« TAKARAZUKA REVUE 2020 | トップページ | 第123回日本小児科学会 »

2020年8月19日 (水)

宝塚歌劇花組(1993)「メランコリック・ジゴロ;あぶない相続人」をみて

ダニエル 安寿ミラ

レジーナ 美月亜優

アネット 月影瞳

スタン 真矢みき

ティーナ 華陽子

レジーナをパトロンにして大学に通うジゴロ、ダニエルが、田舎地主の娘アネットと浮気し、このまま関係を続ければレジーナにバレるということで、スタンの協力で縁切りの一芝居をぶち、うまくいく。しかしダニエルの浮気はレジーナにばれていて一方的にパトロン解消され、レジーナはテニス選手のユベール(夏城令)のもとへ去る。

浮浪者/ノルベール 橘沙恵

マチウ 愛華みれ

シュザンヌ 九重遙

収入がなくなったダニエルがスタンの睡眠口座詐欺計画にのる。狙いはノルベールという男の残した睡眠口座のカネ。証書偽造のために、睡眠口座を得意とする弁護士マチウの協力が欠かせないと考えたスタンは、自分の彼女ティーナを使ってマチウと浮気させ睡眠口座詐欺計画に加わるようにする。妻シュザンヌにバレることを極度に恐れたマチウは計画にいとも簡単に加わる。ノルベールには息子アントワンがいて、ダニエルと顔がそっくりであることを突き止めたスタンはダニエルをアントワンに成りすますように指示する。そこに浮浪者(ノルベール)が銭を持たず酒場に入って来たので、ダニエルがおごってやる。

フェリシア 森奈みはる アントワンの妹、ノルベールの長女

イレーネ 朝風ゆき

同じころ、ある図書館で働く司書フェリシアが新聞でノルベールの睡眠口座の記事を読み、上司イレーネにいきなり退職願を口頭で出して飛び出す。

*列車強盗の一味

フォンダリ 未沙のえる

バロット 真琴つばさ

ルシル 詩乃優花

カティア 町風佳奈 アジトに使うホテルの女主人

フォンダリはノルベールと組んで列車強盗を働いたのだが、ノルベールはフェリシアの前からも姿をくらまし儲けた金を独り占めして持ち逃げしており、フォンダリ一家がノルベールの行方を捜していた。

前祝いでティーナが、スタンの友達のバート(初風緑)、アルマン(匠ひびき)、クロード(姿月あさと)と酒を飲んでいる。そこへ睡眠口座のカネを受け取ったスタンとダニエルが現れ、微々たる金額しか残ってなかったことを告げる。16年前の紙幣価値はインフレの為、激減していたようだ。そのカネで浮浪者を含め居合わせた客におごりパーッと使い果たしてドンチャン騒ぎしているところへフェリシアが、「お兄ちゃん。」アントワンに成りすますしかないダニエル。なりゆきでスタンがダニエルに成りすますしかなくなる。そこへ父ノルベールの借金の返済をアントワンに迫るためにフォンダリ一味が現れる。なんとかダニエル・スタン・フェリシアが逃げ延びるが、ティーナ、アネットと出くわし、てんやわんや。ダニエルとフェリシアはフォンダリに捕まり、カティアのホテルに監禁される。ノルベールが二人を救出したところにフォンダリが現れ銃口を突き付けられる。ノルベールが、アントワンの戦死をフェリシアに告げる。スタンの通報で警察がふみこんで一件落着、ダニエルとフェリシアが抱き合いデュエットダンス、そしてキスで終幕。

|

« TAKARAZUKA REVUE 2020 | トップページ | 第123回日本小児科学会 »