« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月30日 (月)

昨日メッセンジャー、今日明日海りお

昨日はサンテレビでメッセンジャーの引退セレモニーをリアルタイムで観た。こんなに引退セレモニーを全部放映するのはサンテレビだけだと自慢していたアナウンサーや桧山や広澤がおかしかった。ランディと言えばバースだが、メッセンジャーも加えることにした。

メッセンジャーの熱い抱擁とキスは忘れません。阪神タイガースの勝利試合を計算できたことはとても助かりました。お疲れ様でした。

さあ、今日勝てば阪神タイガース、クライマックスシリーズ進出が決まる。がんばってくれ。

今朝からリアルタイムで、明日海りおの入り退団セレモニーを観ています。かっこいいですね。

しろきみ(城妃美伶)ちゃん、かわいい。

|

2019年9月29日 (日)

丹波柏原(かいばら)を訪ねて

中国自動車道から舞鶴自動車道と乗り継いで、秋の味覚を求めて、柏原(かいばら)の中島大祥堂に行ってきました。

Img_5354_20190930084101 Img_5356Img_5358

|

第223回大阪小児科学会

昼過ぎ、名神高速で吹田インターを降り、大阪大学銀杏会館(ミネルバ)に行ってきました。

Img_5350

(ii)単位 0個取得 通算4個

(iii)単位 0個取得 通算22個

(iv)単位 1個取得 通算8個

 

(ii)単位は、最大10個までしか認められない。すでにアガリ。

(iii)単位は、最低20個必要。(ii)単位+(iii)単位で30個必要だから、あと4個でアガリ

(iv)単位は、10個必要だから、あと2個でアガリ

|

2019年9月28日 (土)

タカラジェンヌ血縁メモ

宙組退団者の発表がありました。研2(104期)で退団される方もいて、タカラジェンヌになれなかった多くの人たちのことを思うと何とも言えない気分です。Wikiをみていて、びっくりしたのでメモっておこ。

104期花組 珀斗星来(はくとせいら) 

姉が白雪さち花。マジか、えらい年齢が離れている。プロ中のプロのお姉ちゃんに教わることが山のように多い。

104期月組 咲彩いちご(さあやいちご)

母が舞希彩。マジか。涼風黄金期に月組にいた美人で、歌声がデカかった。麻乃佳世、羽根知里、朝吹南がトップ争いのライバルだったような。

104期雪組 千早真央(ちはやまお)

姉が101期宙組美人の水音志保。ともに千葉東高(旧千葉高女)で才女。妻を娶らば才長けて、見目うるわしく情けある。

あとは言わずと知れた有名な、

104期花組 美里玲菜(みさとれいな)

姉があーちゃん(綺咲愛里)。

104期宙組 楓姫るる(ふうきるる)

妹が105期月組の静音ほたる。双子の美人姉妹。

100期月組 希良々うみ(きららうみ)

妹が103期星組 星咲希(ほしさきのぞみ)。

|

2019年9月23日 (月)

里山工房くもべを訪ねて

有沙瞳ちゃんが出演した「ゆるり ふんわり ふたり。」のロケ地に行ってきました。

Img_5315 

篠山市の雲部小学校が廃校になったあと、喫茶軽食屋に改造して、近所の住民たちが共同経営しているようです。

Img_5318 Img_5320

くらっちが注文して食べていた、くもべ定食、シフォンケーキを食べてきました。食材の味をそのまま生かしており、シフォンケーキもフワフワしすぎてなくて、とてもおいしかったです。

Img_5296 Img_5298

くらっちが背負ったピンクのランドセルがかかっていました。ヒガンバナが綺麗でした。

Img_5302 Img_5305

教室の黒板に、花組の飛龍つかさファンが先客で来ていたようなので、くらっちの応援メッセージを書いておきました。

Img_5310

篠山城跡の城下町を散策。

Img_5325

丹波古陶館を観ました。

Img_5322

能楽資料館を観ました。いろんな能面があっておもしろかったです。

Img_5323

|

2019年9月21日 (土)

大阪松竹座「蘭RAN」をみて

午前診を終え、近鉄快速電車で学園前から難波に行き、徒歩10分足らずで大阪松竹座に到着。

Img_5285

みっちゃん(北翔海莉)の星組トップ時代はまったく知らない。ふうちゃん(妃海風)との「Love&Dream」をDVD買って見ただけ。でも2013年、龍真咲・愛希れいか主演の月組公演「ルパン」にメインゲストとして出演していた時の演技や歌はリアルに2回観た。すごくよかったし、ちゃぴも男なので、男祭りだったことは覚えている。

今回、嫁といっしょに2階席から観たが、活舌がよく、もちろん歌はうまいし、アドリブもよくきいている。ただ、男性俳優たちのセリフがまったく聞こえにくかった。うしろのおっさんたちも、幕間に「聞こえにくい。」と言ってた。近くに、みっちゃんへの爆竹拍手するおばはんがいたが、なんとかならんのかいな。第二部で真後ろのおばはん二人組は、「耳が痛いわ。」としかめ面してどっか席を替えていなくなってたで。北翔海莉の出来がいいのは十分承知している。宝塚歌劇星組ファンも一枚岩でない。アンチ紅、アンチ北翔、アンチ妃海、アンチ綺咲が寄り添って生きていることをお忘れなく。私は綺咲愛里ファンなだけで、あとの3人はすべてアンチだ。あーちゃん(綺咲愛里)退団後は、くらっち(有沙瞳)ファンとなるのだから、アンチひっとん(舞空瞳)にならざるを得ない。トップを争った仲として。「ベルリンわが愛」以来、ジェンヌ美人五本指にはいる、あーちゃんとくらっちの並びが大好きで、高いチケットを買って20回近く観劇してきた。DVDでは紅中心の映像なので、自分が好きなシーンは現場でオペラグラスを使って自分流にクローズアップして観るしかない。くらっち、苦手そうなダンス、よくぞ、あーちゃんについてきてくれた。

Img_5286

座長の藤山扇治郎は、北翔海莉と結婚して、だいぶ助かっているんじゃなかろうか。ワンマンショーを開く実力がある新妻に頭が上がらないはずだ。丁稚に扮して、私にとって非常に懐かしい「藤山寛美」が垣間見れたことはうれしかった。もっとセリフの活舌をよくしてもらいたかったが。固定ファンの多そうな大川良太郎が藤山扇次郎に放ったセリフ「左近(北翔海莉)は背の高い男が好きなはずじゃ。」、それにまちゃみ(久本雅美)のセリフ「高嶺の花と低い雑草みたいなもんじゃ。」には笑ってしまった。

関西で生まれ育った私がこどものときからみてきたのは、藤田まこと・白木みのるの当たり前田のクラッカー「てなもんや三度笠」と、藤山寛美・小島慶四郎のあほぼん松竹新喜劇と、岡八朗・木村進・トラック運転手あがり間寛平のギャグ吉本新喜劇だった。モンキー&猫の異種間交尾で大器晩成した池乃めだかはそのころはまったく人気がなかった。

まちゃみ(久本雅美)がみっちゃん(北翔海莉)と掛け合うシーンで、ダンスのまねごとをしてターンして倒れたときは笑ってしまった。タカラジェンヌになりたかったんだよな、まちゃみ。

なんか屁理屈はよくわからなかったが、みっちゃんの早変わり連続技は、宝塚歌劇トップスターの伝統芸やな。

みっちゃんのおなじみアドリブコーナー。饅頭を客に配りながら、「松竹座は全国に8か所あって、今は大阪にしか残っていません。〇、〇、〇、・・・、さて残る一つはどこでしょうか?」答えは札幌。うーん、北海道行って松竹新喜劇は観んわな。北海道大学クラーク像&植物園、時計台、毎度のすすきの、羊ヶ丘展望台、サッポロビール園、阿寒湖マリモ、霧の摩周湖、洞爺湖温泉、登別温泉、硫黄&ヒグマの川湯温泉、サロマ湖、網走刑務所、稚内最北端碑、知床半島、釧路港、小樽運河&オルゴール&寿司、夕張炭坑、十勝平野バス(レンタカーじゃワイン飲めないよ)&池田ワイン、帯広幸福駅、旭川動物園&アイヌ村、室蘭360度展望岬、森駅いかめし、函館展望台&五稜郭&朝市。全部行ったわ。

種痘の話がぼけていてわかりにくかったが、天然痘患者のカサブタを少しだけ、おゆき(桑名里瑛)に接種して、できたカサブタをもらって、次の健常者に接種していきます。ただほんとうに天然痘を発症してしまうことがあるのが難点で、牛を使った牛痘に切り替えられました。緒方洪庵は人痘を使っていました。おぼこいおゆきは、知らないうちに(インフォームドコンセントなしに)生命の危険にさらされていたわけです。おゆきの接種部位のカサブタが治って落ちてしまったら、おゆきの商品価値がなくなるので、10日が限界という話になったんじゃないのかな。おゆきのカサブタは天然痘患者のカサブタより安全に使えるのです。時間をおかずに次から次へと、より安全になっていくカサブタを接種していく必要があるのです。モタモタしていては一からやり直し。私は種痘を定期接種で受けています。

ロタリックスはヒト型ウィルスを、ロタテックはウシ型ウィルスを利用しているので、ロタテックのほうが親へ二次感染を起こしにくいと私は考えますが、まあロタリックスも同等に安全です。

北廻船が下関に寄った際、長州藩士・椋梨武三(丹羽貞仁)がドル箱おゆきの存在を知り、誘拐するわけです。よろずの山城屋(小林功)は、中天遊(石倉三郎)も椋梨武三(丹羽貞仁)もだまして、大金を持ち逃げしようとして、在天によって捕まりますが、将軍家・老中にまで金権汚職がばれることになるので、無罪釈放されます。なんやそれ、まあ、そんなもんかな。在天とは、1000年続く大坂の自警組織で、若狭(大川良太郎)と左近(北翔海莉)が暗躍します。妹おゆきを助けに走るおあき(松村沙瑛子)、おあきを守ろうとする中耕介(上田堪大)、禁書購入役を引き受けたばかりに事件に巻き込まれおろおろする緒方洪庵(藤山扇次郎)あやうし。禁書を使って人のために尽くそうとする緒方洪庵の生き方に感動した左近が緒方洪庵をしっかり守ります。敵はワクチンを高価でも買える金持ちだけに接種して大金儲けしようとする商人。倒幕資金に替えたい長州藩が横取りを狙う。

|

2019年9月19日 (木)

山の辺の道を歩いて(石上神宮~大神神社)

9:09大和西大寺発、天理行き急行で天理に20分で到着。天理駅改札でマップを取り、駅のコンビニで、昼食用にペットボトルとおにぎりを買い、いざ出発。

石上(いそのかみ)神宮。百済・聖明王から応神天皇に授かった七支刀があります。

物部氏の総本山。祭神は、布都御魂大神、布留御魂大神、布都斯魂大神。

Img_5738 Img_5743

平安時代に創建され、伽藍が立ち並んでいた内山永久寺。芭蕉や沢庵和尚も訪れていて歌を残しました。

Img_5751 Img_5753 Img_5755

夜都伎(やとぎ)神社。春日大社からお下がりをもらってきた神社だそうです。

Img_5770 Img_5772

Img_5779

西山塚古墳。

Img_5791

灯籠山古墳。

Img_5793

大和神社の御旅所。日本最古の神社だそうです。

Img_5797

長岳寺。淳和天皇の詔勅で空海が824年に創建。1151年(仁平元年)に彫られた阿弥陀三尊がすばらしかった。玉眼を使用した仏像としては日本最古。玉眼は鎌倉時代に大流行したが、その最先端を走っていたのがこれ。平重盛が焼く前の、奈良時代の東大寺大仏と同じ配置をしたミニチュア版なのです。

真ん中に阿弥陀如来坐像。(東大寺では阿弥陀仏が毘盧遮那仏にすり替えられました。でも左右には観音菩薩半跏思惟像と勢至菩薩半跏思惟像が脇侍として並んでいました。つまり阿弥陀三尊をなしていたのです。)

向かって右に、観世音菩薩・半跏思惟像

向かって左に、勢至菩薩・半跏思惟像

Img_5810

空海が作ったそのまんまの、日本最古の鐘楼門。

Img_5808

西大寺中興の祖、叡尊(興正菩薩)が立てた十三重石塔。

Img_5817

崇神天皇陵。

Img_5825

この近くで、この景色を眺めながらおにぎりを食べました。

Img_5826

景行天皇陵。いい場所に住んでいるね。息子の日本武尊(ヤマトタケル)もこの景色を見ていました。ヤマトタケルが歌った有名な歌。

大和は国のまほろば たたなづく青垣 

山ごもれる 大和しうるわし

Img_5835

Img_5856

Img_5848

大和三山を眺めました。すばらしい絶景スポット。

Img_5840 Img_5841

桧原(ひばら)神社。災厄を恐れた崇神天皇が、天照大神(八咫鏡)を草薙剣から分離してここに安置しました。皇女・豊鍬入姫命が日本最初の斎宮として、いったんここで八咫鏡をお守りし、いまの伊勢神宮に八咫鏡を再び移しました。ちなみに草薙剣は、ヤマトタケルが名古屋の熱田神宮に安置しました。

ツクツクボウシが鳴いて、吹く風も涼しく、30分くらいベンチに座って過ごしました。

古代イスラエル王国からシルクロードを渡って日本にやってきた秦氏=越後屋=三井銀行の象徴、三鳥居。

Img_5863 Img_5868

壬申の乱の最大の功労者だった高市皇子(たけちのみこ)が飲んだという山清水がいまも沸いています。

山吹きの 立ちしげみたる 山清水

汲みに行かめど 道の知らなく

684年、白鳳大地震を契機に、筑紫・豊から大和入りした高市皇子は、686年、天武天皇の死後、690年、持統天皇として即位し、倭京(大宰府)を模した藤原京を建都。しかし689年に最愛の草壁皇子を亡くし吉野への行幸三昧だった義母の鸕野讚良(うののさらら)によって、696年の(壬申の乱で負けた)天智天皇復権クーデタを経て、701年の戒厳令にも等しかった大宝律令のころまでには歴史ごと抹消されました。鸕野讚良は悲嘆に暮れたふりをして、吉野で仲間を募り念入りなクーデタの計画を練りに練っていたのかもしれません。草壁皇子の遺児だった文武天皇を697年に傀儡として即位させると、自ら太上天皇として政治をおこないました。ここからの鸕野讚良には誰も逆らえませんでした。海の向こうの大唐帝国の則天武后とまったく同じでした。遣唐使だった粟田真人が鸕野讚良を則天武后に紹介し、心からの親交を深めることができました。 699年、天武・持統(高市)天皇の命令で、玄界灘に入水自殺した天智天皇の御陵を築くことが許されなかった天智天皇陵をやっとの思いで、帰化人たちがたくさん住む山科に築くことができました。鸕野讚良自身は、行基の勧めで火葬してもらい、愛する夫の天武天皇と合葬してもらうあたり、 可愛い一面もあります。
天智直系の志貴皇子や白壁皇子(のちの光仁天皇)がやったように、わざとアホのふりをしていたのか、それとも父を殺された腹いせだったのか、天武直系の高市天皇の親王であった長屋王は、藤原不比等をはるかに凌ぐ大邸宅に住み、新羅など外国からの使者たちと大宴会を毎晩のように開いて、大いに気勢を張っていました。飼い犬の餌として白米を与えていたくらいですから。人間様でもなかなか食べられなかった白米をです。結局、聖武天皇をだまし動かした藤原四兄弟によって殺されましたが。

Img_5872 Img_5877

玄賓庵(げんぴんあん)。法相宗の玄賓僧都が創建。最澄や空海と同時代を生きました。不動明王像があるそうですが非公開です。

Img_5882 Img_5879

狭井(さい)神社。

Img_5895

大神(おおみわ)神社。終点です。

Img_5899 Img_5898 Img_5905

万葉まほろば線(JR桜井線)で、三輪駅からJR奈良駅に移動。三条通を歩いて小西通を通って近鉄奈良駅に行き、大和西大寺まで無事に帰還しました。

|

2019年9月18日 (水)

月組娘役

美園さくらちゃん(99期)の次のトップ娘役は激烈を極めています。月組の人気からみてトップ交代が近いかもしれません。お相手は、れいこさん(月城かなと)。ひょっとして短期で、ちなつさん(鳳月杏)をトップに挟んでくるのも夢ではないでしょう。

100期 桃歌雪、妃純凛、夏風季々

101期 天紫珠李、結愛かれん、花時舞香、佳乃百合香

102期 天愛るりあ、菜々野あり、蘭世惠斗、摩耶裕

103期 白河りり、羽音みか、まのあ澪、あまの輝耶

104期 きよら羽龍、美海そら、咲彩いちご

105期 詩ちづる、静音ほたる、朝香ゆらら、奏羽美緒

太字はトップ戦線一歩リード。105期の詩ちづるちゃんは人気も高くぶっちぎってしまうかも。性転換組の天紫珠李ちゃん、蘭世惠斗ちゃんも猛追しているし、音校トップ入学で卒業試験を病欠?して最下位に甘んじた摩耶裕ちゃんも実力すごそう。ダークホースでトップレースをぶっちぎれるか注目しています。みんなカワイ子ちゃんだけど、特にTwitterで人気のビジュアル抜群、夏風季々ちゃん、あまの輝耶ちゃん、美海そらちゃん、静音ほたるちゃんもまだまだこれから。

|

2019年9月15日 (日)

神戸ハーバーランドへ

空は快晴、43号線は渋滞していましたが、神戸ハーバーランドへ神戸を満喫しに行ってきました。

Img_5187 Img_5184

|

2019年9月14日 (土)

いま流行っている病気

1 感染性胃腸炎

2 伝染性紅斑

3 溶連菌感染症

|

2019年9月13日 (金)

平城宮趾にて月見

今日は中秋の名月。虫の声を聴きながら、自宅から徒歩5分、平城宮趾でお月見をしてきました。

大極殿

Img_5716

中秋の名月と朱雀門

Img_5722

Img_5139

|

2019年9月10日 (火)

期待のつぼみたち

私が注目している、つぼみの美人タカラジェンヌ。メインの陰にも美しい花が咲いています。

花にのああり (桜月のあちゃん)

月にかぐやあり (あまの輝耶ちゃん)

雪にすわんあり (麻花すわんちゃん)

星にのああり (麻丘乃愛ちゃん)

宙にひばりあり (山吹ひばりちゃん)

|

2019年9月 9日 (月)

静かになった近鉄電車

近鉄電車の車内放送は、日本語、英語、中国語、韓国語が流れ、うるさくて仕方なかったのですが、ついに聴覚から視覚に転換してくれました。ずいぶん静かになりましたよ。

Img_5106 Img_5107

地元民しか知らない、あるある話。

|

2019年9月 8日 (日)

香港暴動

茂木誠先生のYoutubeを拝見しました。

来る10/1は中華人民共和国70周年建国記念日。

外資系上海閥の韓正と、中華民族主義の習近平との権力闘争が香港暴動の原因である。

香港の惨状をみて、台湾は一国二制度を捨てる見込み。アメリカは米韓同盟を破棄して、香港に肩入れする見込み。ファントム戦闘機を配備完了。

日米同盟に香港と台湾が加盟。シーパワーは結束が肝心。

いよいよ情勢が緊迫してきたようです。

|

2019年9月 7日 (土)

祇園ぶらぶら

祇園、先斗町をぶらぶら歩いてきました。

Img_5081 Img_5080 Img_5082 Img_5083 Img_5084 Img_5085 Img_5087 Img_5089Img_5090Img_5091

|

2019年9月 6日 (金)

雪組雑感

壬生義士伝の新人公演のダイジェストを拝見しました。102期の彩海(あやみ)せらさん、芝居も歌も本役さんに迫るうまさですね。安定感を感じました。星組100期の極美慎くんと同様、甘いマスクだしこれからの活躍に期待しています。

99期の彩(いろどり)みちるちゃんが主役だと芝居がグッと締まりますね。芝居が天才的にうまいし、歌もうまいし、次のトップ娘役もあり得ると思いました。がんばってほしいです。

|

2019年9月 5日 (木)

京都国立博物館「京博寄託の名宝」展をみて

昼から近鉄特急に乗って、七条の京博まで行ってきました。テーマはぼやけていますが、館内は空いており、掘り出し物のお宝を並ばずに観ていくことができました。

餓鬼腹茶入(がきばらちゃいれ) 足利尊氏所用の茶入れ

色絵蓮華香炉(いろえれんげこうろ)

三彩兕觥形香炉(さんさいじこうがたこうろ)

建窯 灰被天目(はいかつぎてんもく)

建窯 建盞(けんさん)

国宝 金銅小野毛人墓誌(こんどうおののけみしぼし) 小野妹子の子、小野毛人の墓誌

国宝 金銅威奈大村骨臓器(こんどういなのおおむらこつぞうき)

国宝 金銅藤原道長経筒(こんどうふじわらみちながきょうづつ)

国宝 金銀鍍双鳥宝相華文経箱(きんぎんとそうちょうほうそうげもんきょうばこ)

国宝 金銀鍍宝相華文経箱(きんぎんとほうそうげもんきょうばこ)

再びお目見えの二つの絵。

国宝 平重盛像

国宝 源頼朝像

泉涌寺(せんにゅうじ)から3つの絵が揃い踏み。

道宣(どうせん)・元照(がんじょう)・俊芿(しゅんじょう)

国宝 赤釈迦

安楽寿院 孔雀明王像

琳派展以来のお目見え。

国宝 俵屋宗達 風神雷神図屏風 建仁寺

長谷川等伯 山水図襖 隣華院

海北友松 雲龍図 建仁寺

狩野正信 竹石白鳥図屏風 真珠庵

国宝 狩野永徳 花鳥図襖 聚光院

狩野山雪 雪汀水禽図屏風 水にもぐる鳥と見つめ合う鳥がよかった

国宝 与謝蕪村 夜色楼台図 

国宝 普悦 阿弥陀三尊像 清浄華院

国宝 李唐 山水図 高桐院

国宝 秋景・冬景山水図 金地院

国宝 孔雀明王像 仁和寺

国宝 十六羅鑑像 清凉寺

国宝 空海 灌頂歴名 神護寺 泰範の名前が

国宝 藤原行成 書巻 本能寺

国宝 古今和歌集 曼寿院

国宝 後鳥羽上皇宸翰(しんかん) 隠岐に流される直前の遺書。手形の印が押してあった。

国宝 後嵯峨天皇宸翰 後嵯峨天皇真筆はこれだけらしい。

国宝 運慶願経 真正極楽寺 運慶が依頼した法華経。

国宝 妙心寺 墨蹟「関山」宗峰妙超(大燈国師)の真筆 道号と呼ばれる、大徳寺開山の宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が、妙心寺開山の関山慧玄(かんざんえげん)に授けた芸名。

国宝 東福寺 墨蹟「首座(しゅそ)」

国宝 東福寺 墨蹟「浴司(よくす)」

国宝 剣 金剛寺

国宝 宝相華迦陵頻伽蒔絵𡑮冊子箱(ほうそうげかりょうびんがまきえそくさっしばこ)仁和寺

国宝 宝相華蒔絵宝珠箱(ほうそうげまきえほうじゅばこ)仁和寺

国宝 宝相華蒔絵経箱(ほうそうげまきえきょうばこ)延暦寺

秀吉の陣羽織

家康の羽織

|

三十三間堂を訪ねて

ついでに三十三間堂も巡ってきました。

千体仏が国宝指定されたそうで、その記念写真集を買ってきました。千体仏全員のお顔の写真がとてもいい。

|

2019年9月 4日 (水)

平安時代は歴史偽造の時代

倭国の歴史を抹殺するため、平安時代は倭国のすぐれた文化を小出ししているだけにすぎない気がする。

私鋳銭が作られて信用を失っても、貴重な銅を用いて皇朝十二銭が鋳造され続けた理由もそこにある。古銭は全部、山口県の長登(ながのぼり)銅山の銅が使われてきた。倭国で流通していた銅銭を何枚か持っていて、それを原型に何度も新鋳造を繰り返し、平安帝の名前を倭国の帝の名前になぞらえて、倭国の幸福な善政を平安時代になぞらえている。ところが平安時代の現実はひどいもので、ひどすぎる貧富の差、重税にあえぐ民衆、飢餓、人道にもとる蝦夷征伐、戦争、疫病、権力闘争による暗殺。最澄や空海がもたらした技術や才能をもってしても、どうにもならないひどい時代だった。

平安時代を生きた藤原氏が憧れていたのは倭国の帝がおこなった善政であった。あんな風に立派なまつりごとがしてみたいと。あんな風にあの世では阿弥陀如来に救われてみたいと。古今和歌集も倭国の古歌をもとに作られた。

富本銭を奈良で作ってみました的な感じ。でもやっぱりどう使っていいのかわかりませんでした的な。

宇佐小椋山にあった大仏(阿弥陀如来)も、山口県の長登銅山の銅が使われ、破壊された大仏の下半身部分が聖武天皇の世に奈良に移された。

倭国の寺院は耐震構造を備えていたが、奈良・平安時代にはその技術に気づかず退化して、地震による倒壊をくりかえしている。倭国時代、多くの官僚や武装軍人や技術者をあれほど何度も任那や馬韓へ安全に運んだ造船技術も、奈良・平安時代には退化して、遣唐使船が難破沈没を繰り返している。単に渡航ルートが変わったからなのか甚だ疑問だ。

|

2019年9月 1日 (日)

ここらでカフェブレイク

今月は宝塚大劇場観劇はなし。久しぶりのんびり過ごせます。セディナ割引で、みっちゃん(北翔海莉)の演劇を見るくらいかな。

身はたとひ 花組の子に なろうとも

留め置かまし 雪組魂

雪の御曹司(永久輝せあ)が、マイティ(水美舞斗)と一騎打ち。マイティは、わたくし花組オールドファンの目からみて最も花組トップにふさわしいと思うけど。相手は、しろきみちゃん(城妃美伶)で。雪組は、さき(彩風咲奈)から、あーさ(朝美絢)へバトンリレーかな。

Twitter情報、ぽっぷあっぷTimeで、くらっち(有沙瞳)が涙を流したとか。かわいそう。バウ「龍の宮」は万難を排してチケットを取りに行かねば。

来月は月組公演「オーストリア」に6回行きます。大人気のまこっちゃん(礼真琴)「モーツァルト」とチケットセット販売されており、美弥るりかさんと海乃美月ちゃんの扱いがひどすぎて空席がかなり目立っているようですが、歌もダンスも安定の、たまきち(珠城りょう)とさくらちゃん(美園さくら)トップコンビが日の丸背負った晴れ姿をめっちゃ期待しています。うみちゃん(海乃美月)、さちか(白雪さち花)、ちなつ(鳳月杏)、れいこ(月城かなと)、あり(暁千星)のトップスター級もバッチリ揃ったし。

https://www.youtube.com/watch?v=yzvX5fTsLo0&t=288s

あとは彩風咲奈・潤花(トッププレお披露目?)「ハリウッドゴシップ」と、雪組全国ツアーin梅芸。

|

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »