« 大和西大寺駅北口のエスカレーターようやくオープン | トップページ | 私が観劇した「ロミオとジュリエット」 »

2021年2月20日 (土)

クリニック飲み会7

彩風咲奈ファンクラブに晴れて入会を果たした大阪の友人O氏が来訪。ひたすら彩風咲奈を愛でる会と化しました。咲さまの目指すスターは、76期のさえちゃん(彩輝直)と79期のみず(水夏希)だということは承知いたしておりまする。お二人ともすばらしいダンサーです。咲さまふるさと凱旋ツアー「ヴェネチアの紋章」「ル・ポアゾン」観劇チケット争奪戦の作戦を練り、テレビ愛媛「彩風咲奈インタビュー」をみました。座席定員数が多い道後温泉が狙い目かな。奈良からだと、車で片道5時間、嫁と交代しながら行く予定。

宝塚歌劇で見せる厳しいお顔は全く消え失せ、素のやさしいお顔の咲さまが観られてとても好評でした。劇中でも「ふるさとのために戦う役」が多くて、私生活から常にふるさと”大洲(おおず)”を想い続けておられるそうです。たとえば「壬生義士伝」の大野次郎右衛門、「炎のボレロ」のアルベルトがそうですよね。男役であるからにはプロローグ一番最初の瞬間をとくに輝いて魅せられるように研鑽努力されているそうです。「炎のボレロ」のチョンパはすらっとした長身でめっちゃ、ばり、カッコいいですよ。このブルーレイは咲ファンの必須アイテムです。

若央りさ → 彩輝直 → 水夏希 → 彩風咲奈 → 華世京

愛媛県出身のタカラジェンヌは、あと90期の宙組・花音舞(かのんまい)さんだけだとO氏が教えてくれました。歌うまさんとして活躍中ですね。新居浜、西条、今治、松山、そして大洲。

|

« 大和西大寺駅北口のエスカレーターようやくオープン | トップページ | 私が観劇した「ロミオとジュリエット」 »