« 宝塚歌劇月組「ダル・レークの恋」をみて | トップページ | 考古学者が隠蔽した重大な考古学資料 »

2021年3月20日 (土)

明らかにされてきた歴史

*戦後の毛沢東大躍進運動に、共産主義洗脳を受けた日本陸軍中野学校残兵が加担し、昭和33年大量に日本帰国。(「安保反対運動」と関連がある可能性?)大アジア主義はファシズム共産主義と親和性が大きい。理論武装が弱い派閥は理論武装が強い派閥に飲み込まれていく。

*フランス共産主義はキリストを君主にいだく共産主義であって、中国のファシズム的共産主義とは相いれない。宗教はファシストにとってもっとも邪魔な存在。

「コリアンテルン」との関係/共産主義についてあの人に聞く06(最終回) - YouTube

*柿本人麻呂は500年から600年にかけて何代か襲名した倭国の土木官僚。猿丸(柿本猿)は人麻呂の後継者で、白鳳時代に採銅使の役職に就いていた。その銅は純正であったことから、山口県長登ではなく福岡県香春から産出した銅と断定。

*人麻呂乃和歌「玉手次畝火の山の 橿原の日知の宮ゆ・・・・百磯城の大宮処見れば淋しも」玉手次(ネックレス)のように窪みがあるのは香春岳(畝尾山)だけである。土木工事で全国を巡った人麻呂が筑豊に残っている「百磯城の大宮処」に涙したのもよくわかる。

2020.11.07 「猿丸大夫は採銅所にいた」 福永晋三 - YouTube

菅原道真は九州王朝に憧れて「新撰万葉集」を編纂、平安京から大宰府に追放されたようである。道真の遺体を運ぶ牛が動かなくなり葬ったのが太宰府天満宮。そこは元々、倭帝「日出処天子」が眠る墓地であったと言われている。

|

« 宝塚歌劇月組「ダル・レークの恋」をみて | トップページ | 考古学者が隠蔽した重大な考古学資料 »