« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月30日 (月)

宝塚ホテルに素泊まり1泊

来年3/31に取り壊される宝塚ホテルで素泊まりに来ました。もったいない豪華な造りです。

Img_6155

ホットコーヒーお替り無料のティーラウンジ「ルネサンス」で年賀状を書き終えて、部屋に戻って無料でスカイステージ三昧です。まずは、キキ(芹香斗亜)の宙組公演から。

Img_6150

晴音アキちゃん。1年目はリーゼント受験。陽月華ちゃんが目標か。

花娘 愛らしい

月娘 シンプル

雪娘 きゃぴきゃぴ

星娘 元気

宙娘 大人っぽい

「Once upon a time in America」稽古風景。こりゃ完全に男祭り。

ゆるり・ふんわり・ふたり 彩海せら&天飛華音。だいもん(望海風斗)の演目とさゆみさん(紅ゆずる)の演目のレベル差を感じた。雪組の下級生がダントツに育っている。

宝塚巴里祭2019 愛月ひかる、さき、あがちん、鍋島夫人(妃華ゆきの)、野々花ひまり、詩ちづる、琴峰紗あら。愛月ひかるさん、まこっちゃんよりアダルトでカッコいい。はるこちゃん、みほちゃんを従えて、アダルトなタンゴなコーナーをみせてほしい。

永久輝せあ&美弥るりか 対談

私はいまだに星組トップはこうあるべきだったなぁと思っている。柚希礼音→美弥るりか→真風涼帆→礼真琴

美弥るりかさんはトップになれなかったけれども、美弥るりかの残した遺伝子が、花組ネクストトップのひとこと、雪組ネクストネクストトップのあーさに引き継がれていってるんだなぁ。バウ主演「PR×PRINCE」を満を持して充実期にやれたことがむしろ良かったという美弥さんの分析。早すぎる未熟期にバウ主演をやってアッという間に終わるよりずっとまし。

お役をもらったら、台本に書かれていないその人の人生をまず書く。その人になりきって毎日日記を書く。台本を読むだけじゃなくて、実際書いて相手役の気持ちまでくみ取る。自分の見せたい部分に意識を集中させるとお客さんもそこに注目してくれる。

群舞はカウントでダンスするが、そのほかは最終的には音でダンスする。服の裾がどう舞うかが見せ場としては大事。服を何度も触ってダンスをする。娘役のスカート裁きを研究する。(←私が思うに、星奈優里ちゃんのスカート裁きはピカイチだったなぁ)振り付けをもらったらひたすら反復練習する。バレエのようにからだがどう踊っているかではなく、お衣装がどう踊っているかが大事なのである。だから宝塚歌劇男役というものはクラシックバレエを極めるだけではダメなのである。お衣装の動きをきれいに見せるためには、バレエの基本的重心を少しずらさないといけないこともある。

退団したらやりたくてもできなかったことをしたい。服のファッションを深めていきたい。

ファンレターで「ここが素敵です。」といった言葉を素直に受け入れて、個性を伸ばしていってほしい。

ひとこのオフは、歌、ダンス、筋トレで埋める。レッスンが大好き。庭付きの家に住んでいて、マイカーの名前が「幸子(さちこ)」。愛称は「ひとさん」。様が付くキャラに憧れる。「凪さま、咲さま、るりさま」

Img_6158

|

2019年12月29日 (日)

「紅ゆずる・綺咲愛里 香川・琴平の旅」をみて

あーちゃんの実家が酒屋さんで金刀比羅宮の参道にあるとは思いませんでした。ゆずるちゃんは食レポの才能がありますね。

三徳 酒食料品店 → 地酒「綾菊」「金陵」「川鶴」

宗家・金毘羅饂飩 狸屋 → 「釜玉うどん」「たぬきうどん」

金毘羅参りの時はぜひ寄ってみたいと思います。ちくわの磯辺揚げが讃岐うどんに合う、覚えとこ。

あーちゃん、お酒もけっこういける口ですね。割烹着もデート勝負服も、とってもかわいかったです。

私の大好きな「エクレール・ブリアン」の一節。

光煌めく銀河のその果ては 美しく 美しく ただ美しく

夜空に撒かれた 銀のバラ 遥か彼方の 愛の星

|

2019年12月28日 (土)

忘年会

大阪の友人と三宮で忘年会。長崎で獲れた天然とらふぐのフルコースです。菊正宗のひれ酒4合のあてにしました。

Img_6115 Img_6116

|

2019年12月27日 (金)

宝塚歌劇星組「ロミオとジュリエット」

ジュリエットは、ひっとん(舞空瞳)の当たり役間違いなしでしょう。

次は、うたかたの恋なのかな。

朝から夜まで すべての時間を 生きてる今 感じ愛し合いたい

おとなの力に 負けたりしない 俺たちの 王は俺たちなんだ

|

2019年12月26日 (木)

忘年会

小学校の友人と大和西大寺で忘年会。松葉ガニ、とらふぐwithアンコウ肝、牡蠣、からすみ。

Img_6101 Img_6102 Img_6103 Img_6104 Img_6105 Img_6106

|

2019年12月25日 (水)

今後の観劇予定4

星組「眩耀の谷」チケット争奪戦がローチケを最後に終了。eプラスとチケットぴあは落ちまくり、ローチケの最後の最後にやっとS席ペア1枚ゲット。合計S席ペア3枚ゲットできたので、嫁と観に行きます。新生星組の「くらっちコーナー」が楽しみ。くらっちとせおっちのデュエットダンスが観られるかな。それにしても一番人気の雪組、もっと観たかったよう。

花組「マスカレード・ホテル」 梅芸ペア1枚

雪組「Once upon a time in America」 S席ペア1枚

星組「眩耀の谷」 S席ペア3枚

ちなつ(鳳月杏)の「出島小宇宙戦争」はついにゲットできず。3月からの宝塚大劇場の花組と月組のチケットは、いくらでも取れそうなので、危なくて抽選は様子見中。SS席取れなければ諦めるか。

|

2019年12月23日 (月)

いま流行っている病気

多くの伝染病が流行っています。とくに0歳児に至るまで溶連菌感染症は例年になく大流行です。一部、溶連菌感染流行のため学級閉鎖を指示しました。RSやノロは例年どおり。アデノとりんご病は小流行。水痘とマイコが散見。加えてインフルエンザA型流行が再び着火しました。

1 インフルエンザA型

2 溶連菌感染症

3 ノロウィルス胃腸炎

4 RSウィルス感染症

5 アデノウィルス感染症

6 伝染性紅斑(りんご病)

7 水痘

8 マイコプラズマ感染症

|

ニコニコ動画、中国共産党に買収される

角川ドワンゴが運営するニコニコ動画が、中国共産党によって買収されました。自由な発言が許されなくなっているようです。

アメリカと中国のサイバー戦争の一環として起こった事件のようです。

|

2019年12月21日 (土)

スターウォーズ「スカイウォーカーの夜明け」をみて

午前診を終え、西宮ガーデンズでスターウォーズ最終回を観てきました。ネタバレ注意。

リアルタイムでシリーズを全部見てきて、40年かかりました。その最終結末がこれかといった感じでした。スターウォーズを地で演じてきたレイア姫のご冥福をお祈りいたします。

「What's your name?」

「Rey.」

「Rey, who?」

「Rey Skywalker.」

ファイナルシーンのこのやり取りに、ほっこりした温かい気持ちになれました。レイの出自が今回やっと明かされますが、3部作まで、この話題だけでよくぞ引っ張って来たなという感じ。

レンとレイの決闘は迫力満点。レンの傷をレイが癒し、パルパティーンと相討ちで死んだレイに自分の命をレンが吹き込む。死んでたはずのパルパティーンがクローンでギリギリ生きてたって。シスを殺したいレンの前に死んだはずのハン・ソロがリアルに登場。出自に悩むレイの前にルークがプラズマ体で登場。なんでやねんという感じ。

今作品、レイが急にパワーアップしていることにビックリ。父親を殺したレンには死を、父親を殺さなかったレイには生を。まっ、ディズニーらしいエンディングですな。

ジェダイの勝利で終わり、ルークとレイアのライトセーバーを地中に埋めていましたが、ひょっとして続編があるかもしれないと思いました。

|

2019年12月20日 (金)

ルネサンスエネルギー

ノルマン・ヴァイキングがイングランド支配に飽き足らず、地中海に建国したシチリア共和国がおもしろい。ヘレニズム文化の粋を集めたエジプトのアレキサンドリアをイスラムが征服し、バクダッドやサマルカンドに叡智を持って帰る。その一部が植民化したシチリア共和国に流れ込む。あまりに高度なレベルに驚いたノルマン人・フランク人がラテン語に翻訳する。活版印刷がまだない故、手書きの翻訳本をヴェネツィア商人がフィレンツェ共和国のメディチ家に売り込み、今度はメディチ家がエロっぽいルネサンス文明をローマ共和国などイタリア各国に売り出し、一気にヨーロッパに広がった。貿易品や書物や絵だけではなく、十字軍など兵隊を船に積んで、ヴェネツィア海軍は繁栄を極めた。そこにイスラム勢力が待ったをかける。

周囲には、神聖ローマ帝国、ビザンツ帝国、オスマン帝国がある。誇り高き神聖ローマ帝国はローマ教皇と連携よろしく、カトリックの守護者を自負している。フランク王国は、ローマ教皇分裂を契機に始まった十字軍や騎士団で疲労困憊した上に、百年戦争中で、イングランドとの戦争に明け暮れ、それどころではない。イベリア半島はレコンキスタ前で、まだイスラムの支配下にあって、スペインもポルトガルも小国だ。ローマ教皇の目が届かないことをいいことに、異端のカタリ派が頼りないスラブ・ブルガリア王国を経由してイベリア半島に亡命して根を張る。ローマ帝国の後継者を自負する千年王国・ビザンツ帝国はいまやゲルマンの物笑いの種になってしまっている。モンゴル帝国の東ヨーロッパ一撃のあと、後ろからチンギスカン後継者を自負するティムール帝国がトルコ人、イラン人、アラブ人を一緒くたに中東全域を飲み込まんとしている。ティムールに出鼻をくじかれたオスマン帝国が息を吹き返し、ヨーロッパ全土征服をもくろんでいる。バルカン半島には多数のスラブ人が建国できずにうじゃうじゃと漂流している。ヴァイキングがはびこるバルト海に対抗し、誇り高き陸の王者・ポーランド王国がスラブ人支配をもくろんでいる。黒海にはモンゴル人にムチ打たれてきたロシア帝国が、コサック騎兵と連携よろしく南下を企んでいる。

|

2019年12月19日 (木)

宝塚歌劇花組「花より男子(2017)」をみて

クリスマスには最高のプレゼントでした。しろきみちゃん(城妃美伶)、きれいです。カレー君とのデュエットダンスがいい。ちなみに今晩のごはんはレトルトカレー。

|

2019年12月18日 (水)

東大受験系Youtuber百花繚乱

今日の外来はのんびり過ごせましたので、東大受験系Youtuberの番組を観ていました。まあ、いろんなYoutuberが登場して面白い時代になりましたね。

究極の勉強法はこれでしょう。

現在、東大入試問題を作成している教官に中高一貫校で教えてもらったら何もすることはない。無茶苦茶ヒマ。国語なんか、正解も採点基準も非公開だから、ああでもない、こうでもないとやっているわけで、得意なら100%正解を目指せばいいし、不得意なら部分点を狙えばいい。高校や予備校の教師にはぜったい真の正解を出せないだろうし、学習塾や予備校は、こう覚えたらいいというテクニックだけを24時間質問形式で教えれば終わり。その点、数学は動かしようのない正解があるので、話は簡単、誰でもどこでも教えることができる。あとは映画でもゲームでもデートでも世界放浪の旅でも、好きなことをやって仕事しないでも社会から文句を言われたり変な目で見られたりすることもない学生生活を満喫したらどうかな。

古文、漢文の学力は年々落ちる一方で、進振りを終えたばかりの5浪現役理3生が言ってるように、現代文の配点をあげないと、みんな0点になって差がつかないんだと思うよ。社会に出て年をとれば、自分の人生を振り返ることも多くなるし、古文と漢文がめっちゃ大事な科目なんだけどさ。医者なら、患者さんの人生まで考えないといけないわけだし。(偽装でない真の)万葉集や和歌や日本漢詩など読むと、日本人に生まれてよかったとつくづく実感するし、そういう慈しみの目で診療に当たらなければならない。西洋のように血を流し妬む神ではなく、日本最高位の天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は、雨乞いの神(龍神)、水の神、機織りの神であって、男と女が合わさって幸せを産む女神だ。生きる苦しみから解脱する目を大衆に教えてくれる阿弥陀如来も観音菩薩も、宗教というより善く生きる哲学であって素晴らしい。

英語は、私の場合リスニングがむずいと思うので、昔ながらの簡単な筆記問題だけのドイツ語で受験する。東大の旧制時代からのポリシーから見ても、英語、ドイツ語、フランス語の語学選択受験がなくなることはないはずだ。問題出題者もわんさか東大は抱えているわけだし。京大も旧制時代のプライドが高いから、この三つの語学選択受験はぜったいにやめない。

日本史、世界史はやり過ぎたら、GHQ自虐史観に洗脳されて、かえってアカ集団のお仲間入りするだけなのが、悲劇と言えば悲劇、陰謀と言えば陰謀かな。

話は医師国家試験問題に飛ぶが、私らのころは、内科の主な病気を覚えていればしまい。外科はお茶を濁す程度。ドクトルまんぼうの昔は、解剖をラテン語で覚えることが医学部の主な勉強だったみたい。今は、救急整形外科精神科の専門的な知識まで問われてきているし、昔はやりの血液・髄液塗抹や腎組織ばかりではなく、昔は聞かれなかった心電図やCT・MRIや造影写真や内視鏡や眼底や鼓膜や皮膚組織も一発診断とはいえ勉強しなくてはならないし、よく知られている遺伝子くらいは問題に出題されてきている。点滴セットをどう組み立てますかとか、英語しか話せない外人にどう答えるかとか、新幹線に乗せてない蘇生グッズはどれかとか、家康の死因はなにかとか、昔は聞かれなかったようなお遊び問題も出ている。「検査や治療としてまずなにをしますか?」なんて問題は、意見が分かれると思うし、読影も放射線科並みに脳構造・肺区分・肝臓区分みたいに基本から読影する問題もあるので、少々不正解でも不合格にならない程度に、写真一発診断のような基本問題は落とさないようにしないといけない。

最後に言っておきたい。やる気のない医局にローテートするのは、教える側も教わる側もお互い迷惑な話だ。

|

2019年12月16日 (月)

和田秀樹「灘校物語」を読んで

Img_6029

「灘校」は見慣れない言葉だと思いますが、灘中と灘高を合わせてこう呼ぶのが、この学校の伝統であり習慣です。

私は、ヒデキさんの1学年下ですので、中高一貫リアルタイムで同じ生活空間を生きてきました。ヒデキさんの受験問題は、とくに算数、まったく解けませんでした。私は、ヒデキさんイチオシの数研「赤チャート」を小6で読んで座標解析や微積分をかじっていたくらい算数・数学には自信があったのですが。選挙の問題で、何票とったら当選かとか落選かといった新傾向問題はまったくムリでした。国語が苦手だったので、算数と理科で上位の成績を取ってリードしなければ合格できませんでしたし、ぜったい落ちていたと思います。1年下で幸運でした。算数・理科が90点、国語が60点だったので。

中学に入ったころは、山口百恵・桜田淳子・森昌子の中3トリオがさかんにもてはやされていたころでした。私は中3トリオやキャンディーズやピンクレディではなく、あべ静江、アグネスチャン、伊藤咲子、太田裕美のファンでした。

ヒデキさんの英語担任は当時レジェンドだった毛利良雄先生でした。私の英語担任だった大前恭司先生は、神戸高校(旧制神戸一中)から灘校にブレインハンティングされ、毛利先生の教材を好んで使用されましたので、親近感がわきます。

1学年上は恐ろしく優秀な生徒がそろっており、忘れられないのはヒデキさんが中3、私が中2のときの中間考査。まじめに勉強して答案作成に当たっていた矢先、4階建て校舎最上階、中3クラス前の便所から突然爆竹の音が炸裂。犯人は中3生でした。中1から高3まで中間考査中の全生徒が騒然となった事件がありました。ヤダとカツタの生徒会長選の激しいアジテーションといい、地理教室の椅子に置いてあって我々が騒然となったザーメン瓶といい、Z会成績優秀者欄の「灘」の行列といい、この学年はとにかくお騒がせの学年でした。東大受験票に学校名の欄があって、ほかの学校は長たらしい名前なのに、「灘」は1文字ですぐわかりましたし、なんか先輩後輩一種の連帯感みたいなものがありました。英語よりドイツ語のほうが点が取れるということで、理3をドイツ語で受験して、その帰り、講道館で柔道着に着替えてひと汗流して関西に戻った猛者もおられたと聞いています。英語の5番、口語が出題されたら超難解でしたものね。

名古屋の河合塾が東京の駿台に殴り込みをかけてきたと書いてますが、かく言う駿台も、京都の老舗・近畿予備校に数年前殴り込みをかけてましたし、目くそ鼻くそといった感じです。

この本は下ネタもふんだんに散りばめてあって、よくもまあ赤裸々に描いたものだと、或る意味、文豪の才、感心しました。昔のことが思い出されるのは、それだけお互いに年をとったということです。

最後に灘校に勝つ道は一つ。旧制一高・三高のレベルまで習得しておけば、百戦して百勝す。日比谷高校ですら百敗していますから。

|

2019年12月13日 (金)

瀬織津姫、またの名を祓戸大神

福永晋三先生の解説が腑に落ちました。

https://www.youtube.com/watch?v=dmDtui1Klg8

古事記最初に登場する神様が、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)。その実態は、筑豊の英彦山(=日子山、ひこさん)に祭られている神様であって、瀬織津姫(せおりつひめ)とも呼ばれていて、絹織物の技術を伝えた女性でした。幸せ=仕合わせ。縦の糸(男)と横の糸(女)が重なり合って、寒さに凍える誰かを暖め、傷ついている誰かを癒すことができるのです。瀬織津姫は、祓戸大神(はらえどのおおかみ)とも呼ばれ、水神、龍神として信仰され、日本全国神社の祝詞(のりと)にしか登場してこない謎の神様でした。

シルクロードの月氏(がっし)から渡来した天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)が、沖ノ島の多紀理比売(たぎりひめ)を連れて、来倭。英彦山の地主だった大物主が、英彦山を譲りました。水神、龍神である多紀理比売が金光(こんこう)七年(576)に許斐山(このみやま)に移され、水がこんこんと湧く自然池に天智天皇が漏刻(天文台と水時計)を築いたようです。

大物主は多紀理比売を娶って三輪山(香春岳・倭三山)に移り住み、インドから渡来した医療・土木技術をもつ少名毘古那(すくなひこな)とともに、国造りをしました。その後、少名毘古那は朝鮮半島に帰国しました。大物主の子孫はインドヨガに基づく修験道をきわめた天狗(八咫烏)として崇められましたが、崇神天皇のころ、いい加減な扱いをしたので大物主の神をしっかり祭ったら疫病がおさまったと記紀にあります。天狗は、鷹の羽(鷹羽=田川)奇数枚で作られた団扇を持っています。

八咫烏は、古くは八岐大蛇(ヤマタノオロチ)、蛇神として崇められており、スサノオがこの一族を征伐して天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)=草薙剣(くさなぎのつるぎ)という鉄剣を奪いましたが、のちに天照大神によってスサノオが討ち取られ、洞窟の中で火あぶりの刑に処せられました。スサノオの一族が島根県出雲に逃亡しました。狗奴国出身の神武天皇が天照大神一族を討ち取り、同じく狗奴国出身の景行天皇が神武血統の日本武尊(やまとたけるのみこと)を攻撃しましたが、日本武尊が死守。神功皇后が神武の子孫を討伐し、天王山・帝階で即位。武内宿禰が大宰府に倭国本朝を建国。越の継体天皇が北九州に侵略しましたが、倭国東朝の支配に留まり、のちに家臣団の長・蘇我氏に牛耳られる。

天武天皇が英彦山の歴史を改ざんして、鷹羽を田川に改名しました。日本書紀に書かれてあるとおり、天武天皇、そりゃ神様に祟られて死にますわな。

星組バウ公演「龍の宮物語」の玉姫(有沙瞳)は、多紀理比売(たぎりひめ)とダブって見えます。みほちゃんは、演技に神がかり的な迫力があり、京都祇園八坂神社の逍遥がお好きだと耳にしていますが、ひょっとして前世は倭国の神官か巫女か斎宮だったのかな。

|

2019年12月10日 (火)

Now on Stage 「龍の宮物語」をみて

すごく観たかった。「観に来てください。」と言われましても、チケットが全然取れなかったのですけれども。

宙組「エルハポン」の公演日とダブっており、バウ「龍の宮物語」のチケット抽選に全力をかけたために、宙組公演が1回しか観られなかった。払った犠牲も大きかったのです。

華陽子ちゃんが有沙瞳ちゃんへ

「ますます妖艶になられたようで。」

ヤンさんの実質相手役時代、ダンサー陽子ちゃんも妖艶でしたよ。

いつも笑顔が絶えなかった有沙瞳ちゃんの表情がどこか寂しげ。水乃ゆりちゃんに何かを託しているかのような優しい目線。

ゆるり・ふんわり・ふたり

「一生涯を描く役をやってみたい。」

ぽっぷ・あっぷ・タイム (涙を流しながら)

「紅さんと綺咲さんに一生ついていこうと思った。」

オタ踊りを懸命に踊ってらして、お二人をきちんとお見送りできましたね。

NOW ON STAGE

「今回お役の玉姫も、一生涯を描いています。」

「今回は、宝塚娘役の殻を破って、一舞台人として演じることができました。」

つまり、星組トップ娘役以外、宝塚歌劇団でやれるだけのことはやったという意味なのか。

来年2月の星組公演は、有沙瞳ちゃんの晴れ姿だけを観るために何回も通いたい。

|

2019年12月 9日 (月)

いま流行っている病気

1 溶連菌感染症

2 伝染性紅斑(りんご病)

3 手足口病

4 感染性胃腸炎

5 マイコプラズマ感染症

インフルエンザA型は鳴りをひそめ、溶連菌感染症が大流行しています。胃腸炎はほぼウィルス性ですが、弱毒性病原性大腸菌O-11,O-20なども混じっていますので注意が必要です。

|

2019年12月 7日 (土)

京都劇団四季「ノートルダムの鐘」をみて

午前診を終え、近鉄特急に乗って嫁と京都駅まで行ってきました。

Img_5994

エスメラルダ 宮田愛

フィーバス 清水大星

この二人に、梶本いやカジモドが絡んでくる。

カジモド 寺元健一郎

そしてもう一人、エスメラルダの体臭のついた布切れの匂いを嗅ぎながらエスメラルダに思いを寄せる男フロローがいた。この性癖をフェチと呼びます。

フロロー 野中万寿夫

エスメラルダらジプシーたちを雇用して率いる「奇跡御殿」座長がクロパン。

クロパン 吉賀陶馬ワイス

Img_5995

讃美歌が迫力満点で、会場全体を荘厳に包んでいてビックリ。ノートルダム寺院に来たような錯覚に捕らわれた。タカラジェンヌの女だけの合唱もいいが、男の声もとってもいい。男の私が、聖歌隊の男の何人かに惚れてしまった。二段目奥の一番上手側の男性と、クロパンにも。

石像が動く人間に変わったり、その人間がスターウォーズ「シス」のようなベールを脱げば、パリ警護兵に早変わりしていました。舞台美術スタッフに拍手。

「梶本(カジモド)!」とフロローが50回くらい、叱り飛ばしていたのには笑ってしまった。美園さくらちゃん「たけぞうさん(宮本武蔵)!」と同様、とてもクセになるセリフだった。

エスメラルダの宮田愛ちゃん、2016年からロングに演じてらっしゃるんですね。インカ帝国の太陽と月のカーテンの前で踊るダンスがエロくて眼福でした。フロローもカジモドもフィーバスもイチコロでした。

火刑に処せられ、灰と化す寸前に、カジモドが勇気を振り絞って、エスメラルダを救い出すも、気管熱傷が重傷でエスメラルダはすでに息絶えてしまいました。カジモドはフロローをノートルダム寺院の高みから投げ飛ばし、フィーバスが嘆き悲しむなか、エスメラルダは天国に召されます。

男が女をエロい目で見るのは神が与えたもうた本能なのに、なんで罪なのかさっぱりわかりません。真言宗「理趣経」は色欲を肯定しました。フロローがエスメラルダにエロを感じ、エスメラルダがどうやっても自分のモノにならないと知るや、悪魔と判決を下して火刑に処すあたり、男尊女卑で狂った施政者が支配する、こんなパリには、いつの世も住みたくないと強く思いました。そもそも、パリを建設したメロヴィング朝もひどかったし、百年戦争も、国王の血が青かった絶対王政も、フランス革命も、パリコミューンも、テロの現代もひどいものだ。

神を信じないジプシー → 悪魔 → 悪魔は殺しても罪でなく徳となって天国に行ける

国王 → 市民(シュトワイアン&シュトワイアンヌ)の敵だ → ギロチンにかけろ

資本家 → 革命の敵、労働者の敵だ → 殺して財産を奪い取れ

憲法第9条を改正しろ → ネトウヨ、好戦者、独裁者だ → マスコミで宣伝し社会的に抹殺せよ

中国はウィグル・チベット・海洋侵略をやめろ → 習近平の敵 → 抹殺、粛清せよ

宗教も共産主義もファシズムも思考パターンはバカのように短絡過ぎている。やってしまった後のことを全く考えない。

宝塚歌劇団は頬にマイクをつけているが、劇団四季は額にマイクを付けていた。

|

2019年12月 5日 (木)

倭国と扶桑国

米田良三先生の説と福永晋三先生の説を合わせれば、古代日本史が見えてくる。

倭国 = 倭国本朝

扶桑国 = 倭国東朝

*倭国の皇統

桐壺帝(日出処天子・上宮法皇)→朱雀帝→冷泉帝→今上帝→薩夜麻(大海人皇子/天武)と中皇命

*扶桑国の皇統

推古→皇極→孝徳→斉明→天智(中大兄皇子)

薩夜麻が豊璋(百済王子)とともに、いち早く百済入りしており、630年唐・新羅連合軍に敗れて、捕虜として唐に送還されている。倭軍の総大将は誰だったのだろうか?倭軍の総大将が万葉集に登場する中皇命(なかつすめらみこと)だとすると、中皇命は663年白村江の戦いで戦死。中皇命と薩夜麻は実の兄弟帝だった可能性が出てきた。「源氏物語」の中で、薩夜麻と中皇命の生い立ちについて書かれた部分が「原中最秘抄」として宮内庁に門外不出とされている可能性がある。日本書紀は、中皇命を中大兄皇子とダブらせて偽って書かれてある。

扶桑軍の総大将は斉明天皇で、661年斉明崩御と同時に、中大兄皇子が天智天皇として即位したことになる。唐・新羅・扶桑国の三国密約によって、天智天皇は、斉明の殯を口実にして663年白村江の戦いに参加していない。唐の進駐軍が大宰府(倭京)に664年進駐した際、天智天皇はのうのうと閲兵している。福永説では、天智と天武は筑豊で起こった壬申の乱で直接対決したとのこと。天智と大友皇子は自害。

扶桑国は豊の国(福岡・大分)に都を建設するにあたり、並行して奈良明日香にも新都を建設し始めていたのではなかろうか。倭国は羅城と水城を造っていたわけだし。万一、軍事同盟が破れて唐と戦争になった場合に備える意味もあって。倭国が唐・新羅との軍備(徴兵・造船・武器製造)に気を取られているすきに、遣唐使を派遣して三国密約を進めている。(徴兵を効率よくするためには戸籍がぜったい必要だ。)扶桑国にも国際事情に明るい人物が蘇我氏親子以外にもいたはずだ。ここら辺、九州一辺倒の福永説には違和感を感じる。飛鳥浄御原宮を豊国から奈良に遷都するとしても急にはいかないはず。

筑豊の福原長者原遺跡が、一寸たがわず奈良の藤原京と同じサイズで同じ構造だったとは驚きました。これ、ものすごく大切な証拠です。藤原京発掘を担当した考古学者が言うのですから。

春すぎて 夏来たるらし 白妙の 衣干すてふ 天の香久山

持統天皇が、藤原京ではなく、福原長者原遺跡から香春三の岳(天の香久山)をみて詠んだ和歌でした。

|

宝塚歌劇雪組DVD「Congratulations 宝塚!!」をみて

今日は休診、昨夜から雪組DVD三昧です。「Shall we ダンス?」のプロローグで、愛加あゆちゃんを囲む6人娘役の中に、有沙瞳ちゃんを発見して喜んでいました。2013年11月金曜日収録だから、くらっちは研2。タカラジェンヌにはタキシードとドレスを着てワルツをどんどん踊ってほしい。シンプルが一番、夢見心地になれると思う。金曜日収録のとき、1階後部座席がけっこう空席だったが、今では考えられない。音月桂と彩吹真央のゴタゴタのせいだろう。花組時代、蘭寿とむの陰にまわってしまった壮一帆にトップのチャンスが巡ってきた。おさ・あさと同様か。このあと、花組から望海風斗が雪組にやってくる。

「Congratulations 宝塚!!」の銀橋渡りメンバーで、当時中堅の序列を勉強しました。ダンサーの沙月愛奈とシンガーの舞咲りんは別格。白衣のショーは、大浦みずき「ジャンクション24」の変化形。

透水さらさ・永久輝せあ・星乃あんり

彩風咲奈・夢華あみ

蓮城まこと(キング)・鳳翔大・香綾しずる

夢乃聖夏・大湖せしる

彩凪翔

(早霧せいなイケメンワンマンショー)

壮一帆・愛加あゆ

この当時の劇団は、彩風咲奈と夢華あみを推していたんだね。デュエットダンスが別格の扱い。この後に生じる中堅の大量退団で、娘役下級生にトップのチャンスが巡ってきたわけか。まさか月組から咲妃みゆちゃんが、星組から真彩希帆ちゃんが立て続けに落下傘してくるとは。それぞれ同期の夢華あみちゃんと有沙瞳ちゃんがビックリするわな。

|

2019年12月 3日 (火)

花組新人公演

聖乃あすかさんと都姫ここちゃんのカフェブレイクを観ました。「A Fairy Tale」の大役を任せられただけに注目しています。

売布神社くんが、「実は俺、この子が好きなんや。めちゃくちゃ綺麗でめっちゃタイプなんや。」とスマホで見せてくれたのが、都姫ここちゃん。たしかにかわいい。104期娘役は、月のきよら羽龍ちゃんと、花の都姫ここちゃんがトップ路線まっしぐら。

星のせーら(星蘭ひとみ)が専科組替えには驚いた。いろんなブログで、遥くらら、純名里沙、檀れい、千紘れいかさんが引き合いに出されているようですが、羽根知里ちゃんもお忘れなく。北大路欣也主演のテレビドラマで一目惚れして、花組から月組にファン転向して、宝塚大劇場の舞台で、はねちゃんを探した思い出があります。はねちゃんがトップだとばかり思ってたら、麻乃佳世ちゃんで二度ビックリしました。

|

2019年12月 1日 (日)

三井寺にて紅葉狩り

嫁とJR快速に乗って、大津京駅下車、タクシーで三井寺に行ってきました。帰りは、徒歩でびわ湖浜大津駅に行き、京阪石山駅までお京阪に乗って、JR新快速に乗り換えてJR芦屋まで帰還。

金堂内部に入って、特別公開の護法善神と金色不動明王と結縁してきました。

文化財収蔵庫では、勧学院の狩野光信の障壁画と、足利義満自筆の書を観てきました。

観音堂では、如意輪観音坐像を観てきました。

Img_5934 Img_5935 Img_5936 Img_5937 Img_5939 Img_5940 Img_5943 Img_5945 Img_5946 Img_5950 Img_5952 Img_5954 Img_5955

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »