« 宝塚歌劇星組(2003)「バビロン」をみて | トップページ | ヴェネツィア共和国 »

2020年10月 8日 (木)

宝塚歌劇星組(2002)「ガラスの風景」をみて

北イタリア・コモ湖畔で開かれたシモンズ家のパーティで、突然銃声があり、みんなが駆け付けると、そこには女性用拳銃を持ったクララ(仙堂花歩)と、殺されたモーリス(真灯かなた)。モーリスは去年からモーターボートで来ていた外来人物。窃盗団追跡捜査中のミラノ警部・フランコ・ミラー(安蘭けい)と、その部下・ジョバンニ・クレオ(鳴海じゅん)の捜査がはじまる。ロンドンで女優をして辞めたローラは、夫がモンテカルロで別荘を開いたのでひと夏をパリで過ごす予定であった。

*シモンズ家

父 スペンサー 英真なおき

母 ヘレン 万里柚美

長男 ポール 涼紫央

長女 ローラ 渚あき

次女 クララ 仙堂花歩

*クレマン教授夫妻

グレゴリー(ピアノ奏者) 初風緑

リーザ(歌手) 秋園美緒

*その他パーティ会場のゲストたち(太字はアリバイのない容疑者

レオナルド(政治家息子) 真飛聖

マリオ(銀行家息子) 朝澄けい

フェリーニ(別荘住人) 高央りお

フェリーニ夫人(別荘住人) 毬丘智美

ケント・コストナー(画家) にしき愛

ジョーイ・バクスター(スイスチューリッヒに住む貿易会社役員) 香寿たつき

シュトルム(別荘住人) 美稀千種

シュトルム夫人(別荘住人) 朝峰ひかり

ピッコラ・ポンティ(別荘住人) 鈴鹿照

アルト・ポンティ(別荘住人) 未沙のえる

スミス夫人(別荘住人) しのぶ紫

マリオとクララは恋愛中であった。バクスターがクララの自殺を阻止。そんなバクスターにローラが惹かれていく。バクスターはニューヨーク証券マンで、「ガラスの風景」を追って生きていた。ただひたすら歩く、ただそれがガラスの風景であったとしても。バクスターは元恋人の交通事故治療費を捻出するため証券会社のマネーを投資し失敗、恋人が死んだ。マネーロンダリングで巨額のカネを儲けたが、新聞記者をやっていたモーリスにゆすられていた。マリオが詐欺師に融資してしまい、預金者にばらすとモーリスに10万ドルゆすられており、クララもモーリスに付き合わないとばらすと脅されていた。

妹ピアを使って、レオナルドがリーザに接近。レオナルドもギャンブルに溺れていたことを世間にばらすとモーリスに脅されていた。ケントも、偽物の絵画に鑑定書をつけたことをばらすとモーリスに脅されて、金を渡していた。

*別荘管理事務所

ピエトロ 夢輝のあ

アメデオ 祐穂さとる

ロベルト 柚希礼音

プリシラ 叶千佳

*ジョーイ貿易会社社員

ジム 紫蘭ますみ

クリント 嶺恵斗 別荘執事兼任

別荘管理事務所で、ローラがジョーイにプロポーズ、二人は抱擁キス。ローラは本当の愛を知ることで、本当の自分を取り戻し、ジョーイに支えながらニューヨークのブロードウェイの舞台に登ることを決意した。

バクスター主催のパーティが開かれた。

レオナルド♡→リーザ♡?→ジョーイ♡→ローラ

モーリスとリーザは付き合っていた。グレゴリーがモーリスを殺し、リーザはグレゴリーのアリバイ工作をした。リーザはクララのフランス語家庭教師をしており、クララの拳銃の場所も察知していた。グレゴリーは株で損失しモーリスにゆすられ、レオナルド、ケント、マリオをモーリスに脅させていた。モーリスがリーザに迫ったため、グレゴリーはモーリスに殺意を抱いた。

|

« 宝塚歌劇星組(2003)「バビロン」をみて | トップページ | ヴェネツィア共和国 »