« 宝塚歌劇月組「ピガール狂騒曲」(2回目)をみて | トップページ | 花の三段活用 »

2020年10月15日 (木)

京セラドーム(ソフトバンク対オリックス戦)を観戦して

1回から石川がデッドボール押し出しで乱調、ボールが高めだしストライクを置きに行っている感じ。オリックス打線が打ち崩せず。田嶋も最初はよかったものの、1点ずつ失点を重ねてしまい、ピッチャー交代のとたん、長谷川が代打満塁ホームランで試合を決定づけました。マッチョは3安打と絶好調、打率王は取れたかな。石川、こんな出来で1勝は大きいが、次の先発に不安が残りました。

ギータの変態ホームランは拝めず、ロッテ戦で暴れたらいい。マッチもギータもロッテ戦に向け早々守備要員と交代。なのにオリックスの中継ぎが打たれて失点する有様。

6番中村、7番栗原の前にランナーを出せれば、二人のどちらかがタイムリーを打ちます。あとは5人以上の抑えの名選手が控えていますし、楽勝パターンでしょう。4ゲーム差のロッテ戦は、東浜と千賀で落とさなければ、2勝4敗でも優勝が固いと思いました。

Img_8443

ギータ

Img_8456

マッチョ吉田

Img_8458

マッチ、熱男

Img_8460

中村

Img_8462

栗原

Img_8469

|

« 宝塚歌劇月組「ピガール狂騒曲」(2回目)をみて | トップページ | 花の三段活用 »