« 福山城を訪ねて | トップページ | 仙酔島(せんすいじま)を訪ねて »

2018年8月 5日 (日)

広島県立歴史博物館「世界を驚かせた日本人の地図づくり」をみて

早朝5時に家を出て、山陽自動車道を走り、福山東出口を下りて、福山駅前の広島県立歴史博物館に行ってきました。途中、吉備SAでサンドイッチと珈琲。8.40博物館駐車場にとうちゃこ。公園の日陰ベンチで時間待ち。

Img_2604

伊能忠敬没後200年記念

初公開!世界を驚かせた日本人の地図づくり

行基図から伊能図まで

9:00ちょうどに一番乗りで入場。人出はガラガラでした。

日本扶桑國之圖

室町時代の写本。原本は「行基図」と呼ばれ、何度も写本が繰り返され、長い間、日本の形として人々に認識されていました。

日本列島の形を真言密教の独鈷の形に描いてありました。

対馬の東に「流毬嶋」、日向の南に「龍之國」が描かれ、ふたつの沖縄が認識されていました。

山城から七道が赤い線で描かれており、飛鳥時代に作られていた舗装高速道路「古代日本ハイウェイ」を表しているとのこと。

山陰道八ヶ國 石見・隠岐まで

山陽道八ヶ國 長門まで

西海道九ヶ國 日向まで

南海道六ヶ國 伊豫まで

東海道十五ヶ國 安房まで

北陸道七ヶ國 佐渡まで

東山道八ヶ國 出羽・陸奥まで

立畿内五ヶ國 山城・大和・河内・和泉・摂津

入唐道 大宰府から壱岐・対馬まで

各国に数字が書いてあり、郡の数を表しています。

日本総図(正保日本図)

江戸幕府は1644年(正保元)に地図編集事業に着手しました。明暦の大火で初回図が消失してしまい、諸国に国絵図を提出させて、再製図を作成しました。今回の展示品はこの再製図。

家康 慶長国絵図

家光 寛永十年日本図、寛永十五年日本図

家綱 正保日本図初回図、正保日本図再製図

綱吉 元禄日本図

吉宗 享保日本図

家斉 伊能忠敬の日本図「伊能図」

寛永十五年日本図

島原の乱をきっかけに、寛永十年日本図を修正し、寛永15年(1638)に幕府が作成した日本全図。

南瞻部洲(なんせんぶしゅう)大日本正統図

寛永日本図を元に作成。

松浦静山識日本輿地図

享保日本図に松浦静山が言葉を添えたもの。

万国総図

正保二年(1645)の日本初の印刷世界地図。イエズス会マテオリッチ「坤輿万国全図」を元に、樋口謙貞(ひぐちけんてい)が作成した。

レザノフ屏風

日本初に揚げられた気球が描かれています。

文化元年東日本伊能小図

伊能忠敬が文化元年(1804)、「大日本沿海輿地全図」を作成。原本は焼失した模様。越後高田藩の鈴木甘井(かんせい)が文化四年(1807)に伊能図を元に写本したものが展示してありました。

伊能忠敬は、諸藩大名の要望があれば、写本を描いて与えたそうです。機密事項として幕府が隠し持っていたわけではありません。

大坂冬の陣図

大坂夏の陣図

伊勢内宮外宮絵図

林子平「海国兵談」「三国通覧図説」

大槻玄沢「環海異聞」

近藤重蔵「辺要分界図考」

蝦夷松前之図

蝦夷国風図絵

松浦武四郎「東西蝦夷山川地理取調図」

「北海道」と名付けた松浦武四郎が、伊能忠敬「大日本沿海輿地全図」を元に、安政六年(1859)に作成。

勝海舟「大日本沿海略図」

日本近海の水深を細かに描いた地図。文久元年(1861)にイギリス海軍が日本近海を測量、翌年、日本海域の水深を測量した地図を作成。慶応三年(1867)勝海舟が翻訳出版。出版目的は、諸藩が購入した西洋艦船の海難事故を防ぐため。伊能図を元に書かれていた。

|

« 福山城を訪ねて | トップページ | 仙酔島(せんすいじま)を訪ねて »