« 宝塚歌劇月組(1990)「ル・ポアゾン」をみて | トップページ | 宝塚歌劇月組(1989)「ザ・ドリーマー」をみて »

2020年8月 2日 (日)

宝塚歌劇月組(1988)「レインボー・シャワー」をみて

安定の公演。特筆すべきは、女装した若央りさの単独サンバ。久世星佳と八汐祐季が相手する。みんなタイ米食べて頑張っていたんだね。

あとはコミカルな蝶々のデュエットバレエ(こだま愛&涼風真世)。サンバ、マンボ、姑娘胡曲、ジャズとこだま愛ちゃんが大活躍。

トップコンビがロケットを誘導し、そのあと涼風真世独唱にのせて、トップコンビが再びデュエットダンスで締める。

久世星佳・若央りさ・天海祐希(エトワール)

→ 朝凪鈴・桐さと実・紫とも

→ 涼風真世

→ こだま愛

→ 剣幸

|

« 宝塚歌劇月組(1990)「ル・ポアゾン」をみて | トップページ | 宝塚歌劇月組(1989)「ザ・ドリーマー」をみて »