« 安倍総理誕生 | トップページ | 紅葉狩(長岡京・光明寺) »

2012年12月23日 (日)

映画「レ・ミゼラブル」をみて

西宮ガーデンズで映画「レ・ミゼラブル」をみました。ミュージカル仕立てでしたが、なかなか話に引き込まれました。娘時代のコゼットの養父養母のコメディタッチなギャグ連発には笑えました。ユゴーが一番言いたかったのは、これだろう。

リセットでは救われない。伝統でこそ救われるのだ。

民衆の人気をバックに革命を起こして、社会をリセットしても貧しい民はますます貧しくなるだけで、まして心は決して救われない。フランス革命で大いに破壊された伝統文化・カトリック教会が結局、ジャンバルジャンを救ったのだ。カトリックこそフランスという国そのものだ。

法を守ることがすべてと考え、法に従うことこそ神に対する絶対的忠誠だという信念を曲げられなかったジャベールは、愛ゆえに法に背いてしまったジャンバルジャンを許せず、善ゆえにジャンバルジャンを見逃すという、法に背いてしまった自らの罪に対する救いがついに得られず、自殺の道を選ぶしかなかった。

グラディエーターで初にまみえたラッセルクロウですが、ちゃんと歌えるんですね!

フランスは革命というリセットによって、ヨーロッパのリーダー的存在を降りることとなった。

|

« 安倍総理誕生 | トップページ | 紅葉狩(長岡京・光明寺) »