« 宝塚歌劇花組「カサノヴァ」観劇 (2回目) | トップページ | いま流行っている病気 »

2019年3月 9日 (土)

JOYSOUND柏原(はいばら)でカラオケ

奈良から西宮に帰るのに、丹波篠山の柏原(はいばら)まで寄り道しました。

田舎ほど、最新式のカラオケ機械があって、しかも空いています。フリータイムで申し込んで、19時から22時まで歌いました。宝塚歌劇関連では、「ル・ポアゾン」「青きドナウの岸辺に」「霧深きエルベのほとり」がなく、映像もジェンヌOG一切なし。

歌ったのは、

「TAKARAZUKA FOREVER」 「愛あればこそ」 「すみれの花の咲くころ」

「リンゴの唄」

青森出身、宝塚歌劇団星組娘役スターの紫りらちゃん、並木路子の若いころにそっくりです。佐田啓二の息子、中井貴一と紫りらで、松竹映画が「そよかぜ」をリバイバルしてほしい。

「青い山脈」 「青春のパラダイス」 「ゲイシャワルツ」 「海ゆかば」 「夜来香(イエライシャン)」

吉永小百合が画面に登場。次は、「祇園小唄」「君恋し」、そして倍賞千恵子ちゃんの「下町の太陽」に挑戦したい。

米米CLUB「浪漫飛行」 森田公一とトップギャラン「下宿屋」

かまやつひろし「我が良き友よ」

三高逍遥歌「紅もゆる」 一高寮歌「嗚呼玉杯に花受けて」

|

« 宝塚歌劇花組「カサノヴァ」観劇 (2回目) | トップページ | いま流行っている病気 »