« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

淡路島を訪ねて

おとついは、車で淡路島へ行ってきました。

棚田の湯、くにうみの湯、夢泉景(1F, 2F)で、ゆったりくつろぎました。とくに赤湯が特徴的でした。到着直後、夕食後、朝飯前と3回、ラドン泉、ナトリウム泉に入ってきました。

三年ふぐに舌づつみを打ち、

Pc292442

部屋食が終わっての、花火を楽しみ、

Pc292460

日の出をながめ、

Pc302462

福良港へ移動して、日本丸からうずしおを堪能してきました。

Pc302499Pc302506Pc302509

|

2014年12月19日 (金)

記者会見の比較

千代の富士 「体力の限界・・・(泣)」

小保方晴子氏 「魂の限界・・・(泣)」

今年の流行語大賞だね。追加エントリーしてほしい。

貴乃花の「好きだから」、小佐野賢治氏の「記憶にございません」も好きだなあ。

日比谷高・東大卒の加藤紘一氏 「う・う・う(泣)」

谷垣禎一氏 「泣いちゃいかん。あんたが大将なんだから」

海江田万里氏 「う・う・う(泣)。(そこまで言わなくてもいいじゃないか)」

|

2014年12月11日 (木)

診療中に円形脱毛をなでながら読める歌

あらうれし ハゲに幼き 毛が数本

ツルツルの頭皮をなでるのも気持ちがいいもんです。不可逆的なハゲは、ゴリエ風に言えば、「悲しみ~」だが、可逆的に復活再生するハゲは、雪解けのフキノトウといったところですかな。

|

2014年12月 9日 (火)

衆議院総選挙について

西宮市では、小選挙区制は自民党の山田賢治氏で決まりだ。若手議員による党内改革に邁進してもらいたい。

比例代表制は、消費税増税を牽引する財務省と、手下である多くの自民党増税派二世三世議員にお灸をすえ、安倍首相に反省を求めるという意味で、自民党ではなく、次世代の党に期待したい。

増税が延期したことで、年金や児童手当がもらえない?不況にあえぐ労働国民の血税ではなく、日本銀行から援助してもらえばいい。紙幣を刷りすぎて物価があがった?まだデフレだから大丈夫だ。消費税を5%に下げれば、その分、物価は下がるよ。なんなら消費税はゼロにすればいい。まだまだ不況を脱しきれない経済なのだから、ほら、ここは日本銀行の出番だよ。紙幣を増刷して困っている人に分配し、中小企業のデフレを解消し、景気をあげて税収の自然増加でGDPをあげて、元気な経済にしていく。そうなりゃ、なにも日本銀行の世話にいつまでも頼らなくてもよくなる。日本銀行、おやすみなさい。元気な労働から生まれる豊富な税収だけで、年金や児童手当の予算どころか、少子化で増え続ける社会福祉費の予算も十分出せるのだ。

アベノミクスの終着駅は、こういう「美しい国・日本」じゃなかったのかい?

となりの宝塚市から小選挙区制に次世代の党から立候補している、杉田水脈(みお)氏にはがんばってもらいたい。慰安婦問題では日本の名誉を国際的に回復してきた実績は、大いに評価に値する。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »