« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月30日 (木)

宝塚歌劇月組「愛聖女(サントダムール)」をみて

月組娘役のための娘役総出演のバウホールドラマ。

愛希れいかと白雪さち花の総合舞台技術対決が見ものでした。ちゃぴは、スマダ珈琲店レジー前の演技、さちかは紫門ゆりやの部屋での俊敏な体さばきがすごい。

|

宝塚歌劇月組「New Wave!(2014)」をみて

楽しいバウホールのショーですね。美弥るりかが、頑張りすぎて横山ノックになってしまった白雪さち花を評して

うますぎて余興

余興が本公演の演技を超える月組ならではの誉め言葉でした。

ほんと91期娘役は各組、後輩指導の核になっている。月は白雪さち花、星は音波みのり、宙は綾瀬あきな。

男役4人で構成する路線スターが、89期美弥るりか、90期宇月颯、92期鳳月杏、94期珠城りょう。たまきち4番手だったんですね。

それを支えるのが、91期貴千碧(たかちあお)、92期千海華蘭、93期星輝つばさ、95期輝月ゆうま、95期朝美絢、96期夢奈瑠音、96期蒼矢朋季(そうやともき)、96期颯希有翔(はやきゆうと)、97期蓮つかさ、98期紫咲樹れの(しざきれの)。今もけっこう活躍中のスターが多い。

娘役は、91期白雪さち花、91期咲希あかね、95期晴音あき、95期楓ゆき、96期咲妃みゆ、96期叶羽時、97期海乃美月、98期清華蘭。

ゆうみがこの公演を最後に雪組トップに組替えしたんですね。たまきちとゆうみの貴重なデュエットダンス、よかったですよ。これまた今も活躍中のスターばかりで見ごたえがありました。

もうひとつのデュエットダンスは宇月颯・晴音あきペア。

|

2020年4月27日 (月)

ヒマな日々

昨夜は、風花舞ちゃんのインスタライブを観ました。私を見て見て的なダンスはお嫌いだそうで、役になりきってストーリーをダンスで表現したいとお考えであることをはじめて知りました。すばらしいプロ意識だと思いました。

大和西大寺の話題。近鉄特急「ひのとり」が走ってます。

Img_7124 Img_7123

なかむら小児科も、月火水を午前診療のみにしましたので、午後はのんびり。運動不足で太ってしまいましたので、庭代わりの平城宮趾を散歩してきました。ぬくいそよ風に当たって気持ちよかった。奈良平城京の暮らしは最高。

Img_7135 Img_7144 Img_7145

|

2020年4月26日 (日)

HOME STAYでできること

妃海風ちゃんのインスタライブ観ました。画像反転してても美人です。しかも、とてもおもしろい。

1期上の早乙女わかばちゃんに刺激されてはじめたアイスクリームダイエットのお話は面白かった。

セーラームーン、マーズのファンとか。私はマーキュリーのファンです。ダンスィーには、これ以上のアニメにはついていけませぬ。

まこっちゃんのお披露目に行けなかったのは残念でした。私は3回も行けて幸せ。

|

2020年4月19日 (日)

湖春ひめ花ちゃん

宝塚歌劇106期文化祭を拝見しました。ビジュアル抜群、歌もソロを担当してめっちゃうまい、湖春ひめ花(こはるひめか)ちゃんが記憶に残りました。ぜひトップ娘役を目指してがんばってください。顔や身長や体型の感じが麻乃佳世ちゃんに似てるかな。「愛の宝石」は、その昔、花組の朝香じゅんさんが退団で歌っておられましたね。卒業成績は2位と優秀だし、即戦力。

オペラよし、ポップスよし、ダントツの葉咲うらら(はさきうらら)ちゃんも凄すぎる。お披露目公演もやってないのに、もう目立ってますね。卒業成績は17位。

華純沙那(かすみさな)ちゃんも美人で気になります。日本舞踊ではセンター、歌もジャズダンスもネクストセンターをはってて、溌溂として体力があってキレがあって軸がブレていないしうまい。雪組104期の麻花すわんちゃんに似てるね。卒業成績は9位とトップへ好位置。

歌の湖春、ダンスの華純。

|

新型コロナ治療薬「イベルメクチン」

寄生虫薬「イベルメクチン」がin vitro新型コロナウィルスを抑制するとのオーストラリアからの朗報。in vitroからin vivoへ効果を確認する模様。

コロナ増殖抑制のみならず、死滅できるなら画期的な治療薬です。

|

2020年4月18日 (土)

遷都するたびに下手くそになっていった土木治水建築技術

大宰府(倭京)、藤原京、平城京、平安京と遷都するたびに、土木治水建築技術が退化していった。

倭国時代には、楼閣や羅城を備え整然とした条坊制の都だった。古代高速道路は簡単に崩れることなく路面は常に乾いているという優れもの。博多湾の治水工事もうまくいき、運河や巨大な石橋も建設されていた。簡単に難破しない造船技術、巨木を仏像に加工する技術、刀の精巧な鞘や柄といった御家芸の木工技術、耐震構造を備えた寺院、巨石を加工する技術もあった。貨幣もしっかり流通して使いこなしていた。貨幣も使えないで、朝鮮半島の覇者を自負するわけがなかろうもん。

