« 明治維新について | トップページ | ほっとしました »

2018年9月25日 (火)

宝塚歌劇雑感2

ハナちゃんが辞めた直後の宙組は知らなかったが、映像を見返してみると大変だったみたいだ。私が宙組に戻ったのは、大和悠河トップ時代。安定期しか知らない。

 

タカハナに抑圧されていた組子がヒステリックに持て余したエネルギーを爆発させているお祭り騒ぎにしか見えない。幕末「ええじゃないか」級の底力のすごさが半端ない。20世紀末の星組が解体されて、選りすぐりのダンサーやシンガーが新生宙組に大集合。才能ある組子のトップへの道が絶たれ、まさに才能の生殺し状態だったんだな。清原・松井・落合・小久保時代の読売ジャイアンツ状態だ。はいはい、長島巨人を紅白2組に分けて、日本シリーズやってりゃいいだろ。何人かは他の組のトップになれてよかったものの、大半は力尽きた感じ。

|

« 明治維新について | トップページ | ほっとしました »