« 宝塚歌劇花組(1989)「会議は踊る」をみて | トップページ | 新生雪組で花組公演「会議は踊る」を再演したら »

2021年1月17日 (日)

梅田芸術劇場「ポーの一族」をみて

梅田芸術劇場12時公演に嫁と行ってきました。オーケストラ生演奏に感激。座席は1階上手側真ん中あたり。

Img_9231

明日海りおさん、健在ぶりを発揮。綺咲愛里ちゃんのかわいいドレス姿を観られてよかった。みりお&あーちゃんの花組トップコンビが観られて萌えました。

原作漫画オタクの嫁の評価はきびしいかな。アランは男女の恋を否定する少年でなければならない。男を感じさせてはならない。クリフォードと不倫する母レイチェルに女を感じてしまったので毛嫌いしている。レイチェルはアランを見捨て、アランは孤独になる。学校でブイブイいわせているのは、こどもの強がりであって、決して男としてではない。ロゼッティやメリーベルに対しても、男女関係の対象として見てるのではない。エドガーとの関係も、この世になくてはならない純粋な存在であって、ゲイのような関係では決してない。と。。。なかなかむずかしいお役ですね。

|

« 宝塚歌劇花組(1989)「会議は踊る」をみて | トップページ | 新生雪組で花組公演「会議は踊る」を再演したら »