« オリンピック開会式 | トップページ | 宝塚歌劇宙組BD「ホテル スヴィッツラ ハウス」をみて »

2021年7月24日 (土)

宝塚歌劇宙組「シャーロック・ホームズ」「Délicieux !」(6回目)をみて

午前診を終え、売布神社君とMy楽公演に行ってきました。売布神社君が忙しく、ゲート左横のinformation centerにチケットを預けて入場。

座席は1階下手側やや後方でした。

Img_1027

美人の遥羽ららちゃんを見納め。優希しおん君のピカイチなグランフェッテもバッチリ、オペラオペラ。

第1部「シャーロック・ホームズ」のオペラシーン

若翔りつ → 花音舞(退団) → 真名瀬みら → 小春乃さよ → 惟吹優羽 → 湖々さくら

嫁は小春乃さよちゃん(98期)が一番うまいと言っています。

第2部「デリシュー」のオペラシーン

留依蒔世

コントラバスの横でファントムになってオペラ絶唱していたのは留依蒔世くんであることをオペラグラスで確認しました。横には栞葉(かんな)ひまりちゃんを侍らせています。

97期首席の留依蒔世くんはダンスはうまいし、歌もうますぎ。トップにぜひ、なって欲しい。

優希しおん君もアナスタシアでのロットバルトといい、今回といい、宙組最高のダンサーですね。やっぱりダンス番組を担当しただけのことはある。

*宙組のダンサー

留依蒔世・優希しおん・和希そら・秋音光・水音志保・潤花・花宮沙羅

*宙組のシンガー

芹香斗亜・瑠風輝・留依蒔世・和希そら・小春乃さよ・天彩峰里・春乃さくら

芹香斗亜くんは神戸海星だけに英語の歌が完璧。雪組の音彩唯ちゃんが母校後輩です。

実力順だと、コーラスの宙組と芝居の月組がダントツトップ争いしています。次いでだいもん退団で歌唱力が落ちたとはいえ、ダンスの雪組、次いで体育会系ダンスの星組、どん尻が花組。花組にはもっと頑張ってほしい。トップのデュエットダンスなら星組がダントツ、他の追随を許しません。

阪急交通社貸切の今日のアドリブは、

シャーロック真風が、ひま~ひま~のシーン。阪急トラピックスでヨーロッパ旅行しよう、ワトスン君、というわけでスーツケースを開けようとするも開かない。

ゆりか「笑ってないでワトスン君、これ開けてよ。」

ずん「べつに笑ってないですよ。」

ゆりか「これ、開かないようになっているんだね。」

わがままなキキアントワネットと和希そら君のシーン。今日はみんなでやってね、こう、と同じ振り付けを要求していた。

キキがだるまになる直前のシーン。誰かが、「トラピックスのイメージとして(だるまは)どうでしょうかねえ。」

|

« オリンピック開会式 | トップページ | 宝塚歌劇宙組BD「ホテル スヴィッツラ ハウス」をみて »