藤原京は、上下水道完備の優れもの。堤防が決壊して水害に悩むこともなかった。

平城京は、行基が活躍しまくるくらい、立地が悪いせいもあって洪水に悩まされ、疫病も流行した。寺院も耐震構造が失われた。

平安京は、だだっ広い土地が余りまくり、都とは程遠い未完成状態で、鴨川や桂川といった巨大河川による洪水に悩まされ、疫病も流行した。荒廃した倭京から、鐘楼や寺院を移築するのが関の山だった。藤原君は惰眠にふけるばかり。ようやくまともな平君が、倭国の遺産を博多からかき集めてまともな国づくりを目指した。

|

2020年4月14日 (火)

宝塚歌劇花組「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」(1990)をみて

古き良き花組。ダンスの花組、歌も超一流でした。第一部がフェルゼン・オスカル・アンドレ編、第二部がフェルゼン編となかなか盛沢山で重厚な芝居の連続でした。

フェルゼン 大浦みずき

アンドレ 朝香じゅん

オスカル 安寿ミラ

グスタフ3世 星原美沙緒

ルイ16世 宝純子

アントワネット ひびき美都

メルシー伯爵 麻月鞠緒

ヨーゼフ2世 安寿ミラ

アラン 友麻夏希

ディアンヌ (不在)

ブイエ将軍 涼美緒

ジェローデル 三矢直生

ロザリー 峰丘奈知

ベルナール 舵一星

ジャンヌ 梢真奈美

エトワールが研1初舞台の純名里沙ちゃん。同期はお花を額に付けてロケットダンスを踊ってます。やっぱり異様な光景。娘役も10年かかるのでは。若手を依怙贔屓すると、重厚なお姉さまたちは、用済みかなと思って次々と辞めていってしまいます。

新型コロナ災禍から復活第一弾は、ベルばらかも。2~3組合同で役替わり公演なんかいいかも。

|

2020年4月11日 (土)

すみれパーク・星組編をみて

SKY STAGEが無料開放されていましたので、衛星放送テレビで、すみれパークを観ることができました。

上手から、湊璃飛、夕渚りょう、天華えま、有沙瞳、澪乃桜季、天希ほまれ、華雪りら。ど真ん中にジーンズ姿のくらっち、きれいだね。星組の綺麗どころは98期にあり、今回、星組98期勢ぞろいといったところ。

なかなかさばけた一面をみせたみほちゃんの司会ぶりでした。同期は、こりらを「えり」、くらっちを「みほ」と呼んでるんだね。

|

2020年4月 9日 (木)

星組全国ツアー「エル・アルコン」中止

あれれ、いつの間にやら7/1チケット抽選結果発表が。公演中止のため落選。これできれいさっぱりしたわ。

|

NHKBSプレミアム「水の都は 悠久の楽園~中国・ 杭州~」をみて

西湖を中心に発展した杭州。元の時代の最大の港町だったというのは、共通一次試験世界史で覚えてました。

龍井茶(ロンジンちゃ) 煎茶っすね、小さな茶器で薫りを楽しむ

杭州扇子

古琴

良渚古城遺跡(りょうしょこじょういせき) 5000年前の稲作文明

AIによるシティ管理

「楼外楼」ソウギョの甘酢あんかけ

京杭大運河 610年に完成。拱宸橋(こうしんきょう)

雷宝塔 「雷宝夕照」

五柳巷 宋の時代の高級住宅地

ベンチャー起業の揺りかご

|

夙川にて花見

空は快晴、緊急事態宣言も認める散歩をやってきました。宝塚歌劇も6月末まで中止が決まり、くらっちが出演する星組全国ツアーの抽選結果発表もsuspended。ハナちゃんのエリザベートも中止、20枚ほどのS席&SS席当選チケットが払い戻しになり、ちょっと得した気分になりました。7/1(水曜)のチケットが当たれば、暫定的な初日兼千秋楽チケットというプレミアが付くのだが。星組とは相性がいいのでイケるかも。

Img_7058 Img_7063 Img_7068 Img_7073

|

2020年4月 3日 (金)

有沙瞳ちゃん3

カフェブレイク単独出演おめでとうございます。5/1に出演の旨、宝塚歌劇団HPで正式発表がありました。

くらっちがスカピンであーちゃんの新人公演をつとめたとき、すでにあーちゃんを超えてましたし、星組は実質的に、くらっち・まこっちゃんコンビとあーちゃん・紅子コンビのダブルトップを成してました。

|

2020年4月 1日 (水)

思い出の花組

「ジタン・デ・ジタン」は東京から大阪に帰ってきたばかりのころ観た。なつかしい私の好きなシーン。これぞ、花組。

「ジタン・デ・ジタン」(1989)

 朝香じゅん・梢真奈美ペアのアラビアンダンス

「秋・・・冬への前奏曲」(1990)

 大浦みずき・華陽子ペアのタンゴ

「ザ・フラッシュ!」(1991)

 全部

「ファンシータッチ」(1992)

 安寿ミラ/真矢みき・華陽子ペアのデュエットダンス

「ラ・ノーバ」(1993)

 安寿ミラ・森奈みはるペアのデュエットダンス

「ロマノフの宝石」(1989)

主演 ソフィア ひびき美都 姉・総督の元カノ

   アンジェロ 瀬川佳英 弟・総督へのテロリスト

総督 三矢直生

盗賊団 オスカー 大浦みずき

    アドルフ 安寿ミラ

    セザール 真矢みき

    ヨンニ 舵一星

    ハンナ 梢真奈美

    イザベル 詩乃優花

ナチス・シェライバー 磯野千尋

ナチス・ベルガー大尉 朝香じゅん

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »