« 「日本を取り戻す」ための目標 | トップページ | 日下公人先生の講話 »

2014年2月26日 (水)

「二度と負けない」ための目標

二度と敗戦という憂き目に会いたくないものだ。

日本だけが戦争を放棄して、中国が戦争を放棄してくれるのか?

日本だけが原発を放棄して、中国が原発を放棄してくれるのか?

戦略のない司令官・参謀、戦略が誤った司令官・参謀を、軍中枢から排除する仕組みが必要だ。

日本大キライ・権力大スキ人間を、政府・官僚から排除する仕組みが必要だ。

革命という殺戮非道な結論ありきのマルクス主義を教育界、学会に野放しにしたために、敗戦の憂き目に会ったのだから、マルクス主義を教育界・学会中枢から排除する仕組みが必要だ。

スパイを野放しにしたために敗戦したのだから、スパイを取り締まる仕組みが必要だ。

完璧な民主主義を具現化した帝国憲法下で、ポピュリズムの衆議院が最強だった。人気取り優先のポピュリズムはえてして間違っていることが多い。そこで、幕末に諸外国と戦って卓見に富む元老は、衆議院に近代二大保守政党をつくろうと試みていた。それをすべて破壊したのは、レーニンやスターリンから莫大な活動資金を得ていた左翼の陸海軍将校であった。彼ら左翼分子は、京大・河上肇を信奉する近衛文麿首相によってかくまわれ、515事件、226事件を起こし、言論思想の自由を根本から破壊した。近衛文麿は、ソ連共産主義革命を日本でも起こすことを夢見ており、息子をスターリンの膝元に留学させた。完璧な民主主義を具現化していた帝国憲法下で立場が強い大蔵省に予算を媚びる陸海軍司令官・参謀は、近衛文麿の売国行為を見抜けなかったために、満洲ではソ連との対峙を中華民国への南下政策にすり替えられ赤化した蒋介石軍の抵抗に苦戦し、そろそろ関東軍を食べごろかなと思ってソ連が近代装備で臨んできたノモンハン事変でソ連に辛勝したものの被害を受け、はじめから負けるとわかっていた日米戦争に嫌々導かれ、敗戦してしまった。今回の消費税増税もまったく同じパターンであり、景気が悪化して税収が減るとわかっているのに、財務省によって嫌々導かれたのだ。

したがって、この悲劇を二度と繰り返さないために、日本大好きなのが前提の、近代二大保守政党をつくることが、当面の課題といえる。

|

« 「日本を取り戻す」ための目標 | トップページ | 日下公人先生の講話 »