« 衆議院総選挙に際して | トップページ | 救国の名演説 »

2012年11月21日 (水)

安倍晋三氏の政権公約に全面的に賛成

今日のニュースは、久しぶり胸のすく思いがしました。デフレ不況の元凶、治天の君、白川方明・日銀総裁のあわてぶりも、おいしいオカズになりました。

自民党政権公約

「日本経済再生本部」を内閣に設置し、名目3%以上の経済成長を達成する。日銀法改正も視野に入れて、政府と日銀の連携を強化する仕組みを作り、大胆な金融緩和を行う。

→ 海外に向けて、日本の経済再生の本気度をアピールし、白川方明・日銀総裁を即時更迭し、武藤敏郎氏を日銀新総裁とし、金融庁と財務省をもとの大蔵省に戻し、欧米がとっている経済政策に歩調を合わせ、無制限の金融緩和を行う。

「国家安全保障会議」を総理官邸に設置し、集団的自衛権の行使を可能にするとともに、憲法を改正して、自衛隊を「国防軍」と位置付ける。

→ 竹島・尖閣諸島・北方領土・沖縄といった日本の領土の防衛に、本格的かつ積極的につとめることを世界に宣言する。

6・3・3・4制を見直す。

→ 寺子屋・藩校・蘭学塾・旧制教育のよさを教育現場に取り戻す。

「聖域なき関税撤廃」を前提にするかぎり、TPPに反対する。

→ 日本が負ける分野は断固として保護し、決して外国資本の餌食にさせない。

|

« 衆議院総選挙に際して | トップページ | 救国の名演説 »