« 宝塚歌劇花組(1992)「白扇花集」をみて | トップページ | TAKARAZUKA REVUE 2020 »

2020年8月17日 (月)

宝塚歌劇花組(1986)「メモアール・ド・パリ」をみて

このショーの右に出るショーはないと思います。72期が最下級生で、落ち着いた実力満点の花組のメモリアルショーですね。

「昔の花組」を知りたければ、これを観ていただくのが手っ取り早い。プロローグからパレードまでザ・花組のエッセンスが詰まっていてすばらしい。

「パッツィの館」の去り際の大浦みずきさんのポーズを、どこかの公演で真矢みきさんが真似てましたね。本役さんには到底かないませんが。

|

« 宝塚歌劇花組(1992)「白扇花集」をみて | トップページ | TAKARAZUKA REVUE 2020 »