« ランゴバルド王国はローマ教皇のゆりかご | トップページ | 宝塚歌劇雪組新人公演(2014)「Shall we ダンス?」をみて »

2021年5月 8日 (土)

日本武尊のお話

福永晋三先生の新説が出て感心しています。

田川広域観光協会古代史講座 第20回第2部 講師:福永晋三「景行天皇紀のからくり風土記のヤマトタケル伝承」 - YouTube

数人の事績をだぶらせて日本武尊の事績にしているとのご指摘。

1 火(肥)の国ウガヤフキアエズとともに東征した若き日の神武天皇

2 邪馬台国の王(景行天皇は父でなく狗奴国・卑弥弓呼)

  ↑ 卑弥呼の死後、2度目の倭国大乱の真っ最中

3 倭武天皇(倭の五王)

これらの国と成立時代を整理しながら、改ざんされて複雑になった日本の古代を読み解く必要があります。

神功皇后は即位していたという説もあり、台与=神功皇后??

正統大王は三種の神器を持つ王。簒奪者は神に祟られてきた?

正統は、スサノオ、卑弥呼、仁徳、日本武尊、仲哀、欽明、推古、天智?。

簒奪は、神武、景行(=卑弥弓呼)、神功皇后、継体、倭王 、日出処天子、天武?。

飛鳥奈良時代の天智系と天武系の殺し合いがひどすぎる。

奴国

邪馬台国

狗奴国

東鯷国

扶桑国(途中、継体天皇の侵略もあり)

倭国(武内宿祢を始祖とする)

吉備、出雲、播磨、丹後、越の国、志賀、尾張、畿内、毛の国はどの時代にどの国に属していたのか?

百済・新羅への度重なる遠征、任那日本府の経営、南朝(宋斉梁)への使節派遣、前方後円墳のある馬韓支配、遣隋使・遣唐使の派遣

これらを命じたのはどの国の誰なのかを読み解いていく必要があります。

私が一番興味を持っているのが、

わかっているのに詠み人知らずととぼけた倭歌を復活した万葉集の正しい解釈

|

« ランゴバルド王国はローマ教皇のゆりかご | トップページ | 宝塚歌劇雪組新人公演(2014)「Shall we ダンス?」をみて »