« 祇園散策 | トップページ | 宝塚歌劇宙組(1998)「エクスカリバー」をみて »

2020年9月27日 (日)

宝塚歌劇雪組(2015)「ルパン三世;王妃の首飾りを追え」「ファンシー・ガイ!」をみて

ルパン一味が王家の首飾りをせしめた瞬間、18世紀末のフランスにタイムトラベル。錬金術師カリオストロ伯爵が申すに、現代に戻るためには、神聖ローマ帝国の宝石「マリアの涙」が必要ということで、ルパンがマリーアントワネットに接近。うまく宝石をせしめ、欲を出してさらにマリーアントワネット一家を救おうと企てる。銭形警部もちゃっかり子分を手なづけてルパンを追い、不二子もルパンを裏切りつつ、浮気性のロアン枢機卿にちゃっかり取り入ってお宝を狙う。そんな不二子がロベスピエールに捕まるとルパンはちゃっかり不二子を救い出すあたり、おめでたい人物だ。結局、ルパンはギロチン台に横たわるマリーを人形と入れ替えて無事にルイ16世一家を国外亡命させ、資金として王家の首飾りをマリーの首にかける。ホロっと流すマリーの涙が秘宝「マリアの涙」の効力を発揮して、無事に現代に帰還する。マリーアントワネットの生まれ変わりが、王家の首飾りの所有権を主張するが、最後に不死身のカリオストロ伯爵が横取りしてエンディング。

だいもんのカリオストロ伯爵の出番が少なく、難しい歌のソロがある真ん中とラストだけだったが、助手セラフィーナが有沙瞳ちゃんだったので大満足。くらっちが尊敬するジェンヌは、彩乃かなみちゃんと咲妃みゆちゃん。

ルパン 早霧せいな

次元 彩風咲奈

五エ門 彩凪翔

不二子 大湖せしる

銭形警部 夢乃聖夏

マリーアントワネット 咲妃みゆ

ロアン枢機卿 蓮城まこと

ロベスピエール 香綾しずる

カリオストロ伯爵 望海風斗

セラフィーナ 有沙瞳

ジャンヌ(首飾り事件の首謀者) 透水さらさ

レトー(ジャンヌの恋人) 月城かなと

ルイ16世 鳳翔大

ルイ17世(息子) 彩みちる

マリーテレーズ(娘) 星南のぞみ

ショー、特筆すべきは、彩風咲奈さんが女装して、ちぎさんとお色気デュエットダンスするシーンかな。咲、美人ですね。舞咲りんちゃんの溌溂とした全力ソロもよかった。真ん中が透水さらさ、左に有沙瞳、右に桃花ひなの合唱もよかった。だいもんの銀橋お渡りもいいね。有沙瞳、桃花ひな、早花まこ、星乃あんりが囲む。

エトワール 夢乃聖夏

→ 永久輝せあ・星乃あんり・月城かなと

→ 蓮城まこと・大湖せしる・鳳翔大

→ 彩風咲奈

→ 彩凪翔

→ 望海風斗

→ 咲妃みゆ

→ 早霧せいな

ちぎさんお披露目の段階の番手、93期咲さまは92期凪さまの下だったんですね。どこで逆転しちゃったのやら。星組も、夢乃聖夏、鶴見舞夕、涼紫央といった実力満点のスターをトップにしてほしかったと思う。

|

« 祇園散策 | トップページ | 宝塚歌劇宙組(1998)「エクスカリバー」をみて »