« クリニック飲み会6 | トップページ | 私が選ぶ宝塚歌劇ゴールデンコンビ »

2021年1月25日 (月)

映画「検察側の罪人」をみて

キムタク主演なら面白いだろうと思って観た。なかなかゲスい世界の浮彫だった。初恋の彼女を殺された容疑者から証言をとれず時効になってしまう。老夫婦殺害事件の捜査線上に再び浮かびあがり逮捕されたその容疑者が、時効成立後にその彼女の殺害状況をべらべらと証言。涙ぐんで悔しがるキムタク。老夫婦殺人事件にその変態容疑者を冤罪死刑にしようと画策し、冤罪を確信する後輩検事二人の猛烈追及に煙幕を張って、裏の協力者の力で完全犯罪を実現してしまうというストーリー。テーマは、検察という日本国憲法最高権力の私物化。二宮と吉高のラブシーンは意味不明なのでカットお願いしたい。

|

« クリニック飲み会6 | トップページ | 私が選ぶ宝塚歌劇ゴールデンコンビ »