らら

シャーロックには昔、フォークナー(愛海ひかる)という恋人がいて、シャーロックの捜査中にフォークナーが敵の凶弾に倒れるという苦い過去を持っている。それ以来、どことなく女性に素っ気ないシャーロックに変わってしまったが、アイリーン(潤花)と出会い、徐々に恋心が芽生えていき、大切な恋人アイリーン、それに大切な友人ワトスン&メアリーは、もう二度と捜査の犠牲にしないと固く心に誓いを立てるのであった。

*大英帝国政府関係者

ヴィクトリア女王 瀬戸花まり

ウィリアムズ海軍大臣 寿つかさ

ソールズベリー首相 秋音光

セバスチャン・モラン大佐(インド軍大佐) 鷹翔千空

モリアーティ陸軍大佐 紫藤りゅう

マイクロフト(会計監査・秘密情報部) 凛城きら

*犯罪組織・武器製造

モリアーティ 芹香斗亜

兄モリアーティ陸軍大佐 紫藤りゅう

セバスチャン・モラン大佐(ベンガルの野獣) 鷹翔千空

フォンヘルダー(ドイツの武器製造名工) 松風輝

ポーロック(暗号解読の名人) 瑠風輝

ポーロックは、シャーロックの依頼でマイクロフトが悪の組織に放ったスパイ。大英帝国国家公務員。

モリアーティの元恋人アイリーン 潤花

アイリーンが色仕掛けで、ウィリアムズ海軍大臣から潜水艦設計図を奪い取るところから話がはじまる。モリアーティと袂を分かつアイリーン。数年前、ボヘミアでの事件解決にシャーロックが関与した際、アイリーンに会いまんざらでもなかった様子。その証拠に、その事件の時のアイリーンの写真をまだ持っているとアイリーンに告げていた。

*国際諜報スコットランド警察

レストレード警部 和希そら

グレグスン警部 留依蒔世

ホプキンズ警部 希峰かなた

ヴィクトリア女王の命を受けた警察がアイリーンを指名手配し捜索に走り回るが、ワルシャワ王立オペラのプリマドンナに変装して、なかなか尻尾を出さないアイリーン。レストレードはモリアーティにアイリーン捜査協力を依頼した。「切り裂きジャック」という喉をナイフで搔き切って殺すという残忍な連続殺人事件がロンドンで頻発していたが、実は世界征服を狙うモリアーティが張った煙幕に過ぎなかった。犯行動機はもっとはるかに遠大であって、まず両陣営の政府要人を殺害することで、ロシア・フランス対ドイツ・オーストリアの世界大戦を引き起こして、武器を売って大儲け、果ては世界征服を目論んでいた。イタリア大使に変装してロシア大使を刺殺したつもりが、実は変装したワトスンだった。捜査がいっこうに進展せず業を煮やしたヴィクトリア女王がマイクロフトに対し、シャーロックの捜査協力を要請する。

アイリーンはモリアーティに捕らわれるが、シャーロックが針金一本で錠を開けまくって、アイリーンを助ける。アイリーンがモリアーティを忍ばせたミニ銃で殺そうとするがシャーロックが阻止。ちょっと喧嘩になって別れる。

ポーロックがアイリーンを221Bまで連れてきてシャーロックに再会させる。シャーロックは潜水艦設計図をアイリーンから受け取る。申し合わせ通り、ポーロック護衛の下、モリアーティのもとに連行されたアイリーンは身の安全を確保してと懇願してともにスイスへ。後を追ってシャーロックもスイスへ向かう。兄モリアーティがシャーロックを射撃するところ、ワトスンが僅差で阻止。モリアーティとシャーロックの決闘が展開され、両者が滝つぼの中へ。

シャーロックの葬儀で、シャーロックとアイリーンが再会し抱擁キス。モリアーティ残党殲滅の為、アイリーンにプロポーズ、ハッピーエンド。

*シャーロックが解決した諸事件

ヘレン・ストーナー 綾瀬あきな

トリローニー・ホープ 秋奈るい

ヴァイオレット・ハンター 水音志保

メアリー・モースタン 天彩峰里

モーカー伯爵夫人 花音舞

第2部は、ショー「デリシュー!」。フランスを舞台に賑やかに歌い踊りまくります。

まず特記すべきは、トップのデュエットダンス。ゆりか(真風涼帆)・かの(潤花)の二人に、キキ(芹香斗亜)が加わり、トリプルダンスでした。真風さんの退団が近いのだなと思いました。

第5場、大浦みずきさんの1987年花組公演「ドリーム・オブ・ドリームズ」で演じられたカンカンが再演されていて懐かしかったです。

第6場、キキがマリーアントワネットに女装。

第15場、ついに遥羽ららちゃんがリードで娘役群舞がみられました。

バレエコスチュームを着てクラシックを踊る水音志保ちゃんにオペラオペラ!めっちゃかわいかったです。ブルーレイだと志保ちゃんにフォーカスを当ててくれないので現地観劇しかない。

パレードでは、潤花ちゃんの大羽根にウルウル。やっとトップになったんだね、おめでとう。

Img_0758 Img_0761 Img_0762 Img_0765 Img_0767

|

« 世界史の教科書 | トップページ | 宝塚歌劇雪組(2011)「灼熱の彼方;コモドゥス編」をみて »