« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

おカネとはなにか?

おカネは個人の財産ではなく、中央銀行に対する借金である。

1万円札は、コスト1円の紙切れを政府が1万円の血税で買ったもの。このイカサマルールは法律によって厳守される。

これは、おカネについてのもっとも基本的な知識です。

http://www.youtube.com/watch?feature=iv&list=PL5B8EE94B39CBB792&annotation_id=_annotation_540998&index=1&v=iqlxMp3dR7Q&src_vid=ABkW3SRtEz0

おカネは個人の財産ではなく、紙幣発行権を独占する中央銀行が債権者として、政府が仲介者となって、国民に課した債務の手形です。自分は借金していなくても、誰かが銀行におカネを借りた借用証書にすぎません。ほんとうに自分は借金をしていませんか?Suica、Ikoka、Pitapaカードで電車やバスに乗りませんか?これらも1か月限定の銀行に対する小さな借金であり、塵も積もれば山となるで、われわれは借金をするように仕組まれています。誰かが借金をする限り、おカネは生まれ続け、誰かの担保(土地や邸宅などの固定資産)は銀行の実質財産となります。みんなが借金を返済すると、おカネは消えるのです。銀行も消えます。

しかも中央銀行は国民に選ばれた人が運営するのではなく、私設会社にすぎません。

ローン、クレジットカード、電子マネーで一時的に銀行に対して借金すればするほど、中央銀行はおカネを信用創造することができ、リッチになれます。銀行は生き残りをかけて、一括払いからリポ払いを勧誘し、さらに借金を増やす必要があります。

銀行預金の一部をローン貸しすることによって、預金からもおカネは生まれ続けます。銀行はおカネを借りてくれても預金してくれても、銀行の財産は増え続けます。

繰り返しますが、国民にとっての債務が、中央銀行にとっての債権です。全世界が幸せになるように使えば問題ないのですが、現実には戦争に使われてきました。

日本銀行、イングランド銀行、欧州中央銀行(ECB)、連邦準備制度理事会(FRB)が相当します。いずれも歴史的に、コミンテルン(国際共産主義者)が経営していると言われています。あっ、ヒトラーも会員でした。貧しかったドイツが莫大な軍事費を必要としましたから。借りていたおカネの莫大な利子は中央銀行のふところへ。フランクフルト・ドイツ人が経営するECBは、EU諸国を経済的に実効支配しており、第四帝国の出現とささやかれています。

|

ゲゲゲの中国

昨夜の報道ステーションをみていたら、左翼のテレビ朝日が、右翼のチャンネル桜のビデオを借りて、中国外交一等官スパイの報道をしていて笑えた。相変わらず、あんたが中国スパイちゃうんかと思われる古館伊知郎が、「う~ん、真相はまだまだわかりませんねぇ。」のコメントで締め。

見えるのに、見えないと言い、

見えないのに、見えると言い。

現地記者 「沖縄に中国人民解放軍が駐留始めたのですが。」

古館 「いったいどういうつもりなのか、真相はわかりませんね。慎重に対処することが肝心です。皆さんも冷静に見守りましょう。」

ソ連スパイだった尾崎秀実(ほつみ)やゾルゲ事件で、日本政府は、もうええ加減学習したらどうでしょうか。まさか外交官スパイは一方的なもので、日本人外交官はスパイではないと?英語しか話せないらしいから、スパイとしてはまったく機能しない。

中国の現状を知りたい方はこちらをどうぞ。これはテレビではなかなか報道してもらえません。

人身売買、人肉市場、臓器売買・・・・・ありえない所業の数々

民主党さん、ほんとうに中国人1000万人移民を誘致する気なのですか?ぜひ日本の人権擁護団体や、憲法9条の会の方々は中国へ行って、ひと暴れしていただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=XtCLmmCbdZk

|

2012年5月25日 (金)

社会学原論の破綻

物体を質量をもつ質点と仮定して、理論展開したのが物理学。質点はすべて平等にして同じ性質を有すると仮定する。サイクロンで質点を光速に近づけて、ぶつけて飛び出した素粒子を実験しているのが現代物理学。

人間を同じ遺伝子、同じ性質をもつ点と仮定して、理論展開したのが社会学。社会を貨幣のコントロール下に置き、生身の人間を労働させて(=光速に近づけて)実験しているのが経済学。

ところが、

商品価値=貨幣価値と仮定して、理論展開した資本論が破綻している。

商品は腐敗するが、貨幣は永久に腐敗しないからだ。等号は不等号に変わり、その差は微分的に広がってくる。

神も法も存在しないと仮定して、基本的人権を放棄すれば、自由、平等、財産権を獲得できるとしたホッブス近代社会論が破綻している。ホッブス説の上に神から与えられた基本的人権を復活させたロック社会契約説はもっと論理破綻している。

神はわからないとしか言いようがないが、村の掟をはじめ、世界中におのおのが先祖代々培ってきた法が現実には存在していたからだ。

人間をアフリカの一匹の猿から進化したと仮定して、同じ診断治療を実験(治験)・展開したのが(西洋)医学。現実には医療による副作用が絶えることがない。

全体から個へ

個から全体へ逆行するグローバル化は破綻している。実験対象が生身の人間だから。

|

2012年5月21日 (月)

金環日食 in 奈良学園前

いつもより1時間早く通勤して、パンを食べながら、駐車場から1時間以上、日食を観察しました。いよいよ金冠日食という段になって、うっすらと雲がやってきてしまい、サングラスでは見えないので肉眼で見たらきれいに見えました。カメラにもバッチリおさめました。

卑弥呼もこの奈良ナガスネヒコの地で、同じ日食をみていたんですねぇ。

Dscn0707 Dscn0709 Dscn0711 Dscn0714 Dscn0719 Dscn0724 Dscn0727 Dscn0727_2 Dscn0730 Dscn0732 Dscn0734 Dscn0735 Dscn0736 Dscn0737 Dscn0738 Dscn0739 Dscn0740 Dscn0741 Dscn0742 Dscn0743 Dscn0744 Dscn0745 Dscn0746 Dscn0747 Dscn0748 Dscn0750 Dscn0751 Dscn0752 Dscn0753 Dscn0754

|

2012年5月18日 (金)

中国による民族ジェノサイドに反対!

世界ウィグル会議をみなさん見られましたでしょうか?明日は我が身ですよ。日本政府主流派は親中派だし、社会主義化した日本のマスコミは一切報道なし。中国人にとって、日本人を滅ぼすのは簡単だけど、カネが儲かるあいだは、殺さず生かしておいてやってるという腹でしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=0r10NCuJdy0

聖徳太子が泣いている!

ウィグル人はむかし、突厥(とっくつ)と呼ばれたシルクロードのトルコ系民族です。鮮卑人の李淵が唐を建国した際にも、ひとりでは隋を侵略できず、ウィグル人の力を借りていましたね。いまの中国人っていったい何者か?漢字が読めず、漢民族の血などほとんどなく、鮮卑人、満洲人(女直人)がメインで構成されているわけで、孔子孟子の道徳なぞ、共産化でふっとんでいます。遼の契丹人は西遼として、元のモンゴル人は北元として大部分中国から去ったので、混血はほとんどないと思いますが。

チベット人ジェノサイドもひどいもので、東晋時代には、前秦という国を建国し、中国北半分を征服したこともありますし、唐時代には吐蕃という大国を建国し、中国人に恐れられていました。

満洲人ジェノサイドはすでに完了しているとかで、ハワイアンの名残・フラのレッスンを、アメリカ白人が文化センターで受けるかのごとく、満洲文化が中国人のブームになっているほどです。

日本に残された道は、帝国憲法にもどし敗戦に導かれた欠点に改正を加え、自衛隊から防衛軍に切り替え、北朝鮮と中国の蜜関係を裂き、中国軍閥の内分裂を図り、台湾人(中華民国人)を先頭に、モンゴル人、チベット人、ウィグル人、満洲を愛する満洲人、ベトナム人、ミャンマー人、タイ人、インドネシア人、フィリピン人、インド人、韓国人と軍事同盟して、対中国包囲網で、強大な中国軍事力に対抗するしかないかもしれません。昭和47年の日中国交正常化以来、日本から吸い上げたカネと科学技術で中国は強大な軍事力を築き、恩人である日本へ侵略をうかがっています。これっておかしくないですか?

南京事件の賠償?あんなものはでっち上げで存在しない。

漁夫の利でロシア人は北海道侵略を狙ってくるはずなので、アメリカとも十分軍事協力する必要があることは言うまでもありますまい。

鳴霞さんの講義

http://www.youtube.com/watch?v=wAkH1_0gyEo&feature=related

|

2012年5月17日 (木)

浅草田圃酉の町詣(あさくさたんぼのとりのまちもうで)

NHK BSプレミアム「額縁をくぐって物語の中へ」を今日昼、偶然見ました。浮世絵師・安藤広重の絵の謎解きの教養番組でした。もろなエロ春画をあえて書かず、絵の中に描かれたグッズで、浮世絵を見る人の想像をかきたてるとは、粋だねぇ。

「月の岬」 

ふすまに映る遊女の影と、もうひとりの遊女の裾。かんざしの影かたちから吉原とわからなければ粋じゃない。遠くには江戸湾の漁船。手つかずの料理と吸いかけのキセル。これって、いってぇ、いつの風景なんだい?描かれた月は満月だけれど、二十六夜とわからなけりゃ、吉原常連の通じゃないね。

二十六夜って、十五夜同様、もともと仏様にお祈りを捧げる日だったのが、江戸じゃ月明かりが夜遅くまで照らしてくれるんで、呑めや歌えや跳ね回れの大祭りの日でした。

「浅草田圃酉の町詣」

祭りの日らしく、遠くに人の行列と富士山がみえる。それを窓から猫がながめている。壁紙は吉原雀(よしわらすずめ)の柄。吉原雀って、冷やかしの人たちの隠喩。吉原に来ても登楼せず、店側にとっちゃ、なんの儲けにもならない観光客たち。ちなみに冷やかしとは、ティッシュペーパーの再生業者(紙すき屋)が川で和紙入りの湯を冷やす間に、吉原に登楼せず歩いていたことから生まれた流行語でした。

祭りの屋台で買った熊手のかんざしと手ぬぐい。ふすまの向こうに、祭り客と遊女がいるのだろう。よくみると熊手のかんざしの飾りが松茸になっている。なにが行われているかを想像せよと広重は語っている。

江戸って、底知れない文化レベルです。

|

2012年5月15日 (火)

ファウスト

Img012

レクラム文庫版「ファウスト1・2」を買いました。あとは読んでいくだけ?!

|

2012年5月14日 (月)

「戦争で得たものは憲法だけ」

「戦争で得たものは憲法だけ」

城山三郎氏の口癖だ。

そりゃそうだ、おたくら、

「憲法を変えるために戦争しただけ」

だもんね。

人命を軽んじ戦争を起こした犯人がつくった日本国憲法を憎む。

しかし、敗戦を喜ぶおたくらとちがい、

戦争に反対だし、狡猾外交に賛成だし、

日本国の国歌も国旗も愛している。

|

太田裕美さん、BSフジ出演

昨夜は、太田裕美さんの元気なお姿を拝見しました。司会はこれまた若くみえる平井アナ。口パクアイドル現役歌手や声量が衰えてしまったアイドル歌手が多いなか、ボイストレーニングがよくできてますね。昭和30年1月20日生まれだから、驚異の57歳です。30代後半から40代前半くらいにしかみえません。

「ドール」「雨だれ」「さらばシベリア鉄道」「木綿のハンカチーフ」「九月の雨」、最後に伊勢正三氏と「君と歩いた青春」。どれもヒット曲ばかりでした。

作詞家・松本隆氏のことを聞かれるシーンが多いですが、たしか週刊誌上で不倫騒動されていました。真顔で質問に答えているのをみていますと、やはり当時の報道は真実だった気もしますね。

|

2012年5月10日 (木)

ゲーテ Goethe

結局つまるところ、世の中すべて人間性の問題ではないのか。

ゲーテを読んでみたくなりました。まずは概説から。NHK講座でよくお見かけした小塩節(おしお たかし)先生の著書を読みました。

愛の詩人・ゲ-テ

愛の詩人・ゲ-テ
著者:小塩節
価格:914円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

名バイオリニスト 石川静さんの演奏で、フランツ・ベンダーを聞きながら

http://www.youtube.com/watch?v=4vPj72unNF0&feature=relmfu

ヴァイマール(Weimar、ワイマール)公国というとても小さな国がありました。2大詩人ゲーテとシラーが治めた国です。プロイセン・フリードリヒ大王の妹の娘、アンナ・アマーリアがとても文芸に造詣が深く賢明な公妃で、多くの批判を退けてゲーテとシラーを抜擢しました。日本国憲法第25条の生存権を初めて唱えたワイマール憲法で、よく知られています。

1_edited2_2
1749年、ゲーテは自由都市(皇帝直轄地)フランクフルトの裕福な家庭に生まれます。物心ついてから、多くの真剣な恋愛にふけります。16歳でライプツィヒ大学法学部に進学しますが、健康的にすぐれず。アンナ・カターリナに恋。20歳のとき、アルザスロレーヌ地方にある仏領ストラスブールにあったシュトラースブルク大学に進学。フリーデリーケ・ブリオンと知り合い、恋仲になりますが、ゲーテのほうからふってしまい、フランクフルトに帰還してしまいます。そのことがゲーテの心に大きく重荷としてのしかかり続けたそうです。名詩「野ばら」はその体験から生れました。

22歳で弁護士会業の免許を手にしたゲーテは、ヴェッツラーの最高裁判所に研修に出かけます。そこで人妻シャルロッテ・ブッフに猛烈に恋したが断念し、のちに「若きウェルテルの悩み」を著作する。

26歳でリリー・シェーネマンと婚約したが、婚約破棄。フランクフルトでの安定的な生活を捨て、イタリア留学の話も断り、ザクセン・ワイマルのカール・アウグスト公の招きを受け入れ、ワイマルへ出かけ、一生を過ごした。ここでシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人に恋する。教養あふれるシュタイン夫人の魂の中に、冷ややかな知的概念ではない、活き活きした人間性を見出そうとした。

しかし、「ファウスト」のグレートヒェンを通して、最後にこう結論付ける。

教養や学問、知識などが人間の価値を決めるのではない。どんな困難や汚辱のなかにあっても、うしなわれることのない魂の美しさというものがあると。

フランス革命の乱痴気騒ぎも、ナポレオンの征服も、対仏大同盟という愚かなナショナリズムも、ヴァイマール公国は静かに乗り越えていった。人間が人間らしい落ち着きを取り戻すことができる人間性をもち、外国から常に尊敬のまなざしを浴び続けることが、ひ弱なようでいて遅いようでいて、実は確実な自己防衛なのかもしれない。

|

2012年5月 9日 (水)

病因としての善玉と悪玉

コレステロールには善玉(HDL-chol)と悪玉(LDL-chol)があり、善玉が増えれば、動脈硬化が抑えられ長生きでき、悪玉が増えれば、ゴミ掃除細胞(マクロファージ)が敵と認識して食っちゃって、血管壁にゴミが蓄積して動脈硬化になり、長生きできません。

腸内細菌の膨大な群れにも善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌は悪玉菌を抑え込んで悪玉菌の放つ毒や発癌性物質やアレルゲンを分解し、長生きできます。悪玉菌は善玉菌を抑え込んで、毒で下痢や出血性腹痛を起こしたり、発癌性物質で増殖に必要な癌遺伝子を過剰発現させ癌化させ、アレルゲンを放って下痢や出血性腹痛を起こします。

病気の進行速度もちがい、毒はあっという間に死にますし(=急性)、動脈硬化や癌はじわじわ死に向かいますし(亜急性)、アレルギーは死なずに生きながら苦しまなくてはなりません(慢性)。

病気をやっつける治療薬も、すぐ効く即効薬、じわじわ効く徐効薬、現状維持の予防薬があります。

では憲法学者はどうでしょう?(敬称略)

善玉 → 吉野作造、美濃部達吉、佐々木惣一

悪玉 → 宮沢俊義

経済学者はどうでしょう?(敬称略)

善玉 → 高橋是清、石橋湛山、池田勇人、高橋亀吉、岩田規久男

悪玉 → 河上肇、馬場鍈一、大内兵衛

悪いとわかって悪いことをする人、悪いとわかって良いことをする人、悪いとわかってなにもしない人、良いとわかって悪いことをする人、良いとわかって良いことをする人、良いとわかってなにもしない人、なにもわからずに悪いことをする人、なにもわからずに良いことをする人、なにもわからずなにもしない人のうち、だれが一番タチがわるいでしょうか? 

|

2012年5月 8日 (火)

中国人の本質 by 宮脇淳子先生

http://www.youtube.com/watch?v=tUY_Siu-BFk&feature=youtu.be

「目に見えないものを中国語で言えない。」

つまり形而下の概念は中国語で言えても、形而上の概念は言えないということ。情緒表現ができないし、オリジナリティが生まれない。偽物が出回るのは言語の限界性からくるもの。唐の漢詩は奇跡的に情緒表現が成功した例かも。毛沢東は内モンゴル人が草原に暮らしているのを、広大な私有地をもつブルジョアだとして、大虐殺をおこなったそうです。いまのチベット人も女性は強姦されて、男性は殺されていますし、ウィグル人もしかり。民族消滅をめざしているようです。

中国人同士の血族関係が共産化によって虐殺破壊されてしまったため、友人と称するものがカネを自分に貸してくるかどうかで、真の友人かどうかを量るそうです。言語もドライ、人間関係もドライですね。

赤軍が常に権力を有しており、鄧小平が軍縮をしようとしたそうです。そのとき怒った軍部が日本に金を借りようとしていた鄧小平を困らせるために、教科書問題を騒ぎ始めました。鄧小平が軍縮をあきらめたとたん、教科書問題は沈静化しましたが、おめでたいことに日本の反日政治家が、中国にごめんなさいをしました。

|

2012年5月 5日 (土)

大阪市立美術館特別展「契丹」をみて

Dscn0641
御堂筋線天王寺駅を降りて、天王寺公園内を歩いて、大阪市美術館に行ってきました。

高句麗は誰でもご存知ですが、渤海や契丹となるとなかなかこれが。ともに中国の北方に異民族が建てた大帝国、それも南の中国の何倍もどでかい帝国だったというお話です。

空海は渤海の王子様と長安で大親友でしたし、渤海使という使節が、奈良・平安時代に東北地方の出羽を通ってやってきていました。遣唐使だけではないですよ。日本から麻や木綿を輸出し、渤海から毛皮を輸入しており、平安貴族はこぞって毛皮を着て出廷していました。926年、遼は渤海を滅ぼし、「私たち、渤海使でんねん。」という顔をして、日本に朝貢を求めましたが、「おたく、知りませんわ。」と日本側は遼の使節を追い返したそうです。

その渤海の西に位置する大興安嶺に住んでいたのが、北魏を建てた鮮卑でして、鮮卑が中原に大挙してなだれ込んだ後に住み着いたのが、キタイ族、つまり契丹でした。隋も唐も鮮卑の国です。有名な王様が耶律阿保機(やりつあほき)でして、彼の時代に契丹は強大化して、国名を遼と名乗りました。仏教を国教とし、契丹の仏像の特徴は胴体が長いこと。男性は頭頂部だけを残す辮髪を義務付けられていました。女性はナチュラルで。契丹文字と呼ばれる、漢字を改良して作った特有の言語を使用していました。

1004年、澶淵(せんえん)の盟。宋が遼に対して朝貢するという条約。この盟もやがて破られまして、中国人は南方へ逃走し、南宋と名乗らされることになります。このときに、かの悪名高き中華思想が生まれました。

契丹は湿地帯で、長靴をみんな履いていました。死後、未来の再生を祈願して、握(あく)と呼ばれる手形を死者の両手に持たせました。特に指輪のモチーフに使われた、ひきがえるは月の精で、女性を保護してくれると信じられていたそうです。彼らが珍重したのが、金・銀・琥珀・瑪瑙・水晶。

琥珀は契丹の国内産、瑪瑙は西域からの献上品、金は鮮卑から輸入品。まさにシルクロード全域を治める大帝国でした。黒漆の漆器を金銀薄片で文様をつける「金銀平脱器」は、唐の時代に流行し、あまりにもぜいたく品なため8世紀後半に禁じられていました。玄宗皇帝や楊貴妃や安史の乱のころ。それが、契丹で復活していました。「千秋万歳」の故事からとった万歳という漢字は皇帝にしか使用が許されませんでした。

副葬品は金属器、磁器、漆器、指輪、首飾り、イヤリング、鏡などがあります。契丹の特徴は、琥珀がふんだんに使われていること。磁器には白釉、黒釉、黄釉、褐釉といったニスが塗られており、皮嚢壷(ひのうこ)と呼ばれる形が特徴です。皮袋に飲料水を入れて、草原を馬に乗って駆け巡っていました。

銀製金メッキのイヤリングの音が一番きれいだそうです。草原の美女がそよ風に吹かれて鳴るイヤリングの音を楽しんでいました。

インド由来のマカラ文様、漢民族由来の龍文様、故事にちなんだ孝子文様や鳳凰文様、サラセン由来のサラセン文様など国際色豊かで、唐三彩の陶工をごっそり獲得したのでしょう、遼三彩と呼ばれる見事な陶器を大量生産していました。とくに海棠(かいどう)の形をした八曲長盤、別名・海棠花形長盤が契丹の特徴です。

Youtubeで中国の契丹報道番組をちら見していたら、薩満教を信じた異民族が遼を滅ぼしたとかやっている。薩満教って?ネット検索でシャーマニズムのことかいな。王様が頭蓋骨に酒を満たして飲んだとからしく、とても仏教徒のやることではない。あとシャーマニズムは世界中に散らばっている。ケルトのサークルストーンをはじめ、ギリシャ神話、ローマ神話・・・・・陰陽道だってそう。別に遼がやっていても全く驚きに値しないと思う。毎晩星空を見ていたら、人間考えることだってありますね。

|

2012年5月 4日 (金)

宮島・厳島神社参拝

日帰りで広島県宮島の厳島神社に行ってきました。新幹線の混みはまあまあ、広島で乗り換えたJR在来線は超混雑ギュウギュウ詰めでした。松大フェリーで宮島到着。なんと鳥居が修理工事中でがっかりしました。7月あらためて宮島に1泊予定していますので、今度こそしっかりみたいと思いました。満潮時にも参拝したいと思います。今日は干潮14時半、満潮20時半だそうです。

厳島はもともと伊都伎島と呼ばれ、厳島神社の縁起は福岡県宗像大社だそうです。

御祭神は三柱。

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

田心姫命(たごりひめのみこと)

湍津姫命(たぎつひめのみこと)

Dscn0558 Dscn0639

干潮でしたが、なんとお社から川のように水が流れていました。

Dscn0562 Dscn0566 Dscn0572 Dscn0575 Dscn0583 Dscn0586 Dscn0605 Dscn0607

庄屋の邸宅を改築した宮島歴史民俗資料館、別名、平清盛館に行ってきました。不人気の大河ドラマの展示がしてありました。深田恭子のサインには笑えました。松田聖子は達筆ですな。

Dscn0615

近くの店で、牡蠣どんを食べました。1380円也。

Dscn0616

さらに焼き牡蠣もうまし。1200円也。

Dscn0620

豊臣秀吉が島津征伐の途中立ち寄り、安国寺恵瓊に建立させた千畳閣に登楼。五月の涼しい風がサイコーでした。1時間近く、16時半の閉館まで風に吹かれていました。

ここは大内氏の親戚・陶晴賢が厳島合戦で陣を張った場所です。数に劣る毛利元就がこの地で陶晴賢を自害に追い込みました。陶晴賢は負けて逃げましたが、部下が先に逃げて船が残っておらず、毛利水軍と伊予の村上水軍が海上封鎖。陶晴賢は裏山に逃げ、水泳が得意で隣の島まで泳いで逃げようとしましたが、名誉を重んじる部下に制せられたそうです。

Dscn0628  Dscn0633 Dscn0635

鹿に別れを告げて、松大フェリーで宮島口へ帰還。帰りのJRは座れました。

Dscn0637

平清盛といえば平家納経ですね。清盛の娘・盛子(もりこ)を藤原忠通(ただみち)の子、藤原基実(もとざね)に嫁がせて、時子とともに娘の幸せを祈願して、平家一族が奉納した謎多き法華経30巻など。写真がとてもきれいで、縁起本といっしょに社務所で買ってしまいました。

国宝平家納経

国宝平家納経
著者:小松茂美
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

|

2012年5月 2日 (水)

さあ、時を昭和20年に戻して再出発だ

当時の時代背景がよくわかりますね。

若鷲の歌・・失ったもの・・青年の愛国心

http://www.youtube.com/watch?v=kR926UVJcKw&feature=related

リンゴの唄・・失ったもの・・少年少女の純真な笑い

http://www.youtube.com/watch?v=VDieNMkohEY

紅萌ゆる・・失ったもの・・受験就活に束縛されず学問に打ち込む寮生

http://www.youtube.com/watch?v=_nEjpaLKU8M

戦後失ったものは大きい。さあ、どうする若人たち?

真の戦犯である、近衛文麿や宮沢俊義を日本人の手で裁き直し、憲法を帝国憲法にもどし、再出発する日が近い。

中国による日本要地買収 & 偽装右翼・片山さつき

http://www.youtube.com/watch?v=zdsfELMGGUg&feature=relmfu

|

2012年5月 1日 (火)

地溝油

中国では、下水溝の油粕をろ過して食用油に再利用しているそうです。ヒ素の100倍の毒を有するとか。中国で外食すると、地溝油を使った料理が10回中1回出てくるとか。中国へは旅行したくないし、完璧に中華料理は食べたくなくなりました。自分さえ食べなければ、他人はどうなってもよいという伝統的思考パターン、もうやめませんか。地溝油を見分ける方法は、ひと舐めして辛ければあやしいらしいです。唐辛子で料理した油の辛味はなかなかろ過できないらしい。なんじゃそりゃ??

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »