« 「経済で読み解く明治維新」を読んで | トップページ | 若冲展を観て »

2016年4月25日 (月)

神戸市立博物館「鶴亭」をみて

昨日は伊藤若冲の師匠の特別展を見に行ってきました。

Img_0362

鶴と牡丹の花鳥画で勇名を馳せましたが、実は作品の割合が山水画7割、花鳥画3割の比重だそうです。

鶴亭は臨済宗の僧侶であって、清国で流行っていたのが沈南頻の花鳥画。その弟子筋の熊斐(ゆうひ)が長崎中華街に来ていて、そこで鶴亭は山水画と花鳥画を学びました。

写実画は言い換えれば、サイエンスの目覚めであって、倫理道徳ばかり説かれた世にあって、一服の清涼剤でした。これも徳川吉宗、田沼意次のおかげでしょう。

山水画の「篠竹図」「墨竹図」で、グラデーション技法を学び、それが花鳥図で大いに生かされました。牡丹は最高の絵だと思いました。

牡丹綬帯鳥図

池大雅と親友で、多くの弟子のひとりに、大坂の巨人・木村兼葭堂(きむらけんかどう)がいました。

ラスト1/4は弟子筋の絵が飾っていましたが、伊藤若冲の登場を待つまで、大きな進歩はなかったようです。

帰りは、旧外国領事館「CARTA」のランチ・ケーキセットで、典型的「三ノ宮ぶらぶら」を締めくくりました。京都や横浜のように人込みはなく、最高の休日を過ごせました。

Img_0365Img_0366

|

« 「経済で読み解く明治維新」を読んで | トップページ | 若冲展を観て »