« 日本武尊のお話 | トップページ | コロナワクチン(コミナティ)2回目接種 »

2021年5月 9日 (日)

宝塚歌劇雪組新人公演(2014)「Shall we ダンス?」をみて

この新人公演は本公演を超えていると思う。彩風咲奈と月城かなとが共演で、プロローグからして夢華あみちゃんが咲の、星乃あんりちゃんがれいこのパートナーって最高。

ヘイリー 月城かなと

ジョセリン 夢華あみ

エラ 星乃あんり

アルバート 彩風咲奈

ヘイリーとジョセリン夫婦関係が倦怠期を迎えてきたとき、とある事件でPTSDを抱えていた美人エラへの憧れの気持ちで「男」を取り戻したヘイリーが再びジョセリンと寄りを戻していくストーリー。エラもいつしか心の病が癒されていった。ヘイリーの娘エミリアが有沙瞳ちゃん、かわいい!子は鎹というが、まさにエミリアが二人の接着剤の役割を果たす。

この公演はドニー抜きでは成立しない。本公演では夢乃聖夏さんが完璧な演技だったが、帆風成海さんがなんとか頑張っていた。直角に曲がるときのキレがやはり本役さんに負けたかな。会社でドニーと絡むのがキャシー。本役の透水さらさちゃんに代役の花瑛ちほさんが肉薄演技。ダンス教室でドニーと絡むのがバーバラ。本役の大湖せしるさんも代役の愛すみれさんもすばらしい。

ご贔屓の久城あす君も目立つわ。帆風成海さん、ほたてちゃんが愛称で、咲と同期、しかも愛媛県出身とは驚き。

|

« 日本武尊のお話 | トップページ | コロナワクチン(コミナティ)2回目接種 »