« 平城宮趾逍遥 | トップページ | 宝塚歌劇星組(2002)「ガラスの風景」をみて »

2020年10月 8日 (木)

宝塚歌劇星組(2003)「バビロン」をみて

香寿たつき、渚あき退団公演。デキル組子だらけの星組だったのですね。朝澄けい、鳴海じゅん、夢輝のあ、真飛聖・・・。アイドル路線ですら体幹筋仕込みの琴まりえを先頭に、仙堂花歩、彩愛ひかる、叶千佳、南海まり、華美ゆうか。

ひところの花組を彷彿させてくれました。このころの星組は完全に本家筋の花組を凌駕していたと思います。ダンスの星組。全体的にみて、阿片窟のようなアンニュイなムードが流れてました。万里柚美さんがいざなう。

香寿たつきの両サイドを安蘭けいと初風緑が固める。タータン、ガイチはナツメさん仕込みの花組ダンス。星組生え抜きの組子がトップを狙うには層が厚くてあまりにも過酷だったかも。ところどころで、柚希礼音・陽月華ペアのすばらしいダンスが何気にちりばめられていました。女装した涼紫央もダンス素晴らしい。群舞に百花沙里、ロケットをリード。

シンガーもすごすぎる。矢代鴻、毬丘智美、秋園美緒。

|

« 平城宮趾逍遥 | トップページ | 宝塚歌劇星組(2002)「ガラスの風景」をみて »