« 梅田芸術劇場「ポーの一族」をみて | トップページ | 本能寺の変メモ »

2021年1月21日 (木)

新生雪組で花組公演「会議は踊る」を再演したら

コロナがおさまって宝塚大劇場にオーケストラ生演奏が復活できれば、ヨハン・シュトラウス「皇帝円舞曲」にあわせて、豪華なドレスと軍服orタキシードを着た男女のワルツを観たい。私はこの作品をヅカロマン夢々しさNo.1だと思う。ヅカ”序列”重視のキャストをすればこうなるかな。エヴァは、歌うま上級生でないとお色気が出せない。アレクサンドルとミハイルは高身長でハンサム、フランツとパウルはコミカルなキャラクターでないといけない。目力が強い朝美絢のメッテルニヒはピッタリのお役だと思う。みちるちゃんとひまりちゃん両方を押し出すには、もう一つお役を追加すべき。新人公演主演は、華世京がアレクサンドル、有栖妃華がクリステル、音彩唯がエリザベートで。

アレクサンドル1世 大浦みずき → 彩風咲奈

クリステル・ヒュプナー ひびき美都 → 朝月希和

エリザベート王女 梢真奈美 → 夢白あや

メッテルニヒ 朝香じゅん → 朝美絢

フランツ 真矢みき → 綾凰華

エヴァ・コナルスキー伯爵夫人 峰丘奈知 → 愛すみれ

コズロフ少佐 瀬川佳英 → 真那春人

ミハイル大尉 安寿ミラ → 縣千

ルイーゼ 華陽子 → 星南のぞみ

グレゴレイ中尉 友麻夏希 → 彩海せら

エレーナ 香坂千晶 → 彩みちる/野々花ひまり

パウル(吟遊詩人) 三ツ矢直生 → 久城あす

|

« 梅田芸術劇場「ポーの一族」をみて | トップページ | 本能寺の変メモ »