« 宝塚歌劇宙組(2017)「神々の土地」をみて | トップページ | ソフトバンクホークス宮崎キャンプ »

2021年2月10日 (水)

歴史

歴史には、勝者の歴史と敗者の歴史の二つがある。

勝者の歴史は、文字や石碑(モニュメント)として目立って残る。

敗者の歴史は、物語や口伝として神社などにひっそりと残る。

真実は両者の目から見ないとわかってこない。つまり、どこか細かい箇所でつじつまが合わなくなってくる。勝者が永久に勝者であり続けることはなく、勝者は入れ替わるからである。そのつじつまを最近の勝者の都合がいいように熱心に修正することを歴史の改竄と呼ぶ。

改竄の目的は、勝者が勝者であり続けるため、勝者が敗者を支配し続けるため、つまり既得権益を守るためである。

歴史を学ぶということは、勝者の歴史を信じること。

歴史を研究するということは、歴史を証拠立ててより真実に近づけること。歴史がすべて真実なら、研究する必要はまったくなくなる。

|

« 宝塚歌劇宙組(2017)「神々の土地」をみて | トップページ | ソフトバンクホークス宮崎キャンプ »