« 宝塚歌劇花組(1995)「哀しみのコルドバ」をみて | トップページ | 福知山城を訪ねて »

2020年8月10日 (月)

宝塚歌劇花組(1995)「メガ・ビジョン;はてしなき幻想」をみて

見どころは3rd vision、ヤンさんのジャズダンス。海峡ひろきと紫吹淳がエスコート。みんなダンスが得意な子ばかり。バックダンサーにおとこ(音羽椋)、千紘れいか発見。おとこ、ヤンさんの真後ろでダンス。ダンスの花組ならば、このメンバーの中からトップを出すのがスジだった。そんなに花組の若返りを図りたいのであれば、紫吹淳がネクストトップでもよかったのではないか。コンビお相手は海外公演行きまくっていた76期スーパーダンサーの、月影瞳、風花舞、星奈優里から選ぶこともできたのではないか。

1st visionで娘役ミニスカート群舞は三木さん演出のサービスタイム。ヤンさん真後ろに、あさこ(瀬奈じゅん)、こむ(朝海ひかる)を発見。

2nd visionは、ネクストトップコンビ真矢みき&純名里沙の売り込みタイム。

4th visionは純名里沙ワンマンショー。バックダンサーは愛華みれ&渚あき。ついで詩乃優花ワンマンショー。真矢みきがエスコート。海峡ひろきと奪い合う。華陽子から受け継いだお色気コーナーなのか。次に安寿ミラ・ワンマンショー。バックダンサーは森奈みはる。サンバ群舞へ。

小休止タイムは若手売り出し中3人組の銀橋わたり。愛華みれ、紫吹淳、匠ひびき。客席へ視線サービス大放出。

5th visionはバロックにのせてヤンさんの乙女チックなダンス。ヤンミキショー。ジーザス・ゴスペルで締める。

6th visionは愛華みれ&純名里沙がロケット誘導。大鳥れい発見。森奈みはるワンマンショー。海峡ひろき、紫吹淳、匠ひびきがエスコート。ヤンミキ・デュエットダンスで締める。

純名里沙(エトワール)

→ 匠ひびき・紫吹淳

→ 愛華みれ

→ 真矢みき

→ 森奈みはる

→ 安寿ミラ

|

« 宝塚歌劇花組(1995)「哀しみのコルドバ」をみて | トップページ | 福知山城を訪ねて »