« 倭京・大宰府から古都を展望して | トップページ | 太宰府天満宮を参拝 »

2018年8月14日 (火)

観世音寺を参拝して

西鉄太宰府駅で、「まほろば号」に乗って、観世音寺前で下車。観世音寺戒壇院、日本最古の梵鐘、五重塔の心礎石、宝物館の巨大な「馬頭観音」「不空羂索観音」「十一面観音」など古仏を観ました。

受付で、「太宰府文化財名選;観世音寺のみほとけたち」というカラー版図録を買いました。

まずは戒壇院から。

Img_2840
Img_2841
Img_2843

後白河法皇が、ここ観世音寺から京都七条に移築した、「三十三間堂」が描かれています。

Img_2849

五重塔の出べそ型心礎石です。地震で倒壊焼失した法隆寺に、ここ観世音寺から五重塔が移築されました。

Img_2850

倭京に響き渡った日本最古の梵鐘です。菅原道真もこの鐘の音を聞いて暮らしていました。

Img_2861
Img_2852
Img_2855

|

« 倭京・大宰府から古都を展望して | トップページ | 太宰府天満宮を参拝 »