« なんだかなあ | トップページ | えっ、昭和大恐慌はインフレじゃないの? »

2012年2月29日 (水)

ここいらが縁の切れ目かな

河村市長の南京事件発言が話題になっています。そもそも南京事件とは、蒋介石の中国国民党との騒乱ということですか。宣戦布告していないので日中戦争ではありませんね。中国国民党軍人が一般人の格好をしたため、日本軍が一般市民に発砲したと、中国共産党が騒いでいる事件。もともと反共という同一の目標をもって、蒋介石と仲良くやっていたのに、中共の陰謀策で仲たがいしてしまって起きた事件のことですね。日本側の主犯とされた方は東京裁判で有罪とされ絞首刑になっています。

盧溝橋事件以降の、コミンテルンや中国共産党の一連の動きをみても、河村市長を支持します。東京裁判史観や自虐史観からただちに脱却して、(占領)日本国憲法を改憲し、中共がマスコミや政府官公庁に仕掛けた鎖から日本がはやく解き放たれ、真の独立を実現することを願っています。明治維新いまだ成らず。

|

« なんだかなあ | トップページ | えっ、昭和大恐慌はインフレじゃないの? »