« 私が観劇した「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 「モアー・ダンディズム」 »

2021年2月21日 (日)

宝塚歌劇花組(1995)「ダンディズム」をみて

宙組「シトラスの風」ふうのプロローグ。愛華みれが二番手。その下で、匠ひびき、紫吹淳、伊織直加が競う。さらに海峡ひろきと初風緑が上を狙う。娘役は純名里沙を囲んで、美月亜優、渚あき、千紘れいか、詩乃優花が競う。

たっぷりと時間を取って、トップ2人のデュエットダンス。

今秋の星組公演「モアー・ダンディズム」の前に予習すべく、はじめて観た。私が選ぶダンディは、クラーク・ゲーブル、ジョン・ウェイン、そしてトム・クルーズだ。

「なつかしきカリオカ」男女の群舞が圧巻だった。匠ひびきと紫吹淳のタンゴはキレキレですばらしい。

ピアノちゃんのためのワンコーナー「仙女の祈り」。朝海ひかると千波ゆうがエスコート。

渚あき(エトワール)

→ 天地ひかり

→ 匠ひびき

→ 紫吹淳

→ 海峡ひろき

→ 愛華みれ(羽根なし)

→ 純名里沙

→ 真矢みき

|

« 私が観劇した「ロミオとジュリエット」 | トップページ | 「モアー・ダンディズム」 »