« 花組新人公演 | トップページ | 倭国と扶桑国 »

2019年12月 5日 (木)

宝塚歌劇雪組DVD「Congratulations 宝塚!!」をみて

今日は休診、昨夜から雪組DVD三昧です。「Shall we ダンス?」のプロローグで、愛加あゆちゃんを囲む6人娘役の中に、有沙瞳ちゃんを発見して喜んでいました。2013年11月金曜日収録だから、くらっちは研2。タカラジェンヌにはタキシードとドレスを着てワルツをどんどん踊ってほしい。シンプルが一番、夢見心地になれると思う。金曜日収録のとき、1階後部座席がけっこう空席だったが、今では考えられない。音月桂と彩吹真央のゴタゴタのせいだろう。花組時代、蘭寿とむの陰にまわってしまった壮一帆にトップのチャンスが巡ってきた。おさ・あさと同様か。このあと、花組から望海風斗が雪組にやってくる。

「Congratulations 宝塚!!」の銀橋渡りメンバーで、当時中堅の序列を勉強しました。ダンサーの沙月愛奈とシンガーの舞咲りんは別格。白衣のショーは、大浦みずき「ジャンクション24」の変化形。

透水さらさ・永久輝せあ・星乃あんり

彩風咲奈・夢華あみ

蓮城まこと(キング)・鳳翔大・香綾しずる

夢乃聖夏・大湖せしる

彩凪翔

(早霧せいなイケメンワンマンショー)

壮一帆・愛加あゆ

この当時の劇団は、彩風咲奈と夢華あみを推していたんだね。デュエットダンスが別格の扱い。この後に生じる中堅の大量退団で、娘役下級生にトップのチャンスが巡ってきたわけか。まさか月組から咲妃みゆちゃんが、星組から真彩希帆ちゃんが立て続けに落下傘してくるとは。それぞれ同期の夢華あみちゃんと有沙瞳ちゃんがビックリするわな。

|

« 花組新人公演 | トップページ | 倭国と扶桑国 »