« 田中秀臣先生「みんなが知らない経済のはなし」 | トップページ | 宝塚歌劇雑感2 »

2018年9月24日 (月)

明治維新について

旧幕臣や雄藩の活躍ばかり論じられるが、なぜ商人の活躍を論じないのか?

彼らは、公家のような「臆病者」でもなく、徳川慶喜のような「徳川第一主義の非国民」でもなく、武士のような「私怨の狼藉者」でもない。

商人たちは、古い慣習に縛られることなく、サロンを形成して身分無礼講で自由に討論を交わし、常に冷静な目で状況判断をして、必要に応じて武士と公家を経済支援してきたのである。ひたむきな読書と、私利私欲抜きの愛国心に突き動かされて。

外人との武器交渉で、外人の汚さを身をもって感じたのも商人だ。

|

« 田中秀臣先生「みんなが知らない経済のはなし」 | トップページ | 宝塚歌劇雑感2 »