« 淡路島を訪ねて | トップページ | 春日大社参拝 »

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。

昨年は消費税増税でアベノミクスが大きくつまづいた年でしたが、今年はどう挽回するのでしょうか?

いま偶然、NHK「ニッポンのジレンマ」という番組を見て、「日本の大転換」というテーマについて、11人の若手論客という人たちの意見に耳を傾けています。

明治維新の排仏運動、自由民権運動、昭和初期の天皇神格化は、大衆社会の流行として、大きく誤った大転換でしたが、若手がどう論じているかに注目したいと思います。

ふむ、資本主義が崩壊している?

まあファシズム国家である中国では、資本主義は昔から崩壊しているわな。約束を遵守する法治国家である日本では、資本主義は神代の昔から崩壊することはないわな。

格差問題だね。

日本に格差ってあるのかね。世界と比較してみて。

共通の仕組みを作るというのは、上流層と下流層が交わって、どういう国家をめざすかっていう話?

国民主権って、国民ひとりひとりに主権という国家最大の権威を与えるってことだね。

小さな政府にして、できるだけ多くの人に権威を与えるのはいいのだが、外国侵略から小さな政府が防衛できるのか?

この種の議論は、幕末に結論が出ているよ。

女性の働き方ね。

働く女性を支える小児科医の目から見ても、なかなかむずかしいね。じいさん、ばあさんに、こどもの急変時に頼るって話だけど、じいさん、ばあさんも疲れているよ。

育児で一時リタイヤした女性のキャリアを100%保証してあげないといけないよね。

働き方ね。

カネが要るなら働けばいいし、要らなければ働かなくていい。

働く前に、漢字と日本語と算数はしっかり勉強しておこう。

そう、やっぱり教育問題に帰結するよね。

プログラミングを習得させることで、ゼロから一を生むのか。ロンドン式教育法か、勉強になるな。

プログラミングがなくても研究マインド、好奇心ドリヴンで、自然に勉強が深まるという意見ね。放課後の勉強が大切だね。

自分好みのビジョンをそのまま宣伝きかせて大衆操作するのではなく、ミクロ実験を繰り返して、よいものだけを大衆社会に還元せよとの意見、大いに賛成。

きいとるか、財務省、経済評論家。

|

« 淡路島を訪ねて | トップページ | 春日大社参拝 »