« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月26日 (日)

大阪市立東洋陶磁美術館「汝窯青磁」をみて

今日はサクッと車で中之島まで行ってきました。

Dscn1526

汝窯

北宋第8代徽宗が作らせた幻の汝窯青磁を5点、清第6代乾隆帝が模倣して作らせた青磁を1点見てきました。

光が吸い込まれるようだと、テレビ番組「日曜美術館」でやってましたが、なかなか難しかったです。私の目で確認できたのは、底面の淵には青い釉がたまっていました。

釉薬を不完全燃焼させると青色になり、沸騰した小さな気泡が釉薬に閉じ込められ、溶けきれず釉薬の黒い結晶が原因で、光が籠って見えるそうです。釉にはメノウ(瑪瑙)を混ぜてあるそうです。

一言で言えば、

傾国の青磁

材料費に惜しみなく国家予算を注ぎ込んだ末に、北からモンゴル系民族の遼が攻めてきました。挙句の果てに、女真族の金に滅ぼされ、南に逃れ南宋と名乗ることになるのです。

筆を洗ったのか、手を洗ったのか、犬や猫の餌桶だったのか?

図録(3000円)を買って、二つのDVD放映を見て、常設展へGo

青磁は呉越国の越窯で生まれた

父親が朝鮮人、母親がモンゴル人のパターンで高麗王朝は継承されていきましたが、その高麗が生み出したのが、高麗青磁。

その高麗青磁の源泉は、呉越国でも有名だった越窯でした。

後周の世宗が製法をパクッて柴窯で青磁を作らせた

菅原道真が遣唐使を廃止した後も、藤原氏と呉越国は交易を盛んに行っていた。その呉越国が越窯を所有していたが、軍事国家・南唐に越窯を奪われた。後周の世宗は何度も南唐を侵略し、越窯の陶工を連れ去り、柴窯で青磁を作らせた。

南北統一を果たした北宋が釣窯で青磁を作らせた

柴窯はこのとき破壊されて、いまだに窯跡は発見されていない。

20年という短期間だが、北宋の徽宗が汝窯で青磁を作らせた

青磁専門で、がんがん焼いては割ってを繰り返し、逸品を皇帝に献上した。

北宋が金に滅ぼされ、南宋が龍泉窯で青磁を作らせた

汝窯の製法は雲散霧消。

|

2017年2月24日 (金)

筑豊と大宰府に古代ブームの風

神武大王は日向から筑豊を征服。景行大王は西都原から筑豊を攻撃。神武の正統後継者だったヤマトタケルが景行を撃退。神功皇后は琵琶湖~敦賀あたりから筑豊を征服。筑豊攻撃の狙いは、国東半島のインド僧が作ったレガリア「草薙の鉄剣」。それに加え、大和三山から豊富に産出する金銀銅鉄にあった。

そのレガリアはもともとスサノオが奪い取ったものだが、アマテラスに敗れて、スサノオの子孫たちは島根に逃亡。レガリアは神武が奪い取るまでアマテラスの子孫たちの手に渡っていた。

筑豊に神功皇后の政権があり、大宰府に武内宿祢の政権があって、並立していたようである。

倭の五王、筑紫君磐井(倭薈)、阿毎多利子北狐、斉明大王(石工女帝)、薩夜摩(白村江敗将)、大海人皇子(皇太弟)は武内宿祢の皇孫。

推古大王、厩戸皇子(のちに聖徳太子と捏造)、中大兄皇子は神功皇后の皇孫。

大宰府の観世音寺をはじめ、佐賀隠国三瀬村の長谷寺など、大仏教文化が北九州一円に花咲いたことは間違いない。それらの寺院や大仏が679年筑紫大地震で倒壊し、奈良に移築された。

|

2017年2月22日 (水)

竹島の日

韓国は盗んだものを日本に返しなさい。

|

2017年2月17日 (金)

トランプに差別発言するパックン

民放テレビを見ていたら、パックン、ことパトリック・ハーランが、トランプについてコメントしていた。

trumpには「捏造する」の意味があります。こんな差別発言を公共電波に流していいのか?苗字は変えようがないじゃないか。

日本のパヨクもアメリカのリベラル層もトランプ憎しで、法律違反や言葉の暴力を繰り返している。弱者の味方のフリをする共産主義者とは一皮むけばこんなものだ。

|

いま流行している病気

インフルエンザもめっきり減ってきました。黄砂や花粉の影響で、喘息発作や鼻炎発作などアレルギーが増えてきました。

1 インフルエンザA型

2 hMPV(ヒトメタニューモウィルス)

3 RSウィルス

|

2017年2月15日 (水)

30分で判る経済の仕組み

30分で判る経済の仕組み

https://www.youtube.com/watch?v=NRUiD94aBwI

こんな簡単なことがわからない日本経済新聞の記者たち、わかっているのに嘘をつく財務省の官僚。その昔、文字が読めなくて、数が計算できなくて、アイヌ人が日本人に騙されましたが、われわれも同様です。

|

2017年2月12日 (日)

トランプからの手紙 「日本よ、やる気あんのか?」

「二階とか野田とか公明党とか、政権与党に親中派が多いけれども、中国を成敗する気あるのか?」

「質問一つ目。日本はいつまで舞台だけ貸して米軍にやってもらおうと思ってんの?まあ、仮にそうだとしても、防衛予算こんなに少ないのっておかしくない?ミサイルで空港が爆撃されたら、戦闘機が飛べなくなるじゃないの。ちゃんと空港整備するのに予算使っているの?兵器の整備すらちゃんとできてないじゃない。」

「質問二つ目。日本は米軍と一緒に攻撃に回る気はないの?回る気がないのなら、開戦すると手薄になった米軍の生命が危ないから海兵隊をいったんグアムに引き上げることも検討しないといけないんだが。中国共産党シンパのオバマが軍事費を削減しちまったもんで、ごめんな、中東にも軍隊を割かんとあかんのや。2年後助けに行くわ。」

|

2017年2月11日 (土)

ナイス、トランプ

トランプ大統領が入国禁止令をひっこめた。

トランプを弾劾裁判にかけるといきまいていたリベラル層がお通夜のように静かになる。痛快、痛快。

いまは安倍首相と楽しく友好を深めてくれ。

WWE流リップサービスでつぶやいた「1つの中国」とは「1つの台湾」のことだ。

|

2017年2月10日 (金)

雪が積もっては車に乗れない

はちきん「まっこと、ひやいちゃ。」

おんちゃん「めっさ、ひやいのお。」

博多人「ばり、さむかぁ。」

宮崎人「てげ、さみぃ。」

関西人「めっちゃ、さむいやんけ。」(お天道様を非難する感じで)

昨日、奈良に珍しく雪が降った。わしゃ、ひんだれたぁ。

|

2017年2月 8日 (水)

詐欺がやってきた

昨日、診療中に詐欺文書が1通ファックスで送られてきました。突っ込みどころ満載。

厚生労働省から開業医向けに助成金をくれるということらしいが、えらいおやさしいのね。普段やってることと逆じゃないの?しかも困っている人はほかにいっぱいいるで。金を送れと言わないあたりがプロ的手口やね。

発信元はなんちゃら株式会社。お役所仕事になんで民間会社が入ってくんねん。代表電話が0120??テレビ通販かいな。

つらつら読んでると、あんたんとこの医院は助成金を受ける資格がありますって。なんでやねん。あんたらに判定されなあかんねん。

しかも、助成金で余った分は着服できます。(笑)お役所が犯罪を勧めてどうすんねん。しかも文書という証拠がしっかり残っとるやん。

そもそもこの詐欺会社が当院のファックス番号をどこから入手したのか??それが問題だ。

医師会にさっそく報告したら、詐欺スレスレセーフとのこと。詐欺まがいの顧問弁護士もろくなもんじゃない。

|

2017年2月 6日 (月)

今の日本に守るものはない

幕末なら、国家の運命は、朝廷と幕府が独占的に握っていた。朝廷も幕府も、難題は先送りするという日本古来の悪知恵を捨てようとせず、国家からなんら報酬を受け取っていなかった下級武士、農民、商人、漁師、神官ら草莽崛起が自らを犠牲にして、外国の餌食にされようとする日本国を救った。当時生きていた名もなき国民のためだけではない。いま滅ぼしては日本国を守ってきた先祖に申し訳ないという思い、いま滅ぼしては未来の日本に生きる子孫たちに申し訳ないという思いも大きかった。

いまの日本国はどうだろうか?選挙権はすべての国民、さらに納税しない外国人にまで与えられようとしている。選挙で選ばれる政治家は戦前の政治家に比べれば、まったく不勉強そのもの。選挙権を行使すべき国民も、まったく不勉強。顔がいいからという理由で当選する。

選挙権には責任がある。選挙権を持つということが、ブランドに思えていた終戦直後はまだ真剣味があったが、(共産党ですら自己防衛のための武装に賛成していた)、選挙権がハナカミ同然の価値にまで下がってしまった今の日本を守る担い手は、やはり人生一度限り、自分のために生きろ、戦争反対、生命が一番大事、昔の日本人は間違っていたんだとする自己中心的な国民ひとりひとりであろう。なにもかも平等と言いながら、まじめに生きている人間がバカを見る世の中。なにを守るために自己犠牲してまで敵と戦うのかがまったくわからない。敵に攻められるのなら、敵と同化してしまえとでも言いたいのか、日本国憲法よ。国家は一瞬で滅ぶ、実に簡単に。

|

2017年2月 4日 (土)

九州を全否定した観応の擾乱

九州には、倭の五王を支えてきた旧皇族がいた。そこへ後醍醐天皇が負けて南朝が南九州に亡命。九州王朝と南朝が連合合体した

源氏の血をひくとはいえ、平家北条氏の生贄にすぎなかった足利氏。執権が死ぬたびに殉死していた。お家存続のため。足利尊氏が北畠親房に負けて北九州に逃亡。尊氏はやがて北朝を立てて、京へ捲土重来。

尊氏を暗殺未遂した高師直(武闘派)と足利直義(文官派)が対立。直義が高師直を討って、今度は尊氏と直義が対立。ここへ直義の養子・直冬が登場。直義が尊氏によって暗殺されると、直冬は足利としての待遇を京で受けられず、まるで源義経のように北九州へ亡命。九州王朝の旧豪族たちに支えられ、尊氏方の一色道猷を破って、拠点を築いた。

このころの宮崎県はものすごく大変だった。おそらく九州他県もそうだったろう。北には足利尊氏方、南には直義方、そして裏の熊本には南朝方。三つ巴の戦闘が繰り返されていた。

直冬は南朝と同盟し、再び京へ。九州の豪族たちは全員、直冬推し。

そうして京の寺を舞台に、尊氏・義詮と直冬が最後の決戦、感応の擾乱に臨んだ。

|

2017年2月 1日 (水)

トランプ、がんばれ

トランプがイスラム教徒を排斥していると日米のマスコミが報道しているが、すべて誤りだ。

正しくは、90日間停止しただけ。テロ防止のためのボディチェックだ。

イラク、シリア、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンの7か国に限定したのはトランプではない。オバマだ。

日米の隠れ共産主義者たちは、こうやってマスコミで日米国民を扇動して、ウソ偽りのハルノートを日本に突き付け、(ハル国務長官は知らなかった)、パールハーバーを故意に演出して見せ、(山本五十六は米スパイだ)、大東亜戦争を引き起こしたことを決して忘れてはならない。

https://www.youtube.com/watch?v=H1858lg1VIo

東大の仁科芳雄教授は、非人道だとして原爆研究を中断したのに対し、京大の湯川秀樹教授は原爆研究を続行。実験データを米ジャーナルに投稿し、アメリカの原爆開発に多大なる貢献を果たした。

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »