« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月29日 (火)

日本歴史学会の5つのタブー

榎本武揚の功績が詳しく教科書に記述されないわけは、日本歴史学会のタブーに触れているかららしいです。中国大好き、日本大嫌いな学会員には、ぜったい許せない人物なのでしょう。

日本人が誇るべき《日本の近現代史》

日本人が誇るべき《日本の近現代史》
著者:倉山満
価格:1,620円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

(1)天皇の権威

朝敵・榎本武揚が救われたのは、なぜか?なんびとも天皇の権威の下では平等であったから。外国の革命に比べれば、明治維新の死者数はゼロに等しい無血革命である。

(2)国民国家

日本は琉球やアイヌのようなエスニックもいるけど、大和民族を中心する日本国民の日本国家である。榎本武揚は、ロシア人に凌辱されたアイヌ女性のために一命をなげうって、ロシアと交渉した。中国は日本を手本として、国民国家になりたがっているが、なれなくて嫉妬している。

(3)地政学

(4)国際法

ロシアが39度線を超えると、日本の安全が保てなくなる。地政学を心得ていた榎本武揚は、バルカン問題に頭を抱えて対日戦争などする余裕のない国際情勢を読み切って、国際法を武器に、アイヌ女性凌辱事件を非難すべく、大国ロシアと対等に渡りあった。

(5)大日本帝国憲法

お国柄・自国の歴史に基づく憲法は、日本が文明国であることの証。榎本武揚は、権力が分散され民主主義的な大日本帝国憲法をどうだとばかり誇示して、外交に立ち向かっていった。

|

2015年12月20日 (日)

「スターウォーズ」を見て

昨夜は、「スターウォーズ」最新版を見てきました。ネタバレするので最小限の記述にとどめたいですが、ルーク・レイア姫の初期3部作のファンの人には満足できる内容ではなかったかと思います。ハン・ソロの出演時間が多く、なかなかよかったのでは。カイロ・レンは、この親ありてこの子ありかな。レイア姫が将軍って?もう引退する年ではないのかな。

私は、ダースベイダー幼少期の中期3部作のファンなので、シスと刺し違えて、最後は自らを犠牲にして悪を葬り去り、「自分の目でお前の顔を見たいから、生命維持装置の兜をはすしてくれ。」と嘆願し、薄れゆく意識の中でルークとの親子愛を取り戻したダースベイダーはなんだったのか!という疑問の念が強かったので、イマイチの内容でした。

最高司令官スノークって、なんでまた生まれてきたのかがわからない。父殺しのレンには、自らの命を捨てて、スノークと刺し違える運命しか残されていないはず。もう先のストーリーが読めましたよ。

|

2015年12月 6日 (日)

映画「海難1890」をみて

今日、西宮で映画「海難1890」を見ました。ほんとうに泣きました。

オスマン帝国が国の威信を賭けて、オスマン皇帝から明治大帝に親書を届けるというトルコ兵たち。謁見を終えて、帰途に就いた途端、和歌山県串本沖で台風に遭遇し、座礁遭難。そこには、赤ひげを演じている元旧幕臣の侍が一人生きていました。

村人一丸となって、明日食べる食料をトルコ兵に与え、「食べ物がなくなるという経験は一度や二度じゃないもんな。」と言う村長の笑顔と決断。救助を徹底的にやったるでという村人の意気込みたるや。トルコ兵は東京での公式謁見では会えなかったラストサムライに串本で会うことができたのでした。ラストサムライいわく、「私はこの村の真心を大切に守っていきたい。」

ときは現代のイランイラク戦争。泣きじゃくる弱々しい日本人の男の子と、愚痴たらたらの日本人企業マン。憲法第9条とやらで、自国民を救出しようとしない日本の自衛隊機。トルコ大使館員が、日本人に助けられたトルコ人英雄たちの話を演説し、拍手とともに日本人をトルコ機に乗せ、それを見聞きしたトルコ国民が拍手喝采したのを見て、トルコ首相が言った一言。「私はトルコ国民を誇りに思う。」

戦争をしようというのではない。日本人が危機に陥った時、ほんとうに頼りになるのは、日本人の軍隊なのです。トルコとの友好は素晴らしいのですが、ある意味では現状日本の情けなさが際立った映画でした。

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »