« 宝塚歌劇宙組「アナスタシア」(2回目&3回目) | トップページ | 円通寺にて紅葉狩り »

2020年11月21日 (土)

宝塚歌劇星組「エル・アルコン(鷹)」「Ray(星の光線)」をみて

午前診を終え、ゆっくりと梅田芸術劇場に行ってきました。

Img_8808

座席は1階のどセンターど真ん中。まこっちゃんや愛ちゃんやひっとんと目線が合う感じがしました。有沙瞳ちゃん、今日も一段と綺麗でした。オペラで芝居もショーものぞいていたら、ショーでなんかサインを送ってくれたような気がしました。

Img_8809

舞台は16世紀後半のGrand Meer(グラン・メール;大きな海)を目指す英国。英国、フランス、スペインが地中海の覇権をめぐって争っており、各国の私的海賊がそこに割り込む形。これは西地中海の話であって、東地中海はオスマン帝国とヴェネツィア共和国が争っていたのだが、今回の劇には登場しない。

英国 エリザベス1世 「父から継承したイギリス国教会の地固め」

フランス シャルル9世 「セント・バーソロミューの大虐殺」

スペイン フィリップ2世 「太陽の沈まない国」

オスマン帝国 セリム2世 「スレイマン大帝&ヒュレッムの愚息」

ヴェネツィア共和国 アルヴィーゼ1世

英国、オランダはプロテスタント、フランスとスペインはカトリック。お互いに相いれない敵国。英国はスペインを倒すべく、国策としてオランダ独立を画策していた。

英国艦隊→スペイン艦隊 ティリアン(礼真琴)

スペイン人と英国人の混血で、母イザベラ(万里柚美)が英国海軍中佐ジェラード(綺城ひか理)と浮気。ティリアンはジェラードを慕い、いつかジェラードのあとを追ってスペインに行って出世することを望んでいた。スペイン風の容貌のティリアンは幼少期いじめられ、幼少期のギルダに助けられ短剣をもらっていたという過去を持つ。

海軍総督を父に持つペネロープ(有沙瞳)を婚約者・陸軍大佐エドウィン(天華えま)から略奪し、出世がかなったらペネロープを殺害。ティリアンとペネロープのベッドシーンがとても良かった。礼真琴・有沙瞳の仮想トップコンビ。

スペイン艦隊 ジェラード(綺城ひか理)

英国艦隊 ブラック(天飛華音)&レッド(愛月ひかる)

スペインにとって不都合なオランダ独立を画策するグレゴリー(輝咲玲央)が、ティリアンの陰謀にはまりスパイ容疑で死刑に処せられる。法律学者の息子レッドが父親の仇をとるべく、スペイン軍に襲撃されたブラックを救命したことがきっかけで、ブラック率いる英国艦隊を借りてティリアンに決闘を挑み続ける。

フランス艦隊 ギルダ(舞空瞳)

生まれ故郷のウェサン島を守るため女海賊をやっており、ウェサン島を侵略しようとする英国を憎み、ティリアンに接近。ひっとんがピンク色の傷を書いた胸をまこっちゃんに見せて、これでも抱けるのかと啖呵を切るシーン、いいね、いいね。オペラでしっかり傷口を確認した。ところがスペイン海軍ジェラードがウェサン島を占領。ティリアンがスペインの回し者とギルダは怒るが、イギリス海軍を率いてウェサン島を奪還して誤解を解こうとする。利害が対立したジェラードをティリアンは殺害。

恋人ギルダを殺されスペイン無敵艦隊を率いるティリアンと、父グレゴリーを殺され英国艦隊を率いるレッドが、捨て身の体当たり作戦が成功し、燃えさかるエル・アルコン号の甲板の上で一騎打ち。レッドの一刺しでティリアンは敗死するも、夢は大きく、大海へと乗り出していくティリアンとギルダであった。めでたし、めでたし。

ショーの感想は、元祖より小規模化してたね。0番に立つ、まこっちゃん、ひっとん、愛ちゃんの視線が合ったような気がした。オリンピック版ロケットは、上手から順に、都優奈ちゃん、桜庭舞ちゃん、瑠璃花夏ちゃんに変わっていた。まめ、センター入りおめでとう。柚長がみんなから囲まれて専科組替えの祝福を受けていた。群舞では瑠璃花夏ちゃん、水乃ゆりちゃんにオペラ。二人ともダンスのうまさが抜きんでている。

驚いたのは、水乃ゆりちゃんが短いソロを歌う場面。以前より格段に歌がうまくなってきたんじゃないの。みずのちゃんは大和撫子タイプの美人だし、ダンスは長身と長い手足を生かしダイナミックでピカイチなのだから、しっかり音程を外さず歌えれば鬼に金棒、ぜったいトップ娘役もいける。発声練習を毎日きっとしているのだろう。ひっとん、みずのちゃん、潤花ちゃんの102期は、ダンスが別格にうまい。

舞空プロのわかめダンスと背泳ぎダンスはいつ観てもすごいわ。マイティ(水美舞斗)との競演を観てみたい。お色気も備わったはるこちゃん(音波みのり)も負けじとひっとんに付いていく感じ。

エトワールは、歌もダンスも安定のまめ(桜庭舞)で締め。ジュリエットというお役とはいえ、ぶりっ子ぶりが記憶に深く刻まれたわ。雪組時代のSuper Voyagerで、潤花ちゃんと桜庭舞ちゃんが並んでキレキレのデュエットダンスしてたね。二人ともがんばってほしい。

|

« 宝塚歌劇宙組「アナスタシア」(2回目&3回目) | トップページ | 円通寺にて紅葉狩り